広告リストのLPクリック数、LCV(友だち登録数)の設定
■目的 
広告コードを使用して、広告からのLPクリック数、LCV(友だち登録数)を計測します。
1つのLPで複数コードの運用が可能です。


■セット所要時間 
10分


■セットの流れ

(1)広告リスト作成
広告リストの作成方法はこちら>
※ECAI管理画面の広告リストごとに1つの広告コードが発行されます。
(2)広告リスト > 設定方法
(3)「LPからの計測」の設定
①LPページの友だち登録ボタン・リンクに下記のリンクタグ(href)を設定してください。
②LPページにトラッキングコードを追加してください。
③LPページのURL末尾に広告コードを追加したキャンペーンURLを生成し、広告に使用してください。
入力欄にURLを入れると、末尾に広告コードが追加されたURLが自動で生成されます。
※LPページ(友だち登録ページ)の例
※<head>内に下記Jquery本体の読み込みがない場合は設置する
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/2.1.4/jquery.min.js"> </script>
(4)設定完了
(3)の③で生成したキャンペーンURLを使用し、LPクリック数、LCV(友だち登録数)の計測を開始してください。




【運用上の注意点】
・計測には広告コード付きのキャンペーンURLを使用してください。
・計測するページ内に、友だち登録ボタンを設置してください。計測するページと友だち登録ページが異なる場合は、広告コードを持ちまわす必要があります。
・LPページ読み込み時にJavascriptのエラーが発生した場合は計測されません。

「友だち登録トリガーステップメッセージ」の作成方法

①メッセージ

②ステップメッセージ

➂追加

④タグ追加をトリガーとする

⑤管理名を入れる

⑥ステータスを「オン」
※すぐに使用しない場合は「オフ」にし、使用するタイミングで「オン」に変更してください

⑦トリガー(発動条件)は友だち登録日時となります。
 ※友だち登録日時はECAIにユーザーが反映された日時となります
 ※上記理由から既に友だち登録されているユーザーがECAIに反映された際にも発動します

⑧ターゲットで「全ての会員」か「絞り込み」を選択します

⑨高度な設定をする場合はチェックを入れる
⑩タグが付与されてからメッセージが送信される時間を設定
※0日後を選択の場合は〇時間後の設定になり、1日後以降を選んだ場合は配信する時間指定の設定に変わります。
※設定した配信時間の条件に満たしていても、既に登録しているユーザーには配信はされません。

⑪テキスト、画像、動画、音声、その他(カルーセル、画像カルーセル、ボタン、選択ボタン、リッチメッセージ、クイックリプライ)の選択変更箇所です。

⑫絵文字、定型文の差し込みが可能です。

⑬同時刻に、「画像+メッセージ」を送りたい、「メッセージが長くなったので分けたい」など同時刻に一緒にメッセージを送りたい際はメッセージ追加を押してメッセージフィールドを追加してください。
※同時配信は最大5つまで可能です。

⑭ステップメッセージを追加したい際はシナリオ追加をおしてシナリオを追加してください。
※最大30シナリオまで追加可能です。

⑮「保存」をクリックして完成。



・広告リストによる友だち追加でメッセージを送る場合は、「LINE認証」はチェックなしに設定してください。
友だち追加URLの確認方法
1.BOT選択 > LINEアカウントリスト
↓
2.対象アカウント > 設定
↓
3.友だち追加URL
こちらをLINEのメッセージなどでご使用できます。
友だち登録時にタグを付与する方法

① 広告リストで流入元が計測可能な友だち登録URLを作成

  広告計測・流入元計測のURL作成方法こちら>



② 計測URL作成後に「編集」をクリック


③ 高度な設定>友だち登録時にタグを付与するにチェックを入れて付与したいタグを選択し保存

④ 設定をクリック

⑤ ①のURLから友だちが入ってくると指定のタグが付与されます。


▼補足
・「友だち登録」タグはECAIの仕様によりデフォルトで付与されるタグになります。「友だち登録」タグはステップメッセージのトリガーには設定できません。ステップメッセージのトリガータグは新規で作成し設定してください。

新機能#029┃流入(広告)コードごと24hブロック、ブロック率、トータルブロック数、ブロック率が確認できるようになりました!

流入(広告)コードごと24hブロック、ブロック率、トータルブロック数、ブロック率が確認できるようになりました!

これにより無駄な広告費をかけずに友だち追加をしていくことが可能です。
例えば、

・代理店に依頼したら登録CPAは@300円だが、ブロック率がとんでもないことに
・24h以内のブロックが高い。。これは不正ではないか
・セールをした際のお客様のブロック率など
・Youtube、tiktokがはまって@150円で獲得できた!だけど24h以内に全部ブロックされた。。。どうゆうこと??

など


広告 > 推移


より高度な監視、マーケティングが可能になりました。
ぜひご活用ください!

ステップメッセージで友だち登録をトリガーにした場合既存のお友だちが移行してきた時も配信対象になりますか?

こちら配信対象になります。

友だち登録時トリガーはECAIに友だち登録された日時を元に発動するものとなりますので、
LineAccount側からECAIに入ってきた際も発動します。



既存のお友だちにステップを発信したくない際は、下記2つの方法を推奨します。

① LINEオフィシャルアカウントマネージャー側にてステップメッセージの作成

② ECAIの広告にて流入元計測可能URLを作成し対象URLから登録されたらタグ付与を指定、そのURLを新規登録用として使用する。(タグトリガーステップを使うことになりますが、配信の挙動は友だち登録時ステップと同じになります。)

広告リスト「QRコードページ表示数」について

QRコードページ表示数はメールや同梱物など、直接URLを読み込まれる際に発火する数字になります。
QRコード表示数の改善はできないため、数字を改善する際はメールの内容・同梱物のデザインの修正をして数字改善をお願いします。

また数字改善の計算方法は下記になります。

例)
LCV÷メールの送信数×100=登録率
LCV÷同梱物発送数×100=登録率

上記の計算にて登録率が出せるのでメール送信数・同梱物発送数をだして数字改善を行ってください。

▼QRコードページ表示数

機能改善#046┃代理店画面からも「LPからの計測」が見れるようになりました

今までECAI画面からしか「LPからの計測」が見れませんでしたが、代理店画面からも「LPからの計測」が見れるようになりました!

これにより代理店様側でもLPクリック、LCVRが追えるようになり数字改善速度がアップします!


「直接計測」「LPからの計測」「商品購入数の計測」の用途、仕様の違いについてはこちら>

「分析>友だち登録」の連携済有効友だち数が期間の絞り込み方によって異なる

「単日絞り込み」「期間絞り込み」によって連携済有効友だち数がズレる場合があります。

▼算出方法

・単日絞り込み:その日までにカート連携している有効友だち数を算出。
・期間絞り込み:絞込み期間において、同じ電話番号にて2つの連携があった際に1つの連携として計算。絞込み期間中の最後の日付をユニークとしてカウント。
 
同じ電話番号で複数の顧客情報が日を跨いでカート連携された場合に件数の相違が生じます。
件数の相違を起こさないために連携済有効友だち数を確認する場合は単日で見るようにしてください。

▼例 10/3と10/4の2日間で、2人のユーザーが同じ電話番号で連携
10/3の単日で見た際は10/3分として連携済み有効友だち数がカウントされているが、9/28~10/4の期間絞り込みで見た際は10/4分の連携済み有効友だち数としてカウントされ減算されてしまうので10/3分が単日で見るより1件少なくなります。

※10/3と10/4の2日間で、1人が2つの電話番号で連携した場合も上記の例と同様に10/3分が単日で見るより1件少なくなります。