【友だち登録数アップ施策#1】LP離脱時にポップアップを出して、LINE登録へ誘導する方法
下記サンプルページを元に説明します。
ファイルをダウンロードしていただくか、サンプルページのソースコードをブラウザ上でご確認ください。
>サンプルページ
>サンプルダウンロード

※ソースコード確認方法
対象ページをChromeブラウザで開いて下記操作を行ってください。
windows:Ctrl + U
mac:option + command + U

■仕様1
フッターの「閉じる」ボタンをクリックすると、離脱防止のポップアップバナーが表示されます。
こちらのバナーに引き留め施策を設定し、LINEの友だち登録へ誘導してください。

〈ソースコード説明〉
①jqueryの読み込み
②ポップアップバナー閉じる挙動
③ポップアップバナー表示挙動
④ポップアップバナーを設置
⑤ポップアップバナーのトリガーとなるボタン配置
■仕様2
ブラウザの戻るボタンを押した際に、ポップアップバナーが表示
※ブラウザのセキュリティーの関係で、ユーザーが何も動作しないでブラウザの戻るボタンを押下するとイベントは実行されません。
 回避するにはユーザーが何かしらのアクションを起こす必要があります。
 どこでもよいので画面のどこかをクリック(タップ)すると、ブラウザバックのイベントが有効になります。
【オリジナルフォーム】ポップアップバナー設定

■見本

下記サンプルページを元に説明します。 
サンプルページのソースコードをブラウザ上でご確認いただくか、ファイルをダウンロードして内容をご確認ください。

サンプルページ>
サンプルページダウンロード>
※ソースコード確認方法
サンプルページをChromeブラウザで開いて下記操作を行ってください。
windows:Ctrl + U
mac:option + command + U



■仕様
・質問2の解約を選択すると、ポップアップバナーが表示されます。
・ポップアップバナーで解約が阻止された場合は指定のタグが付与されます。
・<!-- 削除禁止 -->部分はデータの送信に必要なので削除しないでください。


■編集ファイル:index.html

(1)ポップアップを発動させたい回答に「onClick="showModal();"」を設定

(2)ポップアップバナーの表示部分のHTMLを設定
①ポップアップバナー画像、ボタン画像設置
②完了バナー画像、閉じるボタン設置

(3) (1)で呼び出す「showModal()」、完了バナー(サンクスバナー)の挙動設定
フォーム離脱時にタグを付与する場合は、AddTagにタグコードを貼り付けてください。

(4)バナー部分のスタイルの設定
オリジナルフォーム内の推奨画像サイズ、形式
オリジナルフォームはHTMLを自由にデザインが可能なため、規定のサイズ、形式などはございません。

ただし画像データが非常に重かったり、サイズが大きすぎたりしますとユーザビリティーを損ないます。
推奨のサイズは以下になりますので、参考にしてください。

■引き止めバナー、継続促進バナー
・形式:jpg.png 

①正方形バナー(1:1)
・サイズ横×縦:1040×1040px 
※バナー下にボタンを設置する場合におすすめ

②縦型バナー
・サイズ横×縦:1040×1800px 
※スマートフォン1画面のおおよそ収まるサイズ

③縦型バナー大
・サイズ横×縦:1040×2800px 
※スマートフォン画面の約1.5スクロールのサイズ
https://gyazo.com/cbe746c9b921c5cb5278af4fefcbc5d5 


■ポップアップバナー(モーダルバナー)
・形式:jpg.png,gif 

①正方形バナー(1:1)
・サイズ横×縦:600×600px 

②縦型バナー(2:3)
・サイズ横×縦:600×900px 
【フォーム】継続促進バナーの設置方法
質問の途中で、上記のような継続を促すバナーを表示させる方法についてのガイドです。
継続を促すタイミングにつきましては任意となりますが、サンプル例では解約理由の選択時にバナーが表示される仕様になります。
下記のサンプルページをご確認ください。
(※バナー表示条件:質問3 効果を実感できなかった or 価格が高い or 商品が余っている 選択)


下記フォームサンプルページを元に説明します。
ブラウザ上でソースコードをご確認いただくか、ファイルをダウンロードして内容をご確認ください。
>フォームサンプルページフォームサンプルダウンロード(11)

※ソースコード確認方法
対象ページをChromeブラウザで開いて下記操作を行ってください。
windows:Ctrl + U
mac:option + command + U


