RPA(自動処理)の処理時間

RPA(自動処理)の処理速度は1処理「約3分」かかります。
1処理ずつ順番に処理していくため、10件申請があった場合は「薬30分」かかることになります。

「ロボット(EXE)」を増やすことで、処理件数を増やすことが可能です。

▼「1ロボット(EXE)」の見積もり

・金額:5,000円(税別)/月
・納期:お申込から3営業日



▼補足
・自動処理の可能条件や不可条件の件数によって1処理の速度が前後します。

【カート連携】受注情報を変更した際の反映までにかかる時間

カート連携(API連携)に必要な「電話番号」もしくは「メールアドレス」が、ECAI側とカート側とであっていない際に、カート側の受注情報を変更することでECAIとカート連携できるようになります。

カート側の受注情報を変更した際にECAIに反映(カート連携)されるまでは最大で6時間かかる場合があります。(平均2時間ほどで反映されます)

▼発生シーンの例
顧客情報と受注の電話番号が異なるため、顧客情報はECAIとカート側で一致しているのに「カート連携」がされない。

▼補足
・「配送番号」を受注データに反映するのも同じ反映時間になります。(対象:ヤマト・佐川・郵便)

【オリジナルフォーム】日付のカレンダー入力
■目的
オリジナルフォームの日付入力時に、カレンダーを出して選択する方法のガイドです。
inputのdateタイプを使用した時に、デバイスによる差異をなくすことができます。

■セット所有時間
おおよそ20分

■セットの流れ
下記サンプルページを元に説明します。 
ファイルをダウンロードして内容をご確認ください。
サンプルダウンロード>
サンプルページ>

※ソースコード確認方法 
サンプルページをChromeブラウザで開いて下記操作を行ってください。 
windows:Ctrl + U 
mac:option + command + U


対象ファイル:index.html

(1)必要ファイル、スタイル読み込み
head内に必要なファイル、スタイルの読み込みを行います。
<link rel="stylesheet" href="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/jqueryui/1.12.1/themes/base/jquery-ui.min.css">
<script src="https://cdnjs.cloudflare.com/ajax/libs/jqueryui/1.12.1/jquery-ui.min.js"></script>
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jqueryui/1/i18n/jquery.ui.datepicker-ja.min.js"></script>

<style>
	.check h3 span {
	color: #ef3030;
	margin: 0 0 0 3px;
	}
	.q input[type="date"],
	.q input[type="time"] {
	-webkit-appearance: none;
	display: inline-block;
	width: 60%;
	padding: 10px 8px;
	font-size: 16px;
	box-sizing: border-box;
	border: 1px solid #d8d8d8;
	border-radius: 3px;
	position: relative;
	background-color: #fff;
	}
	input[type="date"]::-webkit-date-and-time-value,
	input[type="time"]::-webkit-date-and-time-value {
	text-align: left;
	}
	input[type=time]::-webkit-calendar-picker-indicator {
	position: absolute;
	width: 100%;
	height: 100%;
	opacity: 0;
	}
	.q input[type="date"]:after,
	.q input[type="time"]:after {
	content: "";
	display: block;
	width: 10px;
	height: 10px;
	box-sizing: border-box;
	border-bottom: 1px solid #d8d8d8;
	border-right: 1px solid #d8d8d8;
	position: absolute;
	top: 48%;
	right: 15px;
	z-index: 0;
	transform: translateY(-50%) rotate(45deg);
	}
	.datepicker_bg{
	position: relative;
	display: inline-block;
	width: 60%;
	background-color: #fff;
	}
	.datepicker_bg > input {
	-webkit-appearance: none;
	display: inline-block;
	width: 100%;
	padding: 10px 8px;
	font-size: 16px;
	box-sizing: border-box;
	border: 1px solid #d8d8d8;
	border-radius: 3px;
	position: relative;
	background-color: transparent;
		z-index: 1;
	}
	.datepicker_bg:after {
	content: "";
	display: block;
	width: 10px;
	height: 10px;
	box-sizing: border-box;
	border-bottom: 1px solid #d8d8d8;
	border-right: 1px solid #d8d8d8;
	position: absolute;
	top: 48%;
	right: 15px;
	z-index: 0;
	transform: translateY(-50%) rotate(45deg);
	}
</style>
<script>
	//今日の日付取得
	var year = new Date().getFullYear();
	var month = ('00' + (new Date().getMonth()+1)).slice(-2);
	var date = ('00' + new Date().getDate()).slice(-2);
	var day_arr = ['日', '月', '火', '水', '木', '金', '土'];
	var day = day_arr[new Date().getDay()];
	// var today = year + '-' + month + '-' + date;
	var today2 = year + '/' + month + '/' + date + '('+ day + ')';
	$(function () {
		$('.datepicker_bg > input').val(today2);
	});
</script>
(2)カレンダー部分
初期表示は当日の日付が入ります。
※name属性は適宜ご変更ください。
<section class="q date">
	<input type="hidden" name="col_1_title" value="日付選択">
	<div class="txt">
		<h3>日付選択<span>*</span></h3>
	</div>
	<div class="datepicker_bg">
		<input type="text" id="datepicker"class="validate[required]" name="col_1" value="" readonly="readonly" autocomplete="off" placeholder="選択して下さい" data-prompt-position="topRight">
	</div>
</section>
(3)datepickerの呼び出し
body閉じの直上で、datepickerの呼び出し、オプション設定を行います。
その他のオプションについては公式ページなどご確認ください。
<script>
	//日付設定オプション
	$("[id=datepicker]").datepicker({
		dateFormat: 'yy/mm/dd(D)',
		// maxDate: "+0d",//未来の日付選択不可
	});
</script>
(4)カレンダーを複数使用する場合
カレンダーを複数使用する場合は、(2)(3)を複製したのち、下記2か所のid属性の値をユニークなものへ変更をお願いします。
(例)id属性を「datepicker2」にする
<input type="text" id="datepicker2" class="validate[required]" name="col_1" value="" readonly="readonly" autocomplete="off" placeholder="選択して下さい" data-prompt-position="topRight">




$("[id=datepicker2]").datepicker({
		dateFormat: 'yy/mm/dd(D)',
		// maxDate: "+0d",//未来の日付選択不可
	});

ガイドの内容はあくまでもサンプルになります。 そのまま使用できない場合は対応するフォームにあわせての編集をお願いします。  表示設定が正常にできない場合、ソースチェックの有償サポートも行っております。 ご希望の場合は設定代行バナー、もしくはお問い合わせLINE、チャットワークよりご依頼をお願いします。
新機能#59┃会員リストの絞り込みで、タグ付与日時での絞り込みができるようになりました!
■目的
会員リストの絞り込みで、タグ付与日時での絞り込みができるようになりました。
これにより、より細かいセグメント分けが可能になりますので、配信内容の効果を上げることができます。

■セット所要時間
3分

■セットの流れ

(1)会員 > 会員リスト > 条件で絞り込み
↓↓↓


(2)絞り込み
①他の会員情報で絞り込む
②条件タグを設定
③タグ付与日時を設定
④絞り込み