広告リストのLPクリック数、LCV(友だち登録数)の設定
■目的 
広告コードを使用して、広告からのLPクリック数、LCV(友だち登録数)を計測します。
1つのLPで複数コードの運用が可能です。


■セット所要時間 
10分


■セットの流れ

(1)広告リスト作成
広告リストの作成方法はこちら>
※ECAI管理画面の広告リストごとに1つの広告コードが発行されます。
(2)広告リスト > 設定方法
(3)「LPからの計測」の設定
①LPページの友だち登録ボタン・リンクに下記のリンクタグ(href)を設定してください。
②LPページにトラッキングコードを追加してください。
③LPページのURL末尾に広告コードを追加したキャンペーンURLを生成し、広告に使用してください。
入力欄にURLを入れると、末尾に広告コードが追加されたURLが自動で生成されます。
※LPページ(友だち登録ページ)の例
※<head>内に下記Jquery本体の読み込みがない場合は設置する
<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/2.1.4/jquery.min.js"> </script>
(4)設定完了
(3)の③で生成したキャンペーンURLを使用し、LPクリック数、LCV(友だち登録数)の計測を開始してください。




【運用上の注意点】
・計測には広告コード付きのキャンペーンURLを使用してください。
・計測するページ内に、友だち登録ボタンを設置してください。計測するページと友だち登録ページが異なる場合は、広告コードを持ちまわす必要があります。
・LPページ読み込み時にJavascriptのエラーが発生した場合は計測されません。

LPページと友だち登録画面の間に中間ページを設置する方法
参考
LPページ:https://help.ecai.jp/form/add_friend_lp2/?ecaiad=aaaaaaa
中間ページ:https://help.ecai.jp/form/add_friend_lp2/cv.html
ファイルDL:https://help.ecai.jp/form/add_friend_lp2.zip


広告リストの作成、設置方法は下記ガイドを参照ください。
⇒広告計測・流入元計測1つのLPで複数の広告リストを計測する方法


中間ページにて、ECAIのコードを渡す必要がない場合はリダイレクト設定のみ行ってください。
 

(1)【設定に必要な項目】
広告 > 広告リスト > 設定方法 > LPからの計測

 A.中間ページに設定 ※(3)-I参照
 B.LPページタグの上に挿入してください ※(2)-G参照
 C.LPページのURLは生成されたキャンペーンURLを使用してください。
↓
(2)【LPページの設定】
D.aタグのボタン部分にはclass="add_friend"と空のhrefを設定してください。
E.(1)-Cで生成されたURLのGETパラメータを取得するコードを追加 
F.中間ページのURLの末尾に「?ecaiad=」を足してセットする
G.(1)-Bを</body>タグの上に挿入
(3)【中間ページの設定】
H.広告コードの引継ぎとリダイレクト設定
I.(1)-Aの広告コード部分を削除してセットする
タグを付けることができるアクション一覧

▼タグを付けることができるアクション一覧

・会員リスト(※1)
・タグの自動設定(※2)
・一斉配信メッセージ(※3)
・応答メッセージ(※3)
・ステップメッセージ(※3)
・リマインドメッセージ(※3)
・ポストバック(※4)
 ┗カルーセル
 ┗画像カルーセル
 ┗ボタン
 ┗選択ボタン
 ┗クイックリプライ
 ┗リッチメニュー
・1:1トーク(※5)
・広告リスト(※6)
・LIFF(オリジナルフォーム)(※7)


各アクションのタグ操作箇所は下記画像をご確認ください。

▼会員リスト(※1)


▼タグの自動設定(※2)


▼一斉配信メッセージ・応答メッセージ・ステップメッセージ・リマインドメッセージ(※3)


▼ポストバック(カルーセル・画像カルーセル・ボタン・選択ボタン・クイックリプライ・リッチメニュー)(※4)


▼1:1トーク(※5)


▼広告リスト(※6)