1.バナー作成
↓
2.バナーの挿入部分に質問とバナーを設置【ファイル:index.html】
①画像追加
②③④申請種別に関する質問はname属性col_1に格納
⇒ 参照)申請種別の質問をフォーム内に2回以上使用する場合
↓
3.休止期間の設定
①②③休止期間に関する質問はname属性col_2に格納【ファイル:index.html】
⇒ 参照)申請種別の質問をフォーム内に2回以上使用する場合
↓
4.申請種別(col_1),休止期間(col_2)の送信設定【ファイル:index.html】
↓
5. 2,3の呼び出し設定【ファイル:index.html】
↓
6.質問3の解約理由によって出し分け【ファイル:display.js】
解約理由が「効果を実感できなかった」「価格が高い」「商品が余っている」の時にバナーを表示
※バナーを複数設定する場合はこちらで条件分岐を追加
↓
7.継続促進バナーの質問3-1の解約理由によって出し分け【ファイル:display.js】
①以降の質問を非表示
②休止選択時処理
③スキップ選択時処理
④解約選択時処理
⑤ ②で休止選択時に休止期間選択時処理
↓
8.name属性が変更になった場合は、重複しないように調整する(連続番号にする)
⇒解約・休止・サイクル変更フォーム内のcol(name属性)の記載ルール
【フォーム】解約理由ごとにバナーを出し分ける
解約理由の内容によって、上記のような継続を促すバナーを出し分ける方法のガイドです。
継続を促すタイミングにつきましては任意となりますが、サンプル例では解約理由の選択時にバナーが表示される仕様になります。
下記のサンプルページをご確認ください。
(※バナー表示条件:質問3 効果を実感できなかった or 価格が高い or 商品が余っている 選択)


下記フォームサンプルページを元に説明します。
ブラウザ上でソースコードをご確認いただくか、ファイルをダウンロードして内容をご確認ください。
>フォームサンプルページフォームサンプルダウンロード(20)

※ソースコード確認方法
対象ページをChromeブラウザで開いて下記操作を行ってください。
windows:Ctrl + U
mac:option + command + U

※継続バナーの設置がない場合は、先に下記ガイドより設置してください。
>【フォーム】継続促進バナーの設置方法


■対象ファイル:dispaly.js

①質問3の解約理由によって、imgタグのsrc属性を動的に変更する
②「効果を実感できなかった」選択時の表示画像を設定する
③「価格が高い」選択時の表示画像を設定する
④「商品が余っている」選択時の表示画像を設定する
【フォーム】商品選択ごとにバナーを出し分ける
■目的
商品選択ごとにバナーを出し分ける設定

■セット所有時間
30分

下記フォームサンプルページを元に説明します。
サンプルページをブラウザ上でソースコードをご確認いただくか、ファイルをダウンロードして内容をご確認ください。
フォームサンプルページ>
フォームサンプルダウンロード>

※ソースコード確認方法
対象ページをChromeブラウザで開いて下記操作を行ってください。
windows:Ctrl + U
mac:option + command + U


■セットの流れ
編集ファイル:display.js

サンプルページを例に説明をしていきます。
仕様は商品1を選択時はバナーを表示させ、商品2を選択時はバナーを表示させません。

質問3を選択時にどちらの商品が選ばれているかの分岐処理をいれて、バナーの表示を調整します。
66~116行目
if($('.item :radio:eq(0)').prop('checked')){

//商品1選択の処理
}

else {

//商品2選択の処理
}


注意点としては、質問3でバナーを表示後に、質問1の商品選択に戻ったときにバナー以降を非表示にする処理を忘れずに入れてください。
これをしないとバナーの表示が残ってします場合があります。


ガイドの内容はあくまでもサンプルになります。
そのまま使用できない場合は対応するフォームにあわせての編集をお願いします。 
表示設定が正常にできない場合、ソースチェックの有償サポートも行っております。
ご希望の場合は設定代行バナー、もしくはお問い合わせLINE、チャットワークよりご依頼をお願いします。
フォーム立ち上げ時ポップアップ設置方法
下記フォームサンプルページを元に説明します。
フォームサンプルページをブラウザ上でソースコードをご確認いただくか、ファイルをダウンロードして内容をご確認ください。
>フォームサンプルページ
>フォームサンプルダウンロード

※ソースコード確認方法
対象ページをChromeブラウザで開いて下記操作を行ってください。
windows:Ctrl + U
mac:option + command + U


(1)index.html
①画像の設定
②閉じるボタン
③離脱ボタン
④ポップアップ挙動
〈コピペ用コード〉
<!--フォーム立ち上げ時ポップアップ-->
<div id="modal-content">
	<div class="pop">
		<!--画像設置-->
		<img src="images/bnr_popup2.png" alt="">
		<!--ボタン設置-->
		<ul>
			<li><span id="modal-close">ダイエットをやめる</span></li>
			<li><a href="">もう少しだけダイエット<br>を頑張ってみる!!</a></li>
		</ul>
	</div>
</div>

