BOTがBANされた際にBOTを変更するだけで今までの設定を引き継げますか?

BOTがBANされるなどによりECAIに登録しているBOTを変更した際の設定が引き継げるかどうかは、設定によって異なります。
下記「引き継げる設定」「引き継げない設定」をご確認くださいませ。

▼引き継げる設定
・タグリスト
・タグ自動設定
・ASSダッシュボード(既申請の会員操作以外)
・着信・SMS送信レポート
・完了したASS申請
・LOCダッシュボード(既申請の会員操作以外)
・完了したLOC申請
・受信BOX
・一斉配信メッセージ(既存会員への配信予定以外)
・応答メッセージ
・あいさつメッセージ
・ステップメッセージ
・その他メッセージ
・アンケート
・外部連携
・代理店・アフェリエイター
・広告リスト



▼引き継げない設定
・会員リスト
  ┗BOTを変更した後にユーザーに再度LINE登録してもらう必要があります。(BOT変更まえのECAI ID・タグ・顧客情報は引き継がれません)


・個別予約メッセージ
  ┗BOTを変更した後に再度個別予約メッセージの作成をする必要があります。


・リッチメニュー
  ┗BOTを変更した後に再度リッチメニューを保存しなおす必要があります。


・タグ追従設定
  ┗BOTを変更した後に再度タグ追従設定(リッチメニュー)を保存しなおす必要があります。


・LIFF
  ┗BOTを変更した後に再度LIFFの作成をする必要があります。
  (元のオリジナルファイルをダウンロードし、同じものを新規作成で設定する作業が必要)


・RPA設定
  ┗BOTを変更した後に再度RPA設定をする必要があります。