LINE公式アカウントとECAIをつなげる(連携する)。
①BOT選択をクリック

②「LINE公式アカウントリスト」をクリック


➂「追加する」をクリック


④「LINEアカウント名」を入力
┗ECAIで管理するためのアカウント名を入力

⑤「友だち追加URL」を入力
┗確認手順は下記【1】を参照

⑥「Channel Id」を入力
┗確認手順は下記【2】を参照

⑦「Channel Secret」を入力
┗確認手順は下記【2】を参照

⑧「LINEログイン用 Channel Id」を入力
┗確認手順は下記【3】を参照

⑨「LINEログイン用 Channel Secret」を入力
┗確認手順は下記【4】を参照

⑩「保存する」をクリック


⑪LINE Official Account Managerにログインする
https://manager.line.biz/

⑫連携するアカウントをクリック

⑬設定

⑭Messaging API

⑮「⑩保存」のあとに発行されたWebhook URLを貼り付けて「保存」

⑯応答設定

⑰チャットを「オフ」にする

⑱あいさつメッセージ「オフ」にする
※「オン」だとLINE Official Account ManagerとECAIの両方からあいさつメッセージが送られてしまうためECAIのみの設定にする

⑲Webhookを「オン」にする

⑳応答メッセージを「オフ」にする
┗LINE Official Account Manager側で応答メッセージを「オフ」にすることで、ECAI側の応答メッセージが有効になります

㉑友だち追加しLINEのユーザー情報がECAIに反映されれば正常に連携が完了となります




⑥⑦⑧⑨の確認手順

▼【1】コピーして⑤に入力する
確認手順:LINE Official Account Manager>>Messaging API


▼【2】コピーして⑥⑦に入力する ※下記表示が出ていない方は【2-1】~【2-6】を確認
確認手順:LINE Official Account Manager>友だちを増やす>友だち追加ガイド

【2-1】Messaging APIを利用する


【2-2】プロバイダーを作成
 ┗リストにプロバイダーが無い場合は、新規で作成(会社名・ブランド名)

【2-3】同意する


【2-4】「プライバシーポリシー」「利用規約」は任意のため入れなくても良い

【2-5】OK


【2-6】OKをクリックし完成


▼【3】コピーして⑧に入力
確認手順:LINE Developers>LINEログイン>今すぐはじめよう>プロバイダー選択>LINEログインチャンネルをクリック
LINE Developers:https://developers.line.biz/ja/
LINEログインチャネルの新規作成方法はこちら>


▼【4】コピーして⑨に入力
確認手順:LINE Developers>LINEログイン>今すぐはじめよう>プロバイダー選択>LINEログインチャネルをクリック
LINE Developers:https://developers.line.biz/ja/
LINEログインチャネルの新規作成方法はこちら>

shopifyとのAPI連携方法「shopify×ECAI」

①shopifyにログインしてアプリ

②検索窓に「ECAI」で検索


➂ECAIをクリック


④アプリを追加する


⑤アプリをインストール

インストールが完了すると下記ページに切り替わります。


⑥ECAIのログインURL・ID・PASSを入れて「確認」ボタンをクリック


⑦連携するLINE公式アカウントを選択

⑧「連携する」をクリック


⑨ECAIにログインして、コンテンツ>外部連携

⑩連携済みになっていれば連携完了



shopifyとのAPI連携直後の受注データ更新頻度は下記をご確認ください。
⇒カート連携頻度はこちら


★重要★
・1shopifyで1LINE公式アカウントとの連携になりますので、
API連携するアカウントは施策を考えて慎重にお選びください。
(途中でAPI連携をするLINE公式アカウントを変更することは可能です。)


・推奨は、公式アカウントとの連携になります。
(購入商品、購入回数などでクロスセル、アップセルの出し分けが可能になりよりCVRが上がることが予想されるためです。)

shopifyとAPI連携するとできること「Shopify×ECAI」
▼連携トリガー
 メールアドレスの一点一致

▼API連携とは
メールアドレスの一点一致でShopify内の情報とECAI内のLINE情報が紐づくことです。
※購入データが無い未購入ユーザーでもメールアドレスが一致すればAPI連携されます

