新機能#020┃ECAIからチャットワークに飛ぶことが可能になりました!

下記画像箇所をクリックすることでECAIからチャットワークに飛ぶことが可能となりました!
「ECAI⇒チャットワーク」の移行がスムーズになることで、作業時間を短縮します!



使用する場合は設定方法をご確認くださいませ。


▼設定方法

①自身のチャットワークアイコンをクリック(チャットワーク右上)

②サービス連携
➂OAuthの新規作成をクリック
④クライアント名を自由な名称で入力

⑤クライアントタイプを「Confidential」

⑥リダイレクト先URIに、ECAIのサブドメインを入れた下記「https://~chatwork」を入力
 ┗https://ここにECAIサブドメイン.ecai.jp/redirect/chatwork
⑦永続的なAPIアクセスの許可にチェック

⑧-1 自分が参加しているチャットルーム一覧の取得にチェック

⑧-2 自分か参加しているチャットルームのメッセージ取得にチェック
⑨自分が参加しているチャットルームへのメッセージ投稿にチェック

⑩保存
⑪クライアントIDを控えておく(後ほど使用します)

⑫クライアントシークレットを控えておく(後ほど使用します)
⑬ECAIの「コンテンツ」をクリック

⑭外部連携
⑮チャットワークの「連携する」をクリック
⑯「⑪」で控えたクライアントIDを入力

⑰「⑫」で控えたクライアントシークレットを入力

⑱「保存する」をクリック
⑲「許可」をクリック
⑳連携したいチャットワークを選択

㉑「連携する」をクリック
㉒ECAIアカウントを選択

㉓オペレーターリスト
㉔該当のオペレーターの「編集」をクリック
㉕チャットワークリンクを「有効」

㉖「保存する」をクリック

㉗チャットワークリンクが出たら設定完了となります。
新機能#039┃1:1トークで受信したメッセージをチャットワークで通知することが可能になりました!

1:1トークで受信したメッセージをチャットワークで通知することが可能になりました!

これによりユーザーから発言があった際にチャットワークで通知を受け早い返信が可能になるので、顧客満足度アップに繋げることができます!


▼設定手順
①通知設定用のチャットワークアカウントを開設する(無料)。 ※設定者のアカウントにも通知をするため必要となります
 ┗チャットワークアカウント新規作成方法はこちら>

②通知先のグループチャットワークを作成し。通知したいメンバーと「①」で作成したアカウントを招待する。
 ┗作成したグループチャットワークの参加者にメッセージ通知が届きます。

➂チャットワーク連携をする。
※自身のチャットワークアカウントではなく、「①」で作成したチャットワークアカウントを連携する
 ┗チャットワーク連携の方法はこちら>

④オペレーター名をクリック>⑤オペレーターリスト>⑥自身のオペレーターの「編集」をクリック


⑦1:1トークで受信したメッセージをチャットワーク通知するを「有効」>⑧通知対象とするBOTと通知先のトークルームを選択>⑨保存


⑩スマホから通知対象とするBOTにメッセージを送り通知が届けば完了


▼補足
・LINEアプリよりメッセージを送信後、1分後にチャットワークへの通知が開始されます。
 ※通知は10件単位で通知が行われ、10件以上通知対象のメッセージがある場合、ChatworkのAPIの仕様制限により10秒待機してから、その後の10件を通知する仕様となります。

・設定手順「➂」のチャットワーク連携で自身のチャットワークアカウントを連携した場合は、自身のチャットワークアカウントには通知が来ません。

オリジナルフォームのチャットワーク、スプレッドシート通知
■目的
オリジナルフォームで入力された内容をチャットワーク通知する方法の説明になります。
(※ECAIにも同時に送信されます)


■セット所要時間
60分


■セット方法
チャットワーク通知を行うためには、Googleアカウントとチャットワークアカウントが必要になります。
どちらも無料で作成できますので、まずはアカウントを作成してください。
Googleアカウント作成>
チャットワークアカウント作成>


【チャットワーク通知までの流れ】
①オリジナルフォーム送信
↓
②スプレッドシートへ記入
↓
③スプレッドシートが変更されたらチャットワークへ送信
↓
④チャットワークに通知される


(1)オリジナルフォームの送信設定

下記のサンプルページをもとに説明します。
フォームサンプルページ> 
フォームサンプルページダウンロード> 
※ソースコード確認方法 
windows:Ctrl + U  
mac  :option + command + U 

オリジナルフォームの編集方法はこちら>


①index.htmlにスプレッドシートに送信設定
※画像ファイルを送ることはできません。



【コピペ用】

//★スプレッドシートに送信設定
function OnPost(){
	const URL = "スプレッドシートのApps Scriptをデプロイした時のURL";
	
	//質問1,2の回答を取得
	const c1 = $('.q1 :radio:checked').val();
	const c2 = $('.q2 :radio:checked').val();

	let SendDATA = {
	"column_1" : c1,
	"column_2" : c2,
	};

	let postparam = {
	"method" : "POST",
	"mode" : "no-cors",
	"Content-Type" : "application/x-www-form-urlencoded",
	"body" : JSON.stringify(SendDATA)
	};

	//スプレッドシートに送信
	fetch(URL, postparam);
}
②送信時に「OnPost();」を呼び出す
(2)スプレッドシートの設定

①スプレッドシートの新規作成 > 拡張機能 > Apps Script

②Apps Scriptの設定
ここで一旦チャットワークへログインし、設定から「API Token」と「対象のルームID」を取得します


Apps Scriptに戻り、「API Token」と「ルームID」をコピペします。
チャットワークへの送信処理はそれ以降の「doPost()」に設定します。
送信メッセージ部分は送信内容に合わせてご変更ください。



