新機能#011┃購入履歴がお客様のタイミングで自由に見れるようになりました!

※全プランにて利用可能です。

ecforce、リピスト、サブスクストア、shopify、楽楽リピートにてお客様の購入情報が自由に見れるようになりました!

これにより、お客様からの問い合わせ数が減りCSコストを削減可能です。


▼利用可能カート
・ecforce
・リピスト(プレックス)
・サブスクストア
・shopify
・楽楽リピート
・楽天RMS



取得可能情報
① 定期コース名
② お届け商品名
③ お届け予定日 ※記事一番下の「お届け予定日反映箇所」を参照
④ お届けサイクル ※ecforceのみ可能、他カートは不可
⑤ ご契約状況
⑥ 配送方法名


注文内容を変更した際の注文データ更新反映時間
・ecforce ⇒ 変更から約2時間
・リピスト(プレックス) ⇒ 変更から約1時間 
・サブスクストア ⇒  変更の翌日昼12時頃
・shopify ⇒ 変更から約1時間
・楽楽リピート ⇒ 変更から約1時間
・楽天RMS ⇒ 受注日から約1ヶ月間のみ15分おきに更新をかけ続けます(受注日から1ヶ月を過ぎた注文データは更新がかかりません)
        ┗15分で更新がかけれる件数は最大5,000件となります。直近1ヶ月間の注文データが5,000件を超える場合は順番に更新をかけていきます。


▼設定方法
自動応答のみで設定が可能となります。
メッセージボックスの「購入情報」ボタンにて予約後のタグが挿入されます。



▼お客様画面閲覧イメージ
※直近3ヶ月、最新12件の購入履歴が表示されます。

▼お届け予定日反映箇所
「お届け予定日」は各カートによって反映項目が異なります。
下記をご確認ください。

・ecforce ⇒ 配送予定日
・リピスト(プレックス) ⇒ 配達日指定
・サブスクストア ⇒ お届け希望日
・shopify ⇒ 取得不可
・楽楽リピート ⇒ お届け(予定)日
・楽天RMS ⇒ お届け日時

※配送日の変更や、配送日のスキップはECAIでは変更できませんので、

ご使用のカートにてご対応いただく必要がございます。

「直接計測」「LPからの計測」「商品購入数の計測」の用途、仕様の違いについて
■直接計測
広告設定内の専用URLを使用することで、友だち登録(LCV)とクリックの計測が可能です。
直接URLにアクセスすることから、主にメールやDM、店頭などでの使用を推奨しています。
またQRコードでの読み取りも可能です。
※直接計測数は専用URLをクリック、読み取りでカウントされます。
※LP内で直接計測の専用URLがクリックされた場合や、javascriptなどで専用リンクへリダイレクトされた場合、クリックはカウントされません。
※アプリブラウザの仕様により計測できない場合があります。
直接計測の設定についてはこちら>


■LPからの計測
LPを挟んで友だち登録をしたいときに使用します。
LPに計測タグを設置することで、クリック計測、友だち登録(LCV)の計測が可能です。
※LPクリック数はキャンペーンURLがクリック(表示)されることでカウントされます。
LPからの計測設定についてはこちら>

「直接計測」と「LPからの計測」のLCVは合算した数値が入ります。
そのため2つを併用して計測しますと、どちらかで計測数よりLCVの方が高いということがおきます。
広告コードを使用の際は2つを分けて運用して下さい。

■商品購入数の計測
商品購入のCV、クリック計測をしたいときに使用します。
商品購入ページに計測タグを設置することでCV、クリックの計測が可能となります。
(※アンケート回答、申し込みフォームなどほかの用途でも使用できます。)
商品購入数の計測設定についてはこちら>

オリジナルフォームを計測することも可能です。
広告のCV計測をオリジナルフォーム(LIFF)に使用する方法>
購入情報で絞り込みをしてタグまたはフラグを一括付与する方法

「購入総金額」「継続ステータス」「商品情報」などを元に会員絞り込みをして、絞り込みした会員に一斉にタグ・フラグを付与することが可能です。
タグ・フラグを付与することで、一斉配信・ステップメッセージなどでセグメント配信や、リッチメニューの一括変更などすることができます。
※購入情報の絞り込みは各種カート連携をしないと使用できません

▼手順

①会員

②会員リスト
➂条件で絞り込み

④購入情報で絞り込み

⑤絞り込み
⑥対象ユーザーにチェック

⑦タグ変更・フラグ変更をクリック

▼タグの場合

⑧一括付与したいタグを選択

⑨追加する

⑩保存する

▼フラグの場合

⑪一括付与したいフラグを選択

⑫追加する

⑬保存する