▼メールアドレスの取得方法について
ECAIの会員リスト情報にメールアドレスの登録がされていれば連携できます。
そのため、メールアドレスを「オリジナルフォームで取得」「直接会員リストに登録」のどちらでも連携することが可能です。

▼ECAI側で取得できるもの
 ┗商品名
  ┗商品名になるので同じ商品でセット販売、料金違いがある際は商品名を変更してご登録をお願いします。
 ┗購入日時
 ┗※購入回数の取得は不可です。ただしMikawayaアプリと連携で取得可能です。
 ┗購入金額
 ┗カート側顧客番号
 ┗※定期ステータスの取得は不可です。ただしMikawayaアプリと連携で取得可能です。

→Mikawayaアプリとの連携方法「shopify×ECAI×ECAI」

▼連携するとできること
①
取得情報にて絞り込みができます。絞り込み情報に対して一斉タグ付与が可能ですので
対象者だけに一斉配信、ステップ配信、リッチメニューの変更が可能になります。


※1:1トーク画面で購入情報を見ながら1:1対応が可能です。(未購入ユーザーの場合は顧客管理番号のみ反映されます)
※2:矢印の場所をクリックするとshopify側の顧客管理の、該当ユーザーページにジャンプします。


直近3ヶ月、最新12件の購入履歴ができます。
⇒購入履歴の設置方法はこちら

ecforceと連携するとできる事

▼連携トリガー
電話番号の一点一致


▼API連携とは
電話番号の一点一致でeforce内の情報とECAI内のLINE情報が紐づくことです。

※受注データが1つもない顧客データの場合は連携されません。




▼ECAI側で取得できるもの
┗定期商品コード
┗商品コード
┗購入日時
┗購入回数
┗購入金額
┗継続ステータス (指定しない、定期継続中、解約済み、休止)
┗カート顧客ID


▼連携するとできること

取得情報にて絞り込みができます。絞り込み情報に対して一斉タグ付与が可能ですので
 対象者だけに一斉配信、ステップ配信、リッチメニューの変更が可能になります。



※1:1トーク画面で購入情報を見ながら1:1対応が可能です。
※2:矢印の場所をクリックするとecforce側の個人の方のページにジャンプします。


▼補足
・ecforceとの連携によって定期のサイクル変更や定期商品変更はできません。


LINE公式アカウントのアカウント権限譲渡方法

ECAIにLINE公式アカウントを連携するためには「LINE公式アカウント作成」「LINEログインチャネル作成」が必要です。
すでに「LINE公式アカウント作成」「LINEログインチャネル作成」を作成しているが、権限が無く設定内容の確認ができない場合は、下記手順にて作成者から権限譲渡をしてもらってください。


▼LINE公式アカウント権限譲渡方法


①LINE Official Account Managerにログインする
https://manager.line.biz/

②権限譲渡するアカウントを選択


➂設定

④権限管理

⑤メンバーを追加


⑥URLを発行
※権限の種類は「管理者」

⑦URLをコピー

⑦のURLをLINE公式アカウント作成者からもらい、クリックすることで自身LINE Official Account ManagerにLINE公式アカウントが紐付きます。


▼LINE Developers権限譲渡方法

※最大で3箇所「招待メールを送信」する場所があります

⑧LINE Developersにログインする
https://developers.line.biz/ja/

⑨コンソール


⑩ECAI

⑪権限設定


⑫メールアドレスを入れる
※この作業は相手先に対応してもらう作業のため、事前に自身のメールアドレスを送るようにしてください

⑬権限を「Admin」にする

⑭招待メールを送信


⑮プロバイダーを選択

⑯「LINEログイン」チャネルを選択
※「LINEログイン」チャネル対応後に「Messaging API」チャネルも同じ手順で権限譲渡をしてください


⑰権限設定

⑱メールアドレスを入れる
※この作業は相手先に対応してもらう作業のため、事前に自身のメールアドレスを送るようにしてください

⑲権限を「Admin」にする

⑳招待メールを送信


定期購買アプリとShopifyを連携するとできること「Shopify×定期購買×ECAI」
定期購買アプリ(Shopify)との連携には、必ずShopifyとECAIのAPI連携が必要になります。
⇒shopifyとのAPI連携方法