【コピペ用】

// 【編集対象】Chatwork API Token
const token = 'API Token';
// 【編集対象】登録情報を通知するグループチャットのルームID
const room_id = 'ルームID';

function doPost(e){
  let Sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
  let JsonDATA = JSON.parse(e.postData.getDataAsString());
  let currnetDate = new Date();  //現在の日時
  Sheet.appendRow([currnetDate,JsonDATA.column_1,JsonDATA.column_2]);

  // 送信データを個別に取得
  var val1 = JsonDATA.column_1;
  var val2 = JsonDATA.column_2;

  // チャットワークに送信するメッセージ
  var message = '';
  message +=  "[info][title]チャットワーク通知[/title]";
  message += "依頼日時: " + currnetDate + "\n";
  message += "【STEP1】" + val1 + "\n";
  message += "【STEP2】" + val2 + "\n";
  message += "[/info]";

  // Chatworkへ送信
  var client = ChatWorkClient.factory({token: token})
  client.sendMessage({room_id: room_id ,body: message});
}


編集が終わりましたら保存します

③ライブラリの設定
ライブラリで下記スクリプトIDで検索し、ChatWorkClientを追加
スクリプトID: 1nf253qsOnZ-RcdcFu1Y2v4pGwTuuDxN5EbuvKEZprBWg764tjwA5fLav



④Apps Scriptの公開(デプロイ)
デプロイ > 新しいデプロイ > 設定 > ウェブアプリ



説明:任意の管理名
ウェブアプリ:自分
アクセスできるユーザー:全員


承認画面は初回のデプロイ時のみの作業となります。


スプレッドシートを作成したアカウントを選択


Advancedをクリック
(※ボタンが小さいので注意)


Go to 「スプレッドシートのタイトル」リンクをクリック


Allowを選択


デプロイが成功すると、ウェブアプリのURLが発行されますので、これをコピペします。
ここまででスプレッドシートの設定は完了です。


コピペしたURLをオリジナルフォームに設定します。
(1)の①に戻っていただき、index.htmlへURLを設定し保存後、オリジナルフォームをECAIへアップロードして下さい。




(3)送信確認
オリジナルフォームから送信して、チャットワークへ通知がきましたら設定は完了です。




ガイドの内容はあくまでもサンプルになります。  そのまま使用できない場合は対応するフォームにあわせて編集をお願いします。
   
またチャットワークへの通知設定の設定代行も行っております。
ご希望の場合は下記設定代行バナー、もしくはお問い合わせLINE、チャットワークよりご依頼をお願いします。
(目安)1設定:10,000円(税別)
新機能#70┃LINE公式アカウント配信上限数(残り通数)のアラート機能が追加されました!

■目的
LINE公式アカウント配信上限数(残り通数)のアラート機能が追加されました!
これにより配信上限数の追加やプラン変更のし忘れを防止することが可能です。
※自動で配信上限数の追加やプラン変更をしてくれる機能ではございません

通知は「LINE」もしくは「チャットワーク」にて可能です。



■セット所要時間
5分

■セット方法

—LINE通知—
すでにスマホ連携の設定をしている方は①~⑦の設定は不要です。

①スマホにてECAIアカウントにログイン
ブラウザは「Safari」もしくは「Google Chrome」にて対応ください。
※チャットワークブラウザなどで開いてしまうとスマホ連携がエラーとなるため注意
※プライベートブラウズモードやシークレットモードにするとスマホ連携がエラーとなるため注意


②メニューボタンをタップ


③「スマホ連携」をタップ


④「連携する」をタップ


⑤「1:1でLINE Notifyから通知を受け取る」を選択
※ここでグループLINEを選択し、連携後にそのグループに「LINE Notify」を追加することで複数人で通知を受け取ることも可能。

⑥「同意して連携する」をタップ


⑦「解除する」が表示されれば連携できております


⑧PCでログインを行いオペレータ設定にて「通知通数に達したら通知する」を有効にする。

⑨通知したい通数を設定する
 ※設定した通数以下になるとアラート通知が行われます(毎日昼の12:00)

⑩通知を受けたいBOTにチェックを入れる
 ※複数BOTの通知を受け取りたい場合は複数BOTチェックする

⑪通知先「LINE」にチェック

⑫保存するをクリック


⑬対象のBOTが「⑨」で設定した通知数以下になった際にLINEに通知が届けば設定完了です。
 ※毎日昼の12:00のみに通知されます


—チャットワーク通知—
すでに1:1トークで受信したメッセージをチャットワークで通知する設定をしている方は

①通知用のチャットワークアカウントを開設する(無料)。 ※設定者のチャットワークアカウントにも通知をするため通知用のアカウントが必要となります
 ┗チャットワークアカウント新規作成方法はこちら>

②通知先のグループチャットワークを作成し、通知したいメンバーと「①」で作成したアカウントを招待する。
 ┗作成したグループチャットワークの参加者にメッセージ通知が届きます。

➂チャットワーク連携をする。
※自身のチャットワークアカウントではなく、「①」で作成したチャットワークアカウントを連携する
 ┗チャットワーク連携の方法はこちら>

④オペレーター名をクリック

⑤オペレーターリスト

⑥自身のオペレーターの「編集」をクリック


⑦通知通数に達したら通知する」を有効にする。

⑧通知したい通数を設定する
 ※設定した通数以下になるとアラート通知が行われます(毎日昼の12:00)

⑨通知を受けたいBOTにチェックを入れる
 ※複数BOTの通知を受け取りたい場合は複数BOTチェックする

⑩通知先「チャットワーク」にチェック

⑪通知対象とするBOTと通知先のトークルームを選択

⑫保存するをクリック


⑬対象のBOTが「⑧」で設定した通知数以下になった際にチャットワークに通知が届けば設定完了です。
 ※毎日昼の12:00のみに通知されます