「タグトリガーステップメッセージ」の作成方法




①メッセージ

②ステップメッセージ
➂追加

④タグ追加をトリガーとする
⑤管理名を入れる

⑥ステータスを「オン」
※すぐに使用しない場合は「オフ」にし、使用するタイミングで「オン」に変更してください

⑦トリガー(発動条件)となるタグを選択する
※複数選択した際はOR検索となり、複数の内いずれかのタグが付いた際に発動します

⑧ターゲット
 ┗絞り込みを選択すると「タグ」「フラグ」での配信対象者の絞り込み(セグメント)ができます

⑨高度な設定
 ┗同じトリガータグの配信があった際に先に送るかどうかの優先順位の指定ができます
⑩タグが付与されてからメッセージが送信される時間を設定
 ※「0日後の00:00後」に設定するとタグ付与後即時にメッセージ送信がされます

⑪テキスト、画像、動画、音声、その他(カルーセル、画像カルーセル、ボタン、選択ボタン、リッチメッセージ、クイックリプライ)の選択変更箇所です。

⑫絵文字、定型文の差し込みが可能です。

⑬同時刻に、「画像+メッセージ」を送りたい、「メッセージが長くなったので分けたい」など同時刻に一緒にメッセージを送りたい際はメッセージ追加を押してメッセージフィールドを追加してください。
※同時配信は最大5つまで可能です。

⑭ステップメッセージを追加したい際はシナリオ追加をおしてシナリオを追加してください。
※最大30シナリオまで追加可能です。

⑮「保存」をクリックして完成。


▼注意点

ステップメッセージを作成した後にトリガーとなっているタグが付与され、設定した配信時間の条件に達した場合にステップ配信がされる仕様となります。(下記ケースでも配信がされます)
※ステップメッセージ作成前にトリガータグが付与されているユーザーには配信されません

—例1—
【1】12/24 0:00 「タグトリガーステップメッセージ」を配信時間5分後で作成しステータスを「オフ」の状態にする

【2】12/24 0:01 「【1】」のトリガータグをユーザーに付与

【3】12/24 0:05 「【1】」のステップメッセージのステータスを「オン」にすると、タグが付いてから5分後のステップメッセージが「【2】」のユーザーに配信される

—例2—
ステップメッセージの絞り込み設定で「タグA」を持つユーザーは除外する設定になっている場合。
(1通目が0分後、2通目が5分後、3通目が10分後に配信される設定と仮定)

【1】12/24 0:00 ステップメッセージの1通目が配信。この時点では「タグA」を持っていない。

【2】12/24 0:04 「タグA」が付与

【3】12/24 0:05 2通目は配信されない。1通目のあとに「タグA」が付与されているため

【4】12/24 0:07 「タグA」を解除

【5】12/24 0:10 3通目は配信される。2通目のあとに「タグA」が解除されているため



▼注意点

LINE公式アカウントのステップ配信側で、意図しない配信がされるようであれば「停止」でご対応ください。
 https://gyazo.com/850a858e06918c8c9a1a4398875ba248

設定してある「タグトリガーステップメッセージ」の編集方法

① メッセージ 

② ステップメッセージ


③ 編集したい、シナリオの「編集」ボタンをクリック

④ 編集画面で編集したい部分を編集
┗4-1: タグが付与されてからメッセージが送信される時間を変更できます。

┗4-2: テキスト、画像、動画、音声、その他(カルーセル、画像カルーセル、ボタン、選択ボタン、リッチメッセージ、クイックリプライ)の選択変更箇所です。

┗4-3: メッセージ編集フィールドです。

┗4-4: 絵文字、定型文の差し込みが可能です。

┗4-5: 同時刻に、「画像+メッセージ」を送りたい、「メッセージが長くなったので分けたい」など同時刻に一緒にメッセージを送りたい際はメッセージ追加を押してメッセージフィールドを追加してください。同時配信は最大5つまで可能です。

┗4-6: ステップメッセージを追加したい際はシナリオ追加をおしてシナリオを追加してください。最大100シナリオまで追加可能です。


⑤ 編集が終わったら「保存」ボタンを押して完了です。

タグトリガーでのステップメッセージで複数タグが付いた場合はどのような仕様になっていますか

タグトリガーメッセージは、すべて足し算になり付与されたタグに命令されているすべてのステップメッセージが配信される仕様になっております。


例)
・Aタグが付いたら、ステップメッセージAが配信される、Bタグが付いたら。ステップメッセージBが配信される。
という状況の際に、Aタグが付いてステップメッセージAが配信されている人に、
Bタグが付与された場合は、A,B両方のステップメッセージが配信されていきます。

これは、C,Dと増えていっても同じ考え方になりすべてが足し算で増えていきます。


※重要
何かしらの設定で、Aタグが外れた場合はステップメッセージAは配信されなくなります。
ですので、ステップメッセージAが配信されている人にBの配信がスタートをしたらAを止めたい際は、

タグ設定にて、「Bタグが付いたらAタグが外れる」という設定すれば同時に配信をさせなくすることが可能です。

機能改善#057┃広告コード設定で「LINE認証」にチェックし、LINE認証時に追加されるタグをトリガーとしてステップメッセージを設定している際に、新規ユーザーに対して「0分後」のメッセージ送信が可能になりました!

