タグ追従設定(リッチメニュー)

①コンテンツ

②タグ追従設定


➂「追加する」をクリック


④追加条件フィールドにてタグを選択します。
⑤「追加されたとき」「解除されたとき」どちらをトリガーにするか選択します。
ここで選択したトリガールールにてリッチメニューが変更されます。
※最後に付与された、または最後に解除されたタグが最優先の条件になります。
⑥ターゲットを選択
※「絞り込み」を選択することでタグまたはフラグにて絞り込みが可能です。
⑦リッチメニューを選択 ※リッチメニューをセットしていない方はこちらでリッチメニューの設定をしてください。
⑧ステータスのオンオフを選択 ※稼働非稼働の事です。
⑨高度な設定「一定時間を過ぎたら指定のリッチメニューに変更」にチェック
※リッチメニュー切り替え後に一定時間過ぎ時に、さらに他のリッチメニューに変更したい場合のみチェックします。
※日時設定の1日は「24時間」計算になります。仮に30時間後にリッチメニューを変更したい場合は「1日後の06:00後」と設定します。

フォーム情報取得時にリッチメニューを変更する方法
フォーム情報取得時に付与されるタグを設定します。
そのタグをトリガーとして、リッチメニューを変更します。
既に作成、設定済みの場合は、そちらのタグに対して設定を行うことができます。


(1)タグの作成
タグの作成方法はこちら>

↓

(2)対象フォームにタグを設置
タグの設置方法はこちら>

↓

(3)タグ追従設定により、変更するリッチメニューを設定します。
タグ追従の設定方法はこちら>


新機能#41┃リッチメニューを希望の時間だけ表示して違うリッチメニューに変更できるようになりました!

▼この機能のおすすめの使い方

・短縮URLの期限設定
・リッチメニューの期間表示

 を利用して指定のリンクや任意のボタンを 押した人に一定期間だけキャンペーンを出せるようになりました!

 ぜひ期間限定のキャンペーンにてご使用ください!


▼設定箇所
コンテンツ>タグ追従設定

タグ追従設定の設定方法はこちら>

※日時設定の1日は「24時間」計算になります。仮に30時間後にリッチメニューを変更したい場合は「1日後の06:00後」と設定します。



▼補足
・タグ付与後に該当タグを外したとしても、「タグ追従設定」の一定時間経過後に別のリッチメニューに変更されます。

新機能#033┃タグ追従リッチメニューに絞り込み機能が付きました!

付与されたタグを起点にリッチメニューを自動で変更する「タグ追従リッチメニュー」に絞り込み機能が付きました!



これによりタグ起点でリッチメニューを変更したいのだが、特定のこの人だけは変えちゃダメだ!という設定ができるようになります。

↓↓↓

使用例)

リッチメニューを変えたくないオファーをしているユーザーがいた際に、除外設定でその方のリッチメニューのみ変更しないという設定が可能になります!

機能改善#052┃タグ追従設定「一定時間を過ぎたら指定のリッチメニューに変更」の日数を365日まで選択可能になりました!

タグ追従設定「一定時間を過ぎたら指定のリッチメニューに変更」の日数を365日まで選択可能になりました!

これにより「一定時間だけのリッチメニュー表示」が365日以内の期間で設定できるようになり、長期的なキャンペーン用リッチメニューへの切り替えができるようになりました!

タグ追従設定の方法はこちら>
一定時間だけのリッチメニュー表示のおすすめの使い方はこちら>


▼設置箇所