診断風メッセージの作成方法(クイックリプライ応用)
上記の動画のような、診断風メッセージを作成するには、「応答メッセージ」「クイックリプライ」を組み合わせて作成します。

こちらをサンプルとして説明します。

【サンプル例】
診断-Q1診断-Q2診断-Q3
↓
診断結果
↓
クーポンコード表示

【準備すること】
①質問分と結果表示の応答メッセージ
※質問の数によって用意する数も変わります。
※回答内容によって質問分岐させる場合は、その分の応答メッセージを用意する必要があります。
②応答メッセージで次の質問を呼び出すためのクイックリプライ
※クイックリプライ1→診断-Q2の呼び出し
※クイックリプライ2→診断-Q3の呼び出し
※クイックリプライ3→診断結果の呼び出し
【設定手順】
■診断-Q1の応答メッセージ設定
③タイトルの設定
④呼び出すためのキーワードを設定(複数設定可)
⑤質問1の内容をクイックリプライで設定
※診断-Q2、診断-Q3も同じように設定してください。
■診断結果の応答メッセージ設定
⑥タイトルの設定
⑦クイックリプライで呼び出すためのキーワードを設定(複数設定可)
⑧診断結果として見せたいコンテンツを設定
⑨クーポンなどを表示させる場合はテキストなどで設定
※⑧、⑨の内容を1つずつ見せたい場合は、応答メッセージをさらに個別に設定してください。
■クイックリプライの設定(質問内容)
⑩タイトルの設定
⑪表示させる質問テキストを記入
⑫回答内容の記入
⑬、⑫と同じ内容にする
※こちらの回答で次の応答メッセージを呼び出すようにする
⑭必要な回答を追加する
※クイックリプライ2、クイックリプライ3も同じように設定してください。
設定方法は以上となります。
自由度が高いため、その他必要な要件がございましたら要件に合わせてカスタマイズしていただけたらと思います。
応答メッセージの反応数

応答メッセージの反応数は、

①左サイドメニューの分析

②応答メッセージ

より確認可能です。

応答メッセージで平日と土日のメッセージを変えたい
平日用と土日用の応答メッセージを2つ用意していただき、曜日別の時間帯設定を行ってください。
応答するキーワードは同じものを入れて下さい。

応答メッセージの新規作成についてはこちら>


【平日の設定】
平日は全時間帯応答で、土日は応答なし


【土日祝日の設定】
土日は全時間帯応答で、平日は応答なし
指定のタグが付いていないと、フリーメッセージ許可しない方法
応答メッセージのターゲット指定でタグ除外設定を行います。
友だち登録したユーザーがフリーメッセージを送った後にブロックしてしまうのを防ぐことができます。


(1)メッセージ > 応答メッセージ > 追加
※応答メッセージの作成方法はこちら>
(2)応答メッセージ設定
①任意の管理名入力
②ステータスはオン
③キーワード設定はなし(チェックしない)
↓

④ターゲット 絞り込みにチェック
⑤タグの除外設定
※ここで設定したタグが付いていない人に対して、応答メッセージを送ります。
※本人確認フォームで付与するタグを指定
↓

⑥メッセージテキストを入力
┗⑤のタグが付いていないユーザーにこのメッセージが流れます。
⑦保存
写真が送られてきた場合に、自動応答することは可能ですか?

送られてきた画像(写真)に対して、応答メッセージなどで自動応答することはできません。

オリジナルフォームの画像アップロードが可能になりましたので、送られた画像に対してメッセージの配信などアクションを取りたい場合はこちらをご使用ください。

オリジナルフォームで画像をアップロードする方法>

何かしらのアクションがあったユーザーに対してステップメッセージを送信させない方法
■目的
ステップメッセージの途中で何かしらのアクションがあったユーザーに対してはそのステップメッセージを送信させたくない時に使用します。

■セット所要時間
5分

■セットの流れ
仮にアクションが応答メッセージだった場合は以下の方法となります。

(1)
ユーザーから発言があった際に応答メッセージにて自動返信をする
この際にタグを付与するようにします。
(2)
ステップメッセージの設定で(1)のタグが付与されたユーザーを除くようにする