新機能#011┃購入履歴がお客様のタイミングで自由に見れるようになりました!

※全プランにて利用可能です。

ecforce、リピスト、サブスクストア、shopify、楽楽リピートにてお客様の購入情報が自由に見れるようになりました!

これにより、お客様からの問い合わせ数が減りCSコストを削減可能です。


▼利用可能カート
・ecforce
・リピスト(プレックス)
・サブスクストア
・shopify
・楽楽リピート
・楽天RMS



取得可能情報
① 定期コース名
② お届け商品名
③ お届け予定日 ※記事一番下の「お届け予定日反映箇所」を参照
④ お届けサイクル ※ecforceのみ可能、他カートは不可
⑤ ご契約状況
⑥ 配送方法名


注文内容を変更した際の注文データ更新反映時間
・ecforce ⇒ 変更から約2時間
・リピスト(プレックス) ⇒ 変更から約1時間 
・サブスクストア ⇒  変更の翌日昼12時頃
・shopify ⇒ 変更から約1時間
・楽楽リピート ⇒ 変更から約1時間
・楽天RMS ⇒ 受注日から約1ヶ月間のみ15分おきに更新をかけ続けます(受注日から1ヶ月を過ぎた注文データは更新がかかりません)
        ┗15分で更新がかけれる件数は最大5,000件となります。直近1ヶ月間の注文データが5,000件を超える場合は順番に更新をかけていきます。


▼設定方法
自動応答のみで設定が可能となります。
メッセージボックスの「購入情報」ボタンにて予約後のタグが挿入されます。



▼お客様画面閲覧イメージ
※直近3ヶ月、最新12件の購入履歴が表示されます。

▼お届け予定日反映箇所
「お届け予定日」は各カートによって反映項目が異なります。
下記をご確認ください。

・ecforce ⇒ 配送予定日
・リピスト(プレックス) ⇒ 配達日指定
・サブスクストア ⇒ お届け希望日
・shopify ⇒ 取得不可
・楽楽リピート ⇒ お届け(予定)日
・楽天RMS ⇒ お届け日時

※配送日の変更や、配送日のスキップはECAIでは変更できませんので、

ご使用のカートにてご対応いただく必要がございます。

イベント予約履歴のみ確認できるダイレクトリンクをユーザーに送る方法

予約履歴のみ確認できるダイレクトリンクを送ることで、ユーザー側でイベント予約の予約日確認、予約キャンセルすることが可能です。


▼各種メッセージで「コード」予約履歴を表示させる方法
1:1トーク、応答メッセージ、一斉配信メッセージ、ステップメッセージ、リマインドメッセージでは、短縮コードを使用することで予約履歴を表示させることが可能です。

▼スマホ画面

タグ分析の「有効・解除済み」について
タグ付与、解除の現在のステータスと、過去の履歴となります。
タグ付与時は「有効」となり、削除すると「解除済み」となります。
タグの付与と解除が1セットで、一度タグ解除したタグを新たに付与すると、
新しい行に有効データとして記録されます。

また有効なタグのみ表示させたい場合は、絞り込み機能で「現在有効なタグのみ表示」にチェックを入れてください。