一度登録してしまったらそのアカウントではテストできないのでしょうか

何度でもテスト可能です。
とっても簡単3ステップ処理でピュアな会員に戻せます。

ステップ①:LINEアプリ上で該当アカウントをブロック状態に変更

ステップ②:ECAI会員リストページより対象の会員を削除

②-1対象会員を選択する。□にチェックを入れる。
②-2削除ボタンをクリック
②-3再確認用のポップアップ画面が出てきますのここで再度「削除」ボタンをクリック
※こちらで削除してしまうと復元できませんので十分ご注意ください。

ステップ③:LINEアプリ上で該当アカウントのブロックを解除

※不正アフィリエイト、純粋な数字計測の観点から広告のLCVは1ユーザー1回の計測になります。


▼補足
・流入経路毎の友だち追加時のタグ付与確認を行う際は「ステップ③」時にブロック解除をせずに、LINEアプリ側(スマホ)で該当のLINE公式アカウントを削除してから、流入経路毎の友だち追加URLにて再度友だち登録をお願いします。
 ┗手順 : 設定→友だち→ブロックリスト→削除

テスト配信の方法を教えてください。

テスト配信という設定がないため、
テスト用のLINE公式アカウントをセットしそちらで操作確認を推奨させていただいております。

【解約・休止・サイクル変更・スキップ】エントリーフォームのテスト送信方法
(1)コンテンツ > LIFF
↓
(2)対象フォームの「LIFF呼び出しURL」をコピーする
↓
(3)1:1トークより友達登録している管理用アカウントや自分のアカウントを選択
 テキストメッセージに「LIFF呼び出しURL」をペーストして送信
↓
(4) ここからは実機でのLINE操作となります。
 友達登録しているスマホより送られたメッセージ確認
  「LIFF呼び出しURL」を開く
↓
(5)表示されたオリジナルフォームに内容を入力しエントリー(送信)する
↓
(6)送信結果は管理画面に戻り「受信BOX」よりご確認ください。

受信BOXの確認方法につきましてはこちらをご確認ください
フォームテスト環境の作成方法
本番環境へアップロードする前に動作テストを行いたい場合は、テスト用のLIFFを別途ご登録頂いてテスト送信を行ってください。


(1)コンテンツ>LIFF ページに移動
↓
(2) 「作成」ボタンをクリック
↓
(3)テスト用のLIFFを作成する
LIFF管理名には「テスト」などわかりやすくする
※解約・休止・サイクル変更に関わるフォームの場合は、「解約」「休止」「サイクル変更」の文字列をLIFF管理名に必ず入れて登録してください。
※解約・休止・サイクル変更に関わるフォーム以外の場合は、「解約」「休止」「サイクル変更」の文字列を含まないよう設定してください。

画面サイズを選択(特に指定のない場合は「Full」を選択)
オリジナルフォームにチェック、「保存する」をクリック
↓
(4) 作成したフォームの右側「フォーム編集」をクリック
↓
(5)「参照」ボタンをクリックしてテスト送信したいフォームデータを選択、「保存する」をクリック
フォームデータのダウンロード方法は下記を参照ください。
>既存のオリジナルフォーム(LIFF)のダウンロード方法

↓
(6) ⑪プレビュー、⑫設問内容をご確認できます。
※【解約・休止・サイクル変更・スキップ】申請フォームの場合、ASSダッシュボードに「お客様申請」と「テスト申請」が混在する形となる為、「名前○○の申請は処理しない」など社内ルールの周知をしていただけたらと思います。

テスト送信につきましては下記を参照ください。
>【解約・休止・サイクル変更・スキップ】エントリーフォームテスト送信方法

フォームアップロード後のチェック項目につきましては下記を参照ください。
>【簡易版】フォームアップロード後のチェック項目

フォームのテスト申請(送信)をグラフの集計から外す方法
1.テスト申請(送信)は「対応不要」にて処理

↓
2.3BO > 完了したASS申請

↓
3.条件で絞り込み

↓
4.ステータスで「対応不要」以外にチェックを入れて絞り込み
ステップメッセージの配信テスト方法はないですか?

指定したユーザーだけにステップメッセージを送り表示確認する方法

① タグで[テストユーザー]を作成

② テスト配信を送りたい人に[テストユーザー]タグを付与

③ ステップ配信の絞り込みで[テストユーザー]のみに配信をセット

これで指定ユーザーのみに配信することが可能です。



※配信時間を圧縮してセットすることで効率よく表示確認が可能です。

一斉配信メッセージの配信テスト方法はないですか?

指定したユーザーだけに一斉配信メッセージを送り表示確認する方法

① タグで[テストユーザー]を作成

② テスト配信を送りたい人に[テストユーザー]タグを付与

③ 一斉配信メッセージの絞り込みで[テストユーザー]のみに配信をセット

これで指定ユーザーのみに配信することが可能です。

※配信時間を圧縮してセットすることで効率よく表示確認が可能です。

広告コードの計測件数からテスト分を削除できるか?

広告コードの計測件数からテスト分を削除することはできません。

実装前に動作テストをした際は、実施時に新たに広告コードを発行し本番用としてご使用ください。
※テスト用の広告コードが不要な場合は削除

広告コード発行方法はこちら>

▼広告コードの削除
該当の広告コードの「編集」をクリックし「削除」