—広告コード設定画面—


■目的
広告コード設定で「LINE認証」にチェックし、LINE認証時に追加されるタグをトリガーとしてステップメッセージを設定している際に、新規ユーザーに対して「0分後」のメッセージ送信が可能になりました!
これにより新規ユーザーに対しても「0分後」にステップメッセージ送信ができるため、メッセージの既読率や反応率アップに期待できます!
※上記新規機能を使用するにはLINEログインチャネルにて追加設定が必要なため「セットの流れ」をご確認ください

—今までの仕様—
「LINE認証」にチェックを入れることで、新規ユーザー以外(既に友だち登録しているユーザー)にも友だち追加URLをタップした際にタグを付けることができましたが、新規ユーザーに対し「0分後」のステップメッセージを送ることができず最短「1分後」のステップメッセージしか送ることができませんでした(2023年4月6日まで)

■セット所要時間
5分

■セットの流れ
①LINE Developers>LINEログイン
 ┗LINE Developers:https://developers.line.biz/ja/

②コンソール


➂プロバイダー選択

④対象のLINEログインチャネルを選択


⑤チャネル基本設定


⑥リンクされたボットの「編集」をクリック


⑦プルダウンからボット(BOT)を選択。
 ┗BOTとはLINE公式アカウントを指します。作成したLINEログインチャネルを使用するBOTを1つ選択してください。

⑧「更新」


⑨ECAI側のタグトリガーステップメッセージの配信時間を「0日後の00:00後に送信する」に変更し、0分後に送信する設定が完了です。


「ECAI側で会員削除>スマホ側でLINEブロックと削除」をし、再度広告コード付き友だち追加URLがLINE登録を行い0分後に送信できているか確認してからご使用ください。
 ┗ECAI側で会員削除>スマホ側でLINEブロックと削除の方法はこちら>

ステップメッセージのトリガーとなっているタグを解除したが、再度ステップメッセージが送信される

解除後に「タグを手動で付与した」または「自動付与設定で付与された」ことが原因と考えられます。

タグに自動付与設定がされている場合は、解除をしても条件が一致している会員にはまた自動で付与されます。

「タグの自動設定でタグの追加または解除の設定方法」はこちら

ステップメッセージの配信対象者がいる状態で、セットしているメッセージ編集をしてもメッセージは送られるか?

ステップメッセージの配信対象者がいる状態で、セットしているメッセージ編集をしてもメッセージは送られます。

▼シーン
タグトリガーステップメッセージで5通のシナリオが登録されていたとして、「トリガータグ」が付いて1通目・2通目まで送られた状態で3通目のメッセージ編集をしたとします。
元のメッセージが「3通目です」から、「3通目変更後です」に変更したとしても、変更後のメッセージが配信されます。
また、ステップメッセージの編集画面を開いた状態のままでも3通目以降のメッセージは送られます。


■補足
本当に送られるかどうかのテストをする際はシナリオの時間を短くすることで、短時間で挙動確認ができます。
 ┗例:1通目0分後、2通目2分後、3通目4分後でセットする

メッセージ送信に遅延があることがあります。

各種メッセージ(一斉配信、タグトリガーステップ、1:1トークなど)に関して、お客様の通信環境やLINE社のサーバー状況により遅延があることがあります。


ECAI側では可能な限りメッセージ送信を早くできるよう調整していますが、お客様の通信環境やLINE社のサーバー状況は直接的に改善ができません。


▼遅延が起こりやすいケース

・朝晩の定時(AM7時、PM19時など)
・タグトリガーステップ(タグ付与→メッセージ送信という2つの命令が起きているため)
・10万件以上の一斉配信
・お客様の通信環境がWiFi
解約専用LINEタグトリガーステップメッセージ

▼本人確認入力後
メッセージ管理名:本人確認入力後
ステータス:オン
トリガー:本人確認入力済み
ターゲット:すべての会員
高度な設定:設定不要
配信時間:トリガー日時の0日後の00:00後に送信する
テキスト:下記をコピーしてご使用ください

下記の手順で、解約・休止エントリーフォームをお受け取りください##LE100004####LE1000B0##
 LE10003D##①画面一番下の【解約・休止エントリー】をタップ
 LE10003D##②【ご解約または休止のエントリーをする】をタップ 


▼確認作業中
メッセージ管理名:確認作業中
ステータス:オン
トリガー:申請中┃〇〇〇
ターゲット:すべての会員
高度な設定:設定不要
配信時間:トリガー日時の0日後の00:00後に送信する
テキスト:下記をコピーしてご使用ください

LE1000B8##解約・休止のエントリー完了##LE1000B8

 解約・休止のエントリーを正式に受け付けました##LE10000C####LE100040##

 順番に解約・休止可能な状況なのかを確認し、ご連絡いたします##LE100041####LE100004####LE1000B0##

 混雑時の回答には【48時間】ほどかかる場合もございますので予めご了承くださいませ##LE10000A####LE100061####LE10002D##

 LE1000B8##重要①
 確認作業は平日の10:00~18:00に行っております##LE1000A9##
 土日祝日や時間外に解約・休止の申請を行った方は休み明け最短営業日が申請受付日になりますので予めご了承ください##LE1000A8##
 
LE1000B8##重要②
 最短受付日から48時間以内の回答になります##LE10003D####LE100004####LE100040##

 LE1000B8##重要③
この時点ではまだ正式に解約・休止処理が完了しておりませんのでお間違えの無いようにお願いいたします##LE100007####LE100039



▼解約完了
メッセージ管理名:解約完了
ステータス:オン
トリガー:★〇〇〇┃解約完了
ターゲット:すべての会員
高度な設定:設定不要
配信時間:トリガー日時の0日後の00:00後に送信する
画像:解約完了画像を参考に画像作成し設置ください
   ┗ファイル形式/JPG、JPEG、PNG
   ┗ファイルサイズ/1MB以下
   ┗画像サイズ/縦横1040以下(推奨)

画像ではなく、テキストで解約完了が分かるメッセージをセットするでもOKです。
画像かテキストにするかは設定者様自身でご判断ください。


—解約完了画像(参考)—