新機能#08┃【距離が縮まる!】担当者アイコン、担当者名で1:1接客が可能に!

1:1トークで設定したオペレーターアイコン、指定したオペレーター名で接客が可能になりました!

ブランドの担当者様、開発担当者様など様々な人と本人と1:1を話している体験をお客様が体感できるようになりました!

お客様の満足度アップでLTVにつながると思います!


設定方法はこちら>

お客様へ送信した1:1メッセージの送信件数を確認する方法


1:1トークから送信したメッセージの件数を確認するには、メッセージ送信時に「メモ」を追加してください。


▼メモ追加手順

①1:1トーク

②メモ

➂追加
④難易度設定
 ┗難易度を入れておくと、後に難易度別の件数確認ができます
 ※難易度1~5の表示名は変更・追加できません

⑤対応内容などを記入

⑥保存
⑦メモ追加が完了すると、このように表示されます。



▼メッセージ件数確認手順

⑧全体メモ履歴
⑨「作成者」「難易度」「日時」で絞り込みができます

⑩難易度別に件数(比率)が確認できます。

⑪絞り込み後の全件数が確認できます。
1:1トークでのリッチメニュー変更方法
①1:1トーク

②表示中リッチメニュー

➂編集

④リッチメニュー選択

⑤変更したいリッチメニューを選択

⑥「保存」して完了
1:1トークとは

日常的に使っているLINEアプリのトーク機能を通じて、
友だちになっているユーザー一人ひとりとコミュニケーションが取れる機能です。


★ECAIを使うメリット!
ECAIの1:1トーク機能は通常のLINE公式アカウントだけではできない7つのメリット!

①メモ機能


②定型文機能


③担当者機能


④カート購入情報を確認しながらの1:1トーク
(ecforce、リピスト(プレックス)、サブスクストアのみ可能 ※API連携が必要になります。)


⑤フラグ管理


⑥タグ管理機能

⑦リッチメニュー管理

1:1トークのタグの並び順
タグリストに並んでいる順と同じ(作成順)になります。

機能改善 vo.7┃効率アップ‼ ホーム画面から未読数(未処理数)が一目で確認できるようになりました!
ホーム画面から未読数(未処理数)が一目で確認できるようになりました!

これにより、

・1:1トーク画面に行って未読があるかないかの確認時間
・処理の残り件数は何件を確認する時間

の短縮できるようになりました!
↓
1:1トークのトーク履歴をCSVでダウンロード

① CSVダウンロードを行いたい対象の会員のトーク画面を開き、右上「トークをダウンロード」をクリック


② ジョブリストをクリック
 (CSVファイルはジョブリストに作成されるため、ジョブリストに移動します。)  


③ CSVのダウンロードが終わると「CSVをダウンロード」の青いボタンが出現するので「CSVをダウンロード」ボタンをクリックして完了です。



▼重要
※CSVファイルにはパスワードがかかっていて、CSVファイルを作成した方のECAIログインパスワードで解凍できます。
※1:1データの保存期間はこちらをご確認ください。

1:1トークのテキスト返信方法

自由入力欄に希望のテキストを入れて送信ボタンを押すだけで個別にLINEメッセージが送信できます。