【オリジナルフォーム】入力チェックの設定について
■目的 
オリジナルフォームの入力チェックの設定についての説明

■セット所要時間 
10分

■セットの流れ
下記フォームサンプルページを元に説明します。 
フォームサンプルページのソースコードをブラウザ上でご確認いただくか、ファイルをダウンロードして内容をご確認ください。
フォームサンプルページ>
フォームサンプルダウンロード>

※ソースコード確認方法
対象ページをChromeブラウザで開いて下記操作を行ってください。

windows:Ctrl + U
mac:option + command + U




(1)必要ファイルは4つ
下記4ファイルを<head>内で読み込んでください。
(※ECAIのテンプレートを使用している場合、すでに設置されています。)
・jquery本体
・validationEngine.css
・validationEngine.js
・日本語化ファイル



(2)回答のclassに”validate[required]”を指定
※data-prompt-positionでアラート表示の位置を調整できます。



ガイドの内容はあくまでもサンプルになります。  そのまま使用できない場合は対応するフォームにあわせての編集をお願いします。   表示設定が正常にできない場合、ソースチェックの有償サポートも行っております。  ご希望の場合は設定代行バナー、もしくはお問い合わせLINE、チャットワークよりご依頼をお願いします。
【フォーム】電話番号の入力時に「-」(ハイフン)を入れないようにする
本人確認フォームなどで電話番号を取得するときに、「-」(ハイフン)を入れないように制限をかけることができます。
既存のオリジナルフォームを変更しご対応下さい。

index.htmlの電話番号部分のclassを下記記述に変更して下さい。
※半角数字のみの入力制限
※10,11桁の入力制限
class="validate[required,custom[number],minSize[10],maxSize[11]]"


対象フォームのダウンロード、アップロードにつきましては下記ガイドを参照ください。
⇒既存のオリジナルフォーム(LIFF)のダウンロード方法オリジナルフォーム(LIFF)のアップロード方法
ユーザーからのフリーメッセージだけに応答メッセージを返す方法
(1)応答メッセージでキーワード指定なしで登録すると、キーワード指定していないテキストにだけ送られます。

⇒応答メッセージの作成方法はこちら

オリジナルフォームの入力制限について
validationEngineというプラグインを使用しています。
公式ページ>

使用例は公式ページ以外に、日本語での説明サイトも多数あります。
そちらも併せて参照下さい。

弊社フォームサンプル
フォームサンプルページフォームサンプルダウンロード>

※ソースコード確認方法 
サンプルページをChromeブラウザで開いて下記操作を行ってください。
windows:Ctrl + U 
mac:option + command + U 


■必須入力にする
対象のinputのclassに下記を設定
class="validate[required]" 


■文字数制限
対象のinputのclassに下記を設定
class="validate[required,minSize[15]]"
※例は15文字制限ですが、適宜ご変更下さい。