自動解約処理(RPA)とは

自動解約処理とは、本来コールセンターによって人間が行っていた①~⑤の作業を、
人間に代わりロボット(RPA)が自動で行うこと処理の事を指しています。


①お客様からの解約申請の電話
(自動音声でお客様が行いたい内容をSMSで送信)

②ショートメールでLINEで受け取れる解約申請書を送信

③LINEにて解約申請の受付
(LINEにて解約自動受付)

③お客様が解約できる状況なのかをカート側で状況確認

④解約できる状態の場合、カート側の定期停止
(ステータス変更、一言メモ追記など)

⑤お客様への解約完了通知
(LINEにて自動でお知らせします。)


までをすべて自動で行う機能です。

▼図解


※各お客様毎に、管理画面で解約条件をセットできます。
(次回お届けの7日前までに解約申請、発送中ではない)など
※解約条件セットにて解約不可と出たエラー判定のみ、人間が手動対応になります。

※対応カート:ecforce、リピスト(プレックス)、サブスクストア、たまごカート

RPAエラーになった解約申請データのCSV一括ダウンロード方法・一括ステータス変更方法

■CSV一括ダウンロード方法

①未完了の解約・休止申請

②条件で絞り込み
➂RPAシーケンス「エラー」にチェック

④絞り込み
⑤CSVダウンロードしたいエラーデータを選択

⑥CSVエクスポート
⑦ジョブリスト

⑧ステータスが「実行中」はCSVデータ抽出中です
⑨ステータスが「完了」になったら、「CSVをダウンロード」
※CSVファイルを開く際のパスワードはECAIログインパスワードと同じ

■一括ステータス変更

①~④までは「CSV一括ダウンロード方法」と同じ手順

⑤ステータス変更したいエラーデータを選択

⑥ステータス変更

⑦変更したいステータスを選択

⑧「保存する」をクリックして完了


RPA(自動解約処理)で、初回(1回目)のみ解約不可にしたい

①ASS

②RPA設定
➂解約休止フォームを選択

④解約条件

⑤変更したい商品の「編集」をクリック
⑥解約可能・不可条件の基本条件のお届け回数にチェックし「1回目以下」にし、結果を「解約不可」にする。
 ┗基本条件のお届け回数にチェックし「2回目以上」にし、結果を「解約可能」でも同様の設定となる
自動解約処理(RPA)にて、配送業者はどのような判定を見てますか

■仕様
配送業者サイトでお届け済みである事を確認し、お届け済みで無い場合は「解約不可」となる。
配送業者サイトで判定している文字列は以下の通りとなります。

・日本郵便
「お届け先にお届け済み」が存在すること



・ヤマト運輸
「配達完了」が存在すること



・佐川急便
「配達完了」が存在すること

新機能 vol.2
ASS > 完了した解約・休止申請 にて、処理をした担当オペレーターが一目で見れるようになりました!
これによりリアルタイムで誰が何件処理をしたのか確認しながら処理をすることが可能です。

もちろん、当日、昨日、週間、カスタムなどで期間で絞って誰が何件処理したのかを確認することもできます。

★ECAIサポートのワンポイントアドバイス!
みんなより処理が遅い人は、

処理が速い人にどうやって処理をしてるのか聞いてみる!

1件でも処理を早く終わらせ、オペレーター様の新しい時間を創出できたらうれしいです。


新機能 vol.1
RPA(自動解約処理)の基本設定にてお客様自身で、

・氏名
・電話番号
・メールアドレス

※1個選択、3個選択など自由に選択可能

の何点一致にするかを自由に選択できるようになりました。
これにより名前でどうしてもぶつかっていたお客様の処理をより快適にロボットが処理できるようになりました

サポートの推奨はメールアドレスの一点一致になります

プレックス様、リピスト様、ecforce様のAPI連携もメールアドレスの一点一致なのでメールアドレスの一点一致を推奨いたします
RPA(自動解約処理)でお客様に商品が届いていない場合は解約不可にしたい
①ASS

②RPA設定

➂解約休止フォームを選択

④解約条件

⑤変更したい商品の「編集」をクリック

⑥解約可能・不可条件の判定基準設定の「配送先サイトのお届け済判定」にチェックする
 ┗このチェックをすると配送先サイト(クロネコ・郵便・佐川など)でお届け済になっていないものはエラーにしてくれる

⑦必ず配送業者の設定をしてください
 ┗この設定をしないと配送先サイトでお届け済みかどうか確認できなくなります