▼「Shopify×ECAI」と「Shopify×定期購買×ECAI」の違い
「Shopify×定期購買×ECAI」することで、ECAI上で定期のステータスを表示・管理することが可能になります。
購入回数の取得も可能となりますため、購入回数での会員絞り込みも可能となります。
▼連携トリガー
  メールアドレスの一点一致

 ▼API連携とは
 メールアドレスの一点一致でShopify内の情報とECAI内のLINE情報が紐づくことです。
定期購買アプリとShopifyを連携することで、定期購買アプリの情報をShopifyに反映させECAIで取得できるようになります。
 ※購入データが無い未購入ユーザーでもメールアドレスが一致すればAPI連携されます
 ※定期購買アプリの情報は定期購買アプリのタグ設定以降のものしか取得できません。(タグ設定する以前の注文には定期購買アプリの情報が取得されない)
 
▼メールアドレスの取得方法について
 ECAIの会員リスト情報にメールアドレスの登録がされていれば連携できます。
 そのため、メールアドレスを「オリジナルフォームで取得」「直接会員リストに登録」のどちらでも連携することが可能です。
 
▼ECAI側で取得できるもの
  ┗商品名
  ┗購入日時
  ┗購入回数 ★定期購買の連携で取得可能
  ┗購入金額
  ┗カート側(Shopify)顧客番号
 ┗定期ステータス ★定期購買の連携で取得可能

▼連携するとできること
 ①
 取得情報にて絞り込みができます。絞り込み情報に対して一斉タグ付与が可能ですので
 対象者だけに一斉配信、ステップ配信、リッチメニューの変更が可能になります。
 ※タグの自動設定機能を使用することで自動タグ追加も可能
 ⇒タグの自動設定の設定方法はこちら



※1:1トーク画面で購入情報を見ながら1:1対応が可能です。(未購入ユーザーの場合は顧客管理番号のみ反映されます)
※2:矢印の場所をクリックするとshopify側の顧客管理のページにジャンプします。



直近3ヶ月、最新12件の購入履歴が確認できます。
⇒購入履歴の設置方法はこちら
※下記画像の「定期コース名」「お届けサイクル」は反映されません
※「お届け予定日」はShopify側の「配送日の指定」で設定されている日付が表示されます
※配送方法は「クロネコヤマト」「佐川急便」「郵便」以外は表示されません


⇒定期購買アプリ(Shopify)との連携方法はこちら

MikawayaアプリとShopifyを連携するとできること「Shopify×Mikawaya×ECAI」
Mikawayaアプリ(Shopify)との連携には、必ずShopifyとECAIのAPI連携が必要になります。
⇒shopifyとのAPI連携方法

▼「Shopify×ECAI連携」と「Mikawaya×shopify×ECAI連携」の違い
「Mikawaya×shopify×ECA連携」することで、ECAI上で定期のステータスを表示・管理することが可能になります。
購入回数の取得も可能となりますため、購入回数での会員絞り込みも可能となります。

▼連携トリガー
  メールアドレスの一点一致

 ▼API連携とは
 メールアドレスの一点一致でShopify内の情報とECAI内のLINE情報が紐づくことです。
 MikawayaアプリとShopifyを連携することで、Mikawayaアプリの情報をShopifyに反映させECAIで取得できるようになります。
 ※購入データが無い未購入ユーザーでもメールアドレスが一致すればAPI連携されます
 ※Mikawayaアプリの情報はShopifyと連携後のものしか取得できません。(過去の注文にはMikawayaアプリの情報が取得されない)
 
▼メールアドレスの取得方法について
 ECAIの会員リスト情報にメールアドレスの登録がされていれば連携できます。
 そのため、メールアドレスを「オリジナルフォームで取得」「直接会員リストに登録」のどちらでも連携することが可能です。
 
▼ECAI側で取得できるもの
  ┗商品名
  ┗購入日時
  ┗購入回数 ★Mikawayaの連携で取得可能
  ┗購入金額
  ┗カート側(Shopify)顧客番号
 ┗定期ステータス ★Mikawayaの連携で取得可能

