1. RPAエラー詳細で「商品名が検索できませんでした。手動処理を実施してください。」と表示される

RPAエラー詳細で「商品名が検索できませんでした。手動処理を実施してください。」と表示される

2021.11.25 更新
Text=もなか新卒


RPA設定に登録されている「商品名」「商品コード」の両方の一致がされないと、RPA(自動解約処理)が回らない仕様となっております。
「商品名」「商品コード」どちらか、もしくはどちらもRPA設定に存在しない場合に「商品名が検索できませんでした。手動処理を実施してください。」というエラー詳細が表示されます。

エラーとなったのがRPA(自動解約処理)を回したい商品だった場合は、RPA設定を確認し商品の追加または編集にてご対応ください。

▼エラー詳細「商品名が検索できませんでした。手動処理を実施してください。」


▼「商品名」「商品コード」のRPA設定箇所

ご希望通りのセッティングができましたか?

0人中0人がセッティングができたと言っています。

このマニュアルの作成者は もなか新卒 です。

こちらのマニュアルで希望のセッティングが出来なかった
際は、下記のどちらかでお問い合わせください。

スタートプランの方はこちら
LINE公式アカウント機能拡張プラン、
オートコールセンタープランの方はこちら