▼LIFF(オリジナルフォーム)(※7)
オリジナルフォームで、送信ボタンを押したらタグを付与する方法はこちら>

1つのオリジナルフォームで複数のCVタグを設置する方法
1つのオリジナルフォームで複数の広告リストのCVタグ設置する方法の説明です。

オリジナルフォームでCV計測する方法については下記をご確認下さい。
オリジナルフォームでCV計測する方法はこちら>


1つのオリジナルフォームで複数の広告リストを扱う場合は、CVタグのコードを動的に設定する必要があります。
そのため流入ページ(LP、オリジナルフォーム)から完了ページに広告コードを引き継ぐ必要があるのですが、オリジナルフォームの完了ページに広告コードは引き継げません。
そこで、流入ページで送信ボタンが押されたときに、CVタグが発火するように設定をしていきます。


下記フォームサンプルページを元に説明します。
フォームサンプルページをブラウザ上でソースコードをご確認いただくか、ファイルをダウンロードして内容をご確認ください。
>フォームサンプルページ
>フォームサンプルダウンロード

※ソースコード確認方法
対象ページをChromeブラウザで開いて下記操作を行ってください。
windows:Ctrl + U
mac:option + command + U


対応ファイル:index.html
①空のCVタグを設置
②キャンペーンURLのコードを取得
③送信ボタンを押したときのイベントを設定(バリデーションがOKな時に発火)
④ ①のvalueに②で取得したの広告コードをセット
⑤ CVタグを発火させるために⑥のトラッキングコードを呼び出す
⑥クリック計測用にトラッキングコードを設置

※計測するには、必ず広告リストのキャンペーンURLを生成して使用して下さい。
機能改善#024┃広告リストが確認しやすくなりました!

広告リストの確認と絞り込みが分かりづらかったのですが、表示方法と絞り込み形式を変えたことで確認しやすくなりました!
広告リストを探す時間を省き、対応時間の短縮に貢献します!

広告リスト「QRコードページ表示数」について

QRコードページ表示数はメールや同梱物など、直接URLを読み込まれる際に発火する数字になります。
QRコード表示数の改善はできないため、数字を改善する際はメールの内容・同梱物のデザインの修正をして数字改善をお願いします。

また数字改善の計算方法は下記になります。

例)
LCV÷メールの送信数×100=登録率
LCV÷同梱物発送数×100=登録率

上記の計算にて登録率が出せるのでメール送信数・同梱物発送数をだして数字改善を行ってください。

▼QRコードページ表示数

広告リストの表示アップデートについて
2022/7/28のアップデートにより、広告リストの計測表示が「直接計測」と「LPからの計測」に分かれて表示されるようになりました。
それまでの計測はすべてLPクリックの表示になっております。
直接計測の表示にするには、広告の編集画面より計測設定を直接計測にご変更下さい。


「直接計測」と「LPからの計測」のLCVは合算した数値が入ります。
計測数値をリセットする場合は、新たにコードを設定し計測を行ってください。
それぞれの用途、仕様につきましては下記ガイドをご確認下さい。
「直接計測」「LPからの計測」「商品購入数の計測」の用途、仕様の違いについて>
機能改善#056┃「広告リスト一覧画面」「代理店画面の広告効果」で期間絞り込みができるようになりました!

■目的
今までは広告コード毎でないと期間絞り込みができなかったが、広告コード一覧で期間絞り込みできることで作業効率をアップさせるため。

■セット所要時間
無し(設定不要)

■セット箇所
広告>広告リスト

デフォルトで直近7日間の期間絞り込みがされています。確認したい期間を選択肢絞り込みしてご使用ください。

▼広告リスト一覧画面


▼代理店画面の広告効果

トラッキングコードとは?
広告メニューで「LPからの計測」、「CVを計測」を行うときに使用するコードです。


(1)広告リスト > 設定方法

(2)LPからの計測
②をコピーしてご使用ください。
広告コードの計測件数からテスト分を削除できるか?

広告コードの計測件数からテスト分を削除することはできません。

実装前に動作テストをした際は、実施時に新たに広告コードを発行し本番用としてご使用ください。
※テスト用の広告コードが不要な場合は削除

広告コード発行方法はこちら>

▼広告コードの削除
該当の広告コードの「編集」をクリックし「削除」