▼連携するとできること
 ①
 取得情報にて絞り込みができます。絞り込み情報に対して一斉タグ付与が可能ですので
 対象者だけに一斉配信、ステップ配信、リッチメニューの変更が可能になります。
 ※タグの自動設定機能を使用することで自動タグ追加も可能
 ⇒タグの自動設定の設定方法はこちら



※1:1トーク画面で購入情報を見ながら1:1対応が可能です。(未購入ユーザーの場合は顧客管理番号のみ反映されます)
※2:矢印の場所をクリックするとshopify側の顧客管理のページにジャンプします。



直近3ヶ月、最新12件の購入履歴が確認できます。
⇒購入履歴の設置方法はこちら
※下記画像の「定期コース名」「お届けサイクル」は反映されません
※「お届け予定日」はShopify側の「配送日の指定」で設定されている日付が表示されます
※配送方法は「クロネコヤマト」「佐川急便」「郵便」以外は表示されません


⇒Mikawayaアプリ(Shopify)との連携方法はこちら

サイトに公開されていないサービスとAPI連携できますか

サイトに公開していないサービスとのAPI連携は現在行っておりません。
(shopifyとの連携は開発中 ※完了日未定)

お客様チェックシート┃shopifyとAPI連携できない

ECAIにてshopifyとAPI連携できない。という事象の際に下記をご確認ください。


①カートドメインに「http://」が付いてしまっている。
 ※https://★★★★★★/admin 左記の★の部分のみを挿入します


②APIキーが正しいものになっているか
 ※APIキーはshopify側より発行され数字と英字の羅列となります。


➂ECAIのパスワードを入れてしまっていないか。
 ※ここに入れるのはshopify側で発行されるAPIのアクセストークンになります
 ⇒shopifyのAPIのアクセストークン確認方法はこちら


④パスワードとAPIキーを逆に入力していないか。
 下記画像のパスワードの赤字部分を、Shopify連携設定のパスワードに入力します。
 下記画像のAPIキーの赤字部分を、Shopify連携設定のAPIキーに入力します。


全ての事象をチェックいただいても解決できなかった際はサポートまでご連絡くださいませ。

新機能 vo.4

サブスクストア様とAPI連携が可能になりました!

elinkではAPI連携をしておりましたが、ECAIでもAPI連携がスタートしました!
これにより、

・お客様の購入情報ごとにセグメント配信
・購入データをもとにリッチメニューの変更

などができるようになり、より対象のお客様が必要な情報だけを送信できるようになりました。
ぜひ、LTVアップにご活用ください。

気になる金額ですが、ECAIにて追加料金は発生いたしません。
さらに!
API連携に関しまして多くのお客様に使っていただき、
LTVアップをしていただきたいというテモナ様のご厚意で大幅値下げが実現しました!

▼新価格 (※2021年7月14日(水)~)
初期費用:59,800円 → 0円
月額費用:49,800円 → 5,000円
新規従量:10円    → 0円
既存従量:1円    → 0円

(※こちらの金額はテモナ様にお支払いいただく金額になります。)
サブスクストアのご利用のお客様でAPI連携を使用したい!
という方は下記の流れにて設定をお願いします!

サブスクストアとECAIのAPI連携方法>

定期購買アプリ(Shopify)との連携方法


定期購買アプリ(Shopify)との連携には、必ずShopifyとECAIのAPI連携が必要になります。
⇒shopifyとのAPI連携方法


定期購買アプリをインストールすることでShopifyでの定期通販を運営することが可能となります。

定期購買アプリをインストールする必要がありますため、インストールしてから下記手順にてご設定くださいませ。
※定期購買アプリのインストール後の設定等につきましては定期購買さんにお問い合わせくださいませ

▼設定手順
①アプリ

②定期購買を選択


➂一般設定

④タグ設定のチェック項目全てにチェックを入れ、保存をクリック


▼重要
定期購買アプリのタグ設定以降の注文に対して適用されます。
定期購買アプリのタグ設定前、設定後が混在する注文については、設定前の注文は単品表示され、設定後の注文は定期表示されます。
(会員様によっては5回目、6回目、7回目等中途半端な開始表示がされる場合が御座います。)


