【フォーム】ラジオボタンの作り方

2021.10.29 更新
Text=kintsuba

■見本

下記フォームサンプルページを元に説明します。 
フォームサンプルページのソースコードをブラウザ上でご確認いただくか、ファイルをダウンロードして内容をご確認ください。
>フォームサンプルページフォームサンプルダウンロード

※ソースコード確認方法
対象ページをChromeブラウザで開いて下記操作を行ってください。

windows:Ctrl + U
mac:option + command + U





(パターン1) 2カラム・ラジオボタン

■見本

フォームサンプルページの質問4が「2カラム・ラジオボタン」タイプになりますので、こちらをサンプルコードよりコピペしてご使用ください。
①の<section></section>部分をコピペする
②classは「q」を指定で初期非表示、その他必要に応じてclassを設定(サンプルでは「gender」としてます。)
③送信用タイトル、type属性は「hidden」設定、name属性は前の質問から連番になるように指定、value属性は管理画面に出力されるタイトル
④質問ナンバーを指定
⑤質問テキストを指定
⑥選択支を増やすときは<li></li>までをコピペで増やす
⑦選択支内容を指定、type属性は「radio」設定、name属性は前の質問から連番になるように指定、value属性は送信内容を指定
※ data-prompt-position="topLeft"はバリデーションの表示位置を指定
⑧選択支の表示テキストを指定
⑨class「col2」で2カラムを指定(※name属性のcolとは別物です)



(パターン2) 3カラム・ラジオボタン
■見本
フォームサンプルページの質問2が「3カラム・ラジオボタン」タイプになりますので、こちらをサンプルコードよりコピペしてご使用ください。
①の<section></section>部分をコピペする
②classは「q」を指定で初期非表示、その他必要に応じてclassを設定(サンプルでは「app_type」としてます。)
③送信用タイトル、type属性は「hidden」設定、name属性は前の質問から連番になるように指定、value属性は管理画面に出力されるタイトル
④質問ナンバーを指定
⑤質問テキストを指定
⑥class「col3」で3カラムを指定(※name属性のcolとは別物です)
⑦選択支を増やすときは<li></li>までをコピペで増やす
⑧選択支内容を指定、type属性は「radio」設定、name属性は前の質問から連番になるように指定、value属性は送信内容を指定
※ data-prompt-position="topLeft"はバリデーションの表示位置を指定
⑨選択支の表示テキストを指定




(パターン3) 2カラム・ラジオボタン画像タイプ

■見本

フォームサンプルページの質問1が「2カラム・ラジオボタン画像タイプ」になりますので、こちらをサンプルコードよりコピペしてご使用ください。
①の<section></section>部分をコピペする
②classは「q」を指定で初期非表示、その他必要に応じてclassを設定(サンプルでは「item」としてます。)
③送信用タイトル、type属性は「hidden」設定、name属性は前の質問から連番になるように指定、value属性は管理画面に出力されるタイトル
④質問ナンバーを指定
⑤質問テキストを指定
⑥class「col2」で2カラムを指定(※name属性のcolとは別物です)
⑦選択支を増やすときは<li></li>までをコピペで増やす
⑧選択支内容を指定、type属性は「radio」設定、name属性は前の質問から連番になるように指定、value属性は送信内容を指定
※ data-prompt-position="topLeft"はバリデーションの表示位置を指定
⑨選択肢の画像を指定
⑩選択支の表示テキストを指定
ご希望通りのセッティングができましたか?

0人中0人がセッティングができたと言っています。

このマニュアルの作成者は kintsuba です。

こちらのマニュアルで希望のセッティングが出来なかった
際は、下記のどちらかでお問い合わせください。

スタートプランの方はこちら
LINE公式アカウント機能拡張プラン、
オートコールセンタープランの方はこちら