<script>
	$(function () {
		$("body").append('<div id="modal-overlay"></div>');
		$("#modal-overlay,#modal-content").fadeIn("slow");

		//モーダル閉じる
		$("#modal-close").unbind().click(function () {
			$("#modal-content,#modal-overlay").fadeOut("slow", function () {
				$("#modal-overlay").remove();
			});
		});
	});
</script>
<!--フォーム立ち上げ時ポップアップ-->


(2)style.css
738~793行目、
1073~1088行目(@media only screen and (min-width: 640px) )、
/*=======================================
	modal
=======================================*/
#modal-content {
  width: 90%;
  max-width: 320px;
  margin: 0;
  padding: 0;
  position: fixed;
  top: 50%;
  left: 50%;
  transform: translate(-50%, -50%);
  display: none;
  z-index: 2; }

#modal-overlay {
  z-index: 1;
  display: none;
  position: fixed;
  top: 0;
  left: 0;
  width: 100%;
  height: 120%;
  background-color: rgba(0, 0, 0, 0.75); }

.pop {
  position: relative; }
  .pop ul {
    position: absolute;
    bottom: 15px;
    left: 50%;
    transform: translateX(-50%);
    height: 50px;
    display: flex;
    justify-content: center; }
  .pop li {
    width: 126px;
    margin: 0 4px; }
  .pop a,
  .pop span {
    display: flex;
    align-items: center;
    justify-content: center;
    text-align: center;
    height: 100%;
    box-sizing: border-box;
    border-radius: 25px;
    font-size: 10px;
    line-height: 1.4;
    background: #006fe2;
    color: #fff;
    cursor: pointer; }
  .pop span {
    background: #fff;
    color: #bbb;
    border: 1px solid #bbb; }


@media only screen and (min-width: 640px) {

  #modal-content {
    max-width: 450px; }

  .pop ul {
    bottom: 20px;
    height: 70px; }
  .pop li {
    width: 190px;
    margin: 0 6px; }
  .pop a,
  .pop span {
    border-radius: 35px;
    font-size: 15px; }
}


(3)ポップアップバナーの画像をimagesフォルダに格納

広告計測の活用事例
LCV(友だち登録数)改善のために、下記のような設定を推奨しています。
7つパターンを上げておりますので、自社の運用に当てはめてご活用ください。

それぞれの計測の仕様、設定方法につきましては下記ガイドを参照ください。
「直接計測」「LPからの計測」「商品購入数の計測」の用途、仕様の違いについて>LP(ランディングページ)からの友だち登録数測定
計測設定 : LPからの計測
比較項目 : LPクリック数、LCV
計算例 : LPクリック数÷LCV=登録率
改善項目 : LPデザイン
※LPに計測用のタグを設置し、キャンペーンURLをご使用ください。


■サンクスページからの友だち登録数測定
計測設定 : LPからの計測
比較項目 : 購入完了数、LCV
計算例 : 購入完了数÷LCV=登録率
改善項目 : サンクスページデザイン
※サンクスページに計測用のタグを設置し、キャンペーンURLをご使用ください。


■オフィシャルサイトからの友だち登録数測定
計測設定 : LPからの計測
比較項目 : 友だち登録ページクリック数、LCV
計算例 : 友だち登録ページクリック数÷LCV=登録率
改善項目 : 友だち登録ページデザイン
※友だち登録ページに計測用のタグを設置し、キャンペーンURLをご使用ください。


■SNSからの友だち登録数測定
計測設定 : 直接計測
比較項目 : SNS表示回数、LCV
計算例 : SNS表示回数÷LCV=登録率
改善項目 : SNSコンテンツ
※アプリブラウザの仕様により計測できない場合があります。
※instagramのDM、プロフィール欄リンクからクリック計測はできません。


■メールからの友だち登録数測定
計測設定 : 直接計測
比較項目 : メール送信数、LCV
計算例 : メール送信数÷LCV=登録率
改善項目 : メール内容
※直接計測数≠メール送信数


■同梱物、チラシ(QRコード)からの友だち登録数測定
計測設定 : 直接計測
比較項目 : 同梱物、チラシ配布数、LCV
計算例 : 同梱物発送数÷LCV=登録率
改善項目 : 同梱物、チラシ内容
※直接計測数≠同梱物発送数


■バナー、テキスト広告からの友だち登録数測定
計測設定 : 直接計測
比較項目 : インプレッション数、LCV
計算例 : インプレッション数÷LCV=登録率
改善項目 : バナーデザイン、テキスト内容