定期購買アプリとShopifyを連携するとできることはこちら

お客様チェックシート┃ecforceとAPI連携できない

ECAIにてecforceとAPI連携できない。という事象の際に下記をご確認ください。


①カートドメインに「http://」が付いてしまっている。
 ※http://★★★★★★/admin/ 左記の★の部分のみを挿入します
 ※「http://」の後に、「www.」が付いている場合「www.」も付けないで記入してください


②ECAIメールアドレス・パスワードを入れてしまっていないか。
 ※ここに入れるのはecforceのログインに使用するメールアドレス・パスワードになります



➂API用ドメインが正しいものになっているか。
 ※ecforceから発行されるのは「api.●●●●.jp」のような羅列になります


全ての事象をチェックいただいても解決できなかった際はサポートまでご連絡くださいませ。

Mikawayaアプリ(Shopify)との連携方法


Mikawayaアプリ(Shopify)との連携には、必ずShopifyとECAIのAPI連携が必要になります。
⇒shopifyとのAPI連携方法


MikawayaアプリをインストールすることでShopifyでの定期通販を運営することが可能となります。

Mikawayaアプリをインストールする必要がありますため、インストールしてから下記手順にてご設定くださいませ。
※Mikawayaアプリのインストール後の設定等につきましてはMikawayaさんにお問い合わせくださいませ

▼設定手順
①アプリ管理

②Mikawaya Subscriptionを選択


➂設定

④タグ設定のチェック項目全てにチェックを入れ、保存をクリック


▼重要
こちらは3月末にリリースされたMikawayaアプリの新機能になる為、設定以前の注文に対しては適用されず、設定後から発生した新規注文にのみ適用されます。
 上記の設定前、設定後が混在する注文については、設定前の注文は単品表示され、設定後の注文は定期表示されます。
(会員様によっては5回目、6回目、7回目等中途半端な開始表示がされる場合が御座います。)


⇒MikawayaアプリとShopifyを連携するとできることはこちら

お客様チェックシート┃楽楽リピートとAPI連携できない

ECAIにてecforecとAPI連携できない。という事象の際に下記をご確認ください。


①カートドメインに「http://」が付いてしまっている。
 ※http://★★★★★★/admin/ 左記の★の部分のみを挿入します


②クライアントIDが正しいものになっているか。
 ※クライアントIDは楽楽リピート側で発行され数字と英字の羅列となります。
 ⇒クライアントIDの確認方法はこちら


➂シークレットIDが正しいものになっているか。
 ※シークレットIDは楽楽リピート側で発行され数字と英字の羅列となります。
 ⇒シークレットIDの確認方法はこちら

ECAIとカート連携をスムーズに行う設定方法
下記手順に沿って連携を進めていただきますと、連携の途中でメッセージやタグの付与が行えます。
登録したユーザーをスムーズに連携完了まで誘導していただけます。


(1)本人確認フォームの入力
本人確認フォームの作成方法はこちら>


↓↓↓


(2)登録ボタンクリック後、「本人情報の確認中」を次のページで表示
※表示内容につきましては自由に編集できます。
編集が必要な際は下記ガイドを参照ください。
フォームを閉じた後(送信後)のページを設定する方法


↓↓↓


(3)本人確認ページを閉じた直後にLINEでメッセージを送る方法
※こちらは必要な場合に設定してください。

(1)で付与されたタグに対して、タグをトリガーとしたステップメッセージを組みます。
「タグトリガーステップメッセージ」の作成方法

↓↓↓


(4)(連携済)タグを作成しカート連携できた人に付与

タグの作成方法はこちら>

カート連携時にタグを付与する方法はこちら>

※カートにより連携できるまでの時間に差があります。
カート連携頻度>

↓↓↓


(5)カート連携できた人にメッセージを送る
(4)で付与した「連携済タグ」に対して、タグをトリガーとしたステップメッセージを組みます。
「タグトリガーステップメッセージ」の作成方法
お客様チェックシート┃リピスト(プレックス)とAPI連携できない

ECAIにてリピスト(プレックス)とAPI連携できない。という事象の際に下記をご確認ください。


①カートドメインに「http://」が付いてしまっている。
 ※http://★★★★★★/admin/ 左記の★の部分のみを挿入します


②アクセストークンが正しいものになっているか。
 ※リピスト(プレックス)から発行されるのは数字と英字の羅列となります


全ての事象をチェックいただいても解決できなかった際はサポートまでご連絡くださいませ。

【カート連携】受注情報を変更した際の反映までにかかる時間

カート連携(API連携)に必要な「電話番号」もしくは「メールアドレス」が、ECAI側とカート側とであっていない際に、カート側の受注情報を変更することでECAIとカート連携できるようになります。

