新機能#039┃1:1トークで受信したメッセージをチャットワークで通知することが可能になりました!

1:1トークで受信したメッセージをチャットワークで通知することが可能になりました!

これによりユーザーから発言があった際にチャットワークで通知を受け早い返信が可能になるので、顧客満足度アップに繋げることができます!


▼設定手順
①通知設定用のチャットワークアカウントを開設する(無料)。 ※設定者のアカウントにも通知をするため必要となります
 ┗チャットワークアカウント新規作成方法はこちら>

②通知先のグループチャットワークを作成し。通知したいメンバーと「①」で作成したアカウントを招待する。
 ┗作成したグループチャットワークの参加者にメッセージ通知が届きます。

➂チャットワーク連携をする。
※自身のチャットワークアカウントではなく、「①」で作成したチャットワークアカウントを連携する
 ┗チャットワーク連携の方法はこちら>

④オペレーター名をクリック>⑤オペレーターリスト>⑥自身のオペレーターの「編集」をクリック


⑦1:1トークで受信したメッセージをチャットワーク通知するを「有効」>⑧通知対象とするBOTと通知先のトークルームを選択>⑨保存


⑩スマホから通知対象とするBOTにメッセージを送り通知が届けば完了


▼補足
・LINEアプリよりメッセージを送信後、1分後にチャットワークへの通知が開始されます。
 ※通知は10件単位で通知が行われ、10件以上通知対象のメッセージがある場合、ChatworkのAPIの仕様制限により10秒待機してから、その後の10件を通知する仕様となります。

・設定手順「➂」のチャットワーク連携で自身のチャットワークアカウントを連携した場合は、自身のチャットワークアカウントには通知が来ません。

運営側から特定ユーザーのLINEをブロックする方法

運営側(オペレーター)から特定ユーザーのLINEをブロックすることで、特定ユーザーを「一斉配信メッセージ」「ステップメッセージ」の配信対象から自動で除くことできます。
また、ブロックをすることでECAI上の有効友だち数にカウントされなくなります。(ブロックすると有効友だち数が1減る)

ユーザーからのメッセージ受信はでき応答メッセージは反応します。
1:1トークからの個別メッセージは配信はされます。


▼ブロック手順

①会員

②会員リスト
➂LINEブロックする会員の「詳細」をクリック
④会員情報を編集
⑤オペレーターによるLINEブロックを「する」にチェック

⑥保存する


▼補足
・複数会員を一括でブロックにすることはできません。
・オペレーターによるLINEブロックを「しない」にすることで、ブロックを解除できます。

機能改善#042┃ポイントをユーザー側で確認できるようになりました!

現在保有しているポイントをユーザー側で確認できるようになりました!

応答メッセージを使用して保有ポイントを出すことが可能です。
「ポイント確認」をキーワードに設定すれば、「ポイント確認」を発言した際にポイント表示することができます。

▼応答メッセージ設定画面


▼スマホ画面

お客様チェックシート┃既存の友だち登録時のタグ付与でエラー表示になる
既存の友だち登録時にタグ付与でエラー表示になるときは下記ご確認ください。

①LINEログインチャネルの設定があっているかどうか。
 LINEログインチャネルの設定の確認方法はこちら>

②対象のBOTの「LINEログイン」と「Messaging API」のチャネルが同じプロバイダーで作成されているか。
 同じプロバイダーで作成されているかの確認はこちら>


全てをチェックいただいても解決できなかった際はサポートまでご連絡くださいませ。
お客様チェックシート┃ECAI側でステップメッセージが送られているのに、ユーザー側(スマホ)にメッセージが届いていない。

ECAI側でステップメッセージが送られているのに、ユーザー側(スマホ)にメッセージが届いていない際に下記をご確認ください。


①ECAI上で会員削除をしスマホ側でLINEのブロック解除を行い、ステップメッセージが届くか確認。
 ┗会員削除方法はこちら>


②LINE Official Account ManagerでLINEアカウントの配信上限数が超えていないか確認。
 ┗LINEアカウントの配信上限数の確認方法はこちら>


全てをチェックいただいても事象発生している際は、LINE側のメッセージ送信エラーになります。LINE側からのエラー詳細の開示がないため原因が不明確となります。

オリジナルフォーム内でLINE名、ECAI IDを表示させる方法
■目的 
オリジナルフォーム内で「LINE名」や「ECAI ID」を表示させたいときに使用します。


■活用事例
(1)
LINE名の場合は、オリジナルフォームのテキスト内で呼び出すことができます。
ユーザーへのパーソナルな訴求が可能となります。

(2)
ECAI IDに関してはテキスト内で使用することはあまりないのですが、
外部サービスのスプレッドシートなどに回答を送信した時に、ECAI IDを送ることでユーザーを突合(特定)することができます。
オリジナルフォームのスプレッドシート通知>


■セット所要時間 
10分

■セットの流れ
サンプルページをブラウザ上でソースコードをご確認いただくか、ファイルをダウンロードして内容をご確認ください。
サンプルページ> 
サンプルダウンロード> 

※ソースコード確認方法 
対象ページをChromeブラウザで開いて下記操作を行ってください。 
windows:Ctrl + U 
mac:option + command + U


■編集ファイル:index.html

(1)
サンプルページを参照し、LINE名、ECAI IDを取得するコードを</body>の上に追加
<!-- 削除禁止 -->
<script>
	//会員チェック
	function CheckMemberProc() {
		var uid = $("#useridfield").val();
		var fid = $("#fid").val();
		var botid = $("#bot_id").val();
		$.ajax({
			type: "POST",
			url: "/api/member/info",
			dataType: 'json',
			data: {
			"uid": uid,
			"fid": fid,
			"bot_id": botid
			},
			success: function(j_data) {
				if (j_data['error_code'] == 500) {
					alert("会員は登録されていません。");
				} 
				else {
					$("#ecai_id").text(j_data['result']['ecai_id']);
					$("#nickname").text(j_data['result']['nickname']);
				}
			},
			error: function(XMLHttpRequest, textStatus, errorThrown) {
			},
			complete: function() {removeLoading();}
		});
	}
</script>
<!-- 削除禁止 -->
(2)
サンプルページを参照し、LIFFの呼び出し部分で(1)の「CheckMemberProc();」を追加
(3)
挿入したい任意の場所に下記を追加

LINE名
<span id="nickname"></span>
ECAI ID
<span id="ecai_id"></span>
■内部API仕様

【エンドポイント】
/api/member/info

【DataType】
POST:json

【Request】
uid: String     必須 LineUserId
fid: Number     必須 フォームID
bot_id: Number 必須 BOT_ID

【Response】
error_code 正常な場合は「200」、指定されたBOT、フォーム情報、会員情報が存在しない等の場合は「500」
result error_codeが500の場合は空、会員情報が取得出来た場合は、「ecai_id」「nickname」を返却
※Requestの必須パラメータが正しく指定されていない場合は、HTTPステータスコードが422で返却される


ガイドの内容はあくまでもサンプルになります。  そのまま使用できない場合は対応するフォームにあわせての編集をお願いします。   表示設定が正常にできない場合、ソースチェックの有償サポートも行っております。  ご希望の場合は設定代行バナー、もしくはお問い合わせLINE、チャットワークよりご依頼をお願いします。