カート側の受注情報を変更した際にECAIに反映(カート連携)されるまでは最大で6時間かかる場合があります。(平均2時間ほどで反映されます)

▼発生シーンの例
顧客情報と受注の電話番号が異なるため、顧客情報はECAIとカート側で一致しているのに「カート連携」がされない。

▼補足
・「配送番号」を受注データに反映するのも同じ反映時間になります。(対象:ヤマト・佐川・郵便)

LINE公式アカウントとECAIの連携設定(ver2)
LINE公式アカウントとECAIの連携には下記設定が必要になります。
ガイドに沿って設定を進めてください。

(1)LINE公式アカウント開設
(2)LINEログインチャネル設定
(3)Messaging API設定
(4)ECAIとLINE公式アカウント連携
(5)LINE公式アカウントのWebhook設定、切り替え
■(1)LINE公式アカウント開設
LINE公式アカウントの開設がまだの方は、下記より開設をお願いします。
https://www.linebiz.com/jp/signup/


■(2)LINEログインチャネル設定
LINEログインチャネルの新規作成方法はこちら>


■(3)Messaging API設定
Messaging APIの作成方法はこちら>


■(4)ECAIとLINE公式アカウント連携
ECAIの管理画面にログインします。
(ECAIサポートより発行されたもの)

①BOT選択をクリック > ②「LINE公式アカウントリスト」をクリック
↓

➂「追加する」をクリック
↓

④「LINEアカウント名」を入力
 ┗ECAIで管理するためのアカウント名を入力

↓

⑤「友だち追加URL」を入力

▼確認手順
LINE Official Account Managerにログイン > 連携するアカウントを選択
↓

友だち追加ガイド > 【1】をコピーして入力
↓

⑥「Channel Id」を入力
⑦「Channel Secret」を入力

▼確認手順
 LINE Official Account Managerにログイン  > 連携するアカウントを選択
↓

設定 > Messaging API > 【2】をコピーしてそれぞれ入力
※記載がない場合は下記ガイドを参照
Messaging APIの作成方法はこちら>

↓

⑧「LINEログイン用 Channel Id」を入力
⑨「LINEログイン用 Channel Secret」を入力

▼確認手順
LINE Developersログイン > コンソール > LINEログインチャンネルをクリック
※記載がない場合は下記ガイドを参照
LINEログインチャネルの新規作成方法はこちら>

↓

【3】をコピーして⑧「LINEログイン用 Channel Id」を入力
↓

【4】をコピーして⑨「LINEログイン用 Channel Secret」を入力
↓

⑩「保存する」をクリック
※保存のあとに発行されたWebhook URLはこの後に使用します。
■(5)LINE公式アカウントのWebhook設定、切り替え

⑪LINE Official Account Managerにログインする
https://manager.line.biz/

↓

⑫連携するアカウントをクリック
↓

⑬設定
⑭Messaging API
⑮「⑩保存」のあとに発行されたWebhook URLを貼り付けて「保存」
↓

⑯応答設定
⑰チャットを「オフ」にする
⑱あいさつメッセージ「オフ」にする
※「オン」だとLINE Official Account ManagerとECAIの両方からあいさつメッセージが送られてしまうためECAIのみの設定にする
⑲Webhookを「オン」にする
⑳応答メッセージを「オフ」にする
 ┗LINE Official Account Manager側で応答メッセージを「オフ」にすることで、ECAI側の応答メッセージが有効になります
設定お疲れさまでした。
友だち追加し、LINEのユーザー情報がECAIに反映されれば正常に連携が完了となります。
ECAIの運用をスタートしていきましょう!!
API連携とはお客様チェックシート┃サブスクストアとAPI連携できない

ECAIにてサブスクストアとAPI連携できない。という事象の際に下記をご確認ください。

①カートドメインに「http://」が付いてしまっている。
 ※https://★★★★★★/admin 左記の★の部分のみを挿入します


②アプリケーションIDが正しいものになっているか
 ※アプリケーションIDはサブスクストア側より発行され数字と英字の羅列となります。


➂シークレットキーが正しいものになっているか
 ※シークレットキーはサブスクストア側より発行され数字と英字の羅列となります。


全ての事象をチェックいただいても解決できなかった際はサポートまでご連絡くださいませ。

お客様チェックシート┃API連携(カート連携)ができているのに注文情報が反映されない

各カートの連携は「電話番号」または「メールアドレス」の一点一致によって行われます。
ECAIに登録されているユーザーの「電話番号」または「メールアドレス」が異なると連携されないため、注文情報の反映されません。

▼カート別 API連携トリガー
ECFORCE、リピスト(プレックス)、サブスクストア、楽楽リピート ⇒ 電話番号
Shopify ⇒ メールアドレス
※Shopifyのみメールアドレス

注文情報が反映されない場合は下記をご確認ください。

①ECAIに登録されている電話番号(またはメールアドレス)とカート側の注文(受注)データの電話番号が一致しているか。

②ECAIに登録されている電話番号(またはメールアドレス)とカート側の顧客データの電話番号が一致しているか。

➂ECAIに登録されている電話番号(またはメールアドレス)とカート側の定期注文(定期受注)の電話番号が一致しているか。

全ての事象をチェックいただいても解決できなかった際はサポートまでご連絡くださいませ。

新機能#43┃API連携(カート連携)の連携成功・失敗を即時判定することが可能になりました!

API連携(カート連携)の連携成功・失敗を即時判定することが可能になりました!

本人確認フォーム入力直後に成功・失敗の結果をユーザーに表示することができるため、連携率をアップさせることができます!

▼カート連携対応カート ※()内は連携トリガー

・リピスト、プレックス(電話番号の一点一致)
・サブスクストア(電話番号の一点一致)
・ecforce(電話番号の一点一致)
・楽楽リピート(電話番号の一点一致)
・Shopify(メールアドレスの一点一致)



▼設定手順
①「本人確認のカート連携成功時」「本人確認のカート連携失敗時」のタグをそれぞれ作成
 ┗タグの作成方法はこちら>


②「コンテンツ>LIFF」にて本人確認フォームの「設定」

➂「本人確認のカート連携成功時」「本人確認のカート連携失敗時」のタグをセット

④保存する

本人確認フォームの設定がまだの場合は新規作成をしてください。
作成方法はこちら>


⑤「本人確認のカート連携成功時」「本人確認のカート連携失敗時」のタグをトリガーとしたステップメッセージをそれぞれ作成
 ┗タグトリガーステップメッセージの作成方法はこちら>

▼例)連携成功時

・配信タイミング
トリガー日時の0日後の00:00後に送信する。

・メッセージ内容
連携が成功しました。


▼例) 連携失敗時

・配信タイミング
トリガー日時の0日後の00:00後に送信する。

・メッセージ内容
連携に失敗しました。入力情報に誤りがあります。また、ご購入が無い場合は商品購入後に連携されます。




▼補足(5つ)
【1】「フォームの種類」が「その他フォーム」の場合のみ設定が可能。


【2】アップロードしているフォームの項目に「電話番号」「メールアドレス」が存在し、外部連携が「連携済み」の場合にのみ即時でカート連携を行います。


【3】入力されたメールアドレス(Shopify)、電話番号(その他カート)がカート連携対象となる場合、「本人確認のカート連携成功時にタグ追加」のタグを付与します。
 ※連携成功前に連携失敗をしていた場合、「本人確認のカート連携失敗時」のタグは自動解除されます


【4】入力されたメールアドレス(Shopify)、電話番号(その他カート)がカート連携対象とならない場合、「本人確認のカート連携失敗時にタグ追加」のタグを付与します。
 ※既に「本人確認のカート連携失敗時」のタグが付与されている場合でも、毎回タグの解除/付与を行います。(連携失敗の度に連携失敗時のメッセージが送られる)


【5】今まで「タグの自動設定」にて連携成功のタグを付与していた場合は、「タグの自動設定」と「ステップメッセージ」は残しておくことを推奨します。
 残す際は連携成功時のステップメッセージの「絞り込み」で「本人確認のカート連携失敗時」のタグを含む会員の設定をしてください。(画像参照)

「タグの自動設定」と「ステップメッセージ」を残さないと、本人確認フォーム入力時点で商品購入していないユーザーが本人確認フォーム入力後に商品購入をした場合の「連携成功タグの付与」「連携成功メッセージ」が送られなくなるため。

【ecforce】電話番号があっているのにカート連携(API連携)がされない

ecforceのカート連携(API連携)では、顧客管理データと電話番号が一致していても受注データが0件の場合はカート連携されません。
顧客管理データ検索では電話番号検索でデータがあるが、受注管理データ検索で該当の電話番号で検索してデータが0件の場合もカート連携されません。

またECAI側に電話番号の入力がない場合はカート連携されません。

▼対応方法

 ①受注データが0件の場合
  のちに受注データが1件以上作成されると自動で連携されます。

 ②ECAI側の電話番号が間違っている場合
  ECAI側に正しい電話番号を入力する、またはユーザーに再度入力を促す。
  方法はこちら>

➂受注データがあるが、受注データの電話番号がECAI側の情報と異なっている場合
 受注データの電話番号を変更すると連携されます。
 受注情報を変更した際の反映までの時間確認はこちら>

カート連携(API連携)から自動設定にてタグが付与されるまでの流れ

▼流れ
①ECAIとカートの連携を設定
 ┗ecforceとのAPI連携方法はこちら>
 ┗リピスト(プレックス)とのAPI連携方法はこちら>
 ┗サブスクストアとのAPI連携方法はこちら>
 ┗楽楽リピートとのAPI連携方法はこちら>
 ┗shopifyとのAPI連携方法「shopify×ECAI」はこちら>



②ECAIへカートの受注データを取り込み
 ┗各カートの受注データ取り込み時間の確認はこちら>



➂受注データの取り込み完了後に、ECAIに登録されている電話番号との突き合わせを開始
 ┗連携までの時間についてはこちら>
 ┗連携されないケースについてはこちら>



④ECAIとカートの連携が完了後にタグの自動設定条件の突き合わせを開始
 ┗タグの自動設定の更新頻度はこちら>

API連携(カート連携)でカート側の受注内容を変更した際のECAI側への反映時間

カート側の受注内容を変更した際のECAIへの反映は最大で6時間かかります。
(平均2時間ほどで反映されます)

▼補足
・サーバーの混雑状況により受注内容の反映時間が前後します。
・「配送番号」を受注データに反映するのも同じ反映時間になります。(対象:ヤマト・佐川・郵便)

カート連携(API連携)しないとRPA(自動処理)は使用できないですか?

カート連携しなくてもRPA(自動解約処理、自動休止・スキップ処理、ワンタップアップセル処理)は使用できます。
自動処理はロボットが人間が行う作業を自動処理しているため、カート連携(API連携)とは無関係となります。

■補足
RPA使用にがロボットの設定が別途必要になりますため、ご利用する場合はECAIサポートまで「ロボット設置依頼」の旨ご連絡ください

LINE DevelopersからMessaging APIを作成する
①LINE Developersにログインする
https://developers.line.biz/ja/

↓

②「Messaging API」をクリック
↓

➂「今すぐはじめよう」をクリック
↓

④チャネルの種類を「Messaging API」
⑤プロバイダーを選択
 ※「LINEログインチャネル」と同じプロバイダーを選択してください
⑥ 会社・事業者の所在国地域を選択
⑦チャネルアイコンを任意で設定
┗設定無しで問題ありません
↓

⑧チャネル名を入力
┗会社名やブランド名
⑨チャネル説明を入力
┗LINE公式アカウント名
⑩、⑪業種を選択
↓

⑫メールアドレスを入力
 ┗アカウント管理者のメールアドレス
⑬、⑭「プライバシーポリシーURL」「サービス利用規約URL」を任意で入力
┗入力無しで問題ありません
⑮「LINE開発者契約 の内容に同意します」にチェック
⑯「作成」をクリックして完成
↓

⑰OKをクリックすると、チャネル名と同名の公式アカウントが作成されます。
↓

⑱同意をする