【オリジナルフォーム】回答内容によって複数のタグを付与する方法
■目的
フォーム送信時の回答内容によって複数のタグを付与します。
複数のタグをすることで付与したタグを使用して属性、趣味嗜好をもとにターゲットに合ったメッセージ配信が可能になります。 


■回答内容によって複数のタグを付与するケース 
※下記は一例となります
・選択した商品ごとにタグ付与を出し分ける(例:商品1を選択した際は商品1のタグを付与) 
・選択した性別ごとにタグ付与を出し分ける(例:女性を選択した際は女性のタグを付与) 
・選択した誕生月ごとにタグ付与を出し分ける(例:1月を選択した際は1月のタグを付与)


■セット所要時間
30分


■セットの流れ
オリジナルフォームのHTML、Javascript編集が必要になります。
オリジナルフォームの編集方法>

下記サンプルフォームのソースコードをご参照ください。
サンプルフォーム>
サンプルフォームダウンロード>

※ソースコード確認方法
windows:Ctrl + U
mac  :option + command + U


こちらのサンプルフォームでは質問1のラジオボタン、質問4のプルダウンで選択した回答それぞれにタグが付与されます。

付与するタグの作成方法はこちら>

フォームを送信するときの処理にタグを付与する設定を行います。
下記コードを参照いただき、送信時の設定を追加してください。
すでに送信時の処理が書かれている場合は、そちらに追記をお願いします。
①送信タグを格納する変数設定、デフォルトで指定のタグを付与したい場合はこちらに追加
②質問1で選択されたvalue取得
③質問1の回答に合わせて、作成したタグコードを設定します
④質問4で選択されたvalue取得
⑤質問4の回答に合わせて、作成したタグコードを設定します
⑥すべてのタグを送信


〈コピペ用コード〉
<script>
	//送信時処理
	$(function () {
		$('.btn-submit').on('click', function () {
			if ($("#form-name").validationEngine('validate')) {
				//連打防止ローディング
				$('.btn').hide();
				$('.loading').show();

				var tags = ['デフォルトタグ'];//デフォルトタグ設定

				//質問1の選択されたvalue取得
				var product = $('.item input:radio:checked').val();

				//tagsにタグ追加
				switch (product){
					case '商品1':
						tags.push('タグコード1');
						break;
					case '商品2':
						tags.push('タグコード2');
						break;
					case '商品3':
						tags.push('タグコード3');
						break;
					case '商品4':
						tags.push('タグコード4');
						break;
				}

				//質問4の選択されたvalue取得
				var gender = $('.gender select option:selected').val();

				//tagsにタグ追加
				switch (gender){
					case '男性':
						tags.push('タグコード5');
						break;
					case '女性':
						tags.push('タグコード6');
						break;
				}

				//申請時タグに配列のtags追加
				document.getElementById("add_tags").value = tags;

				//return false;//コメントアウト外すと送信されません
			}
		});
	});
</script>

ガイドの内容はあくまでもサンプルになります。  そのまま使用できない場合は対応するフォームにあわせての編集をお願いします。   表示設定が正常にできない場合、ソースチェックの有償サポートも行っております。  ご希望の場合は設定代行バナー、もしくはお問い合わせLINE、チャットワークよりご依頼をお願いします。
オリジナルフォームの回答を1度しかできないようにする

オリジナルフォームの回答を1度しか回答できない設定にすることはできません。

しかしリッチメニューをタップした際にオリジナルフォームを開かせる設定にすることで、実質1度しか回答できないようにすることが可能です。
※メッセージでオリジナルフォームを送信させる場合はトーク履歴にオリジナルフォームのURLが残るため制御できません

▼手順
①オリジナルフォームを送信した際に指定のタグが付与されるように設定
⇒オリジナルフォームで送信ボタンを押したらタグを付与する方法はこちら

②オリジナルフォームを設置したリッチメニュー、オリジナルフォームを設置していないリッチメニューの2種類用意
 ┗未回答にはオリジナルフォーム設置あり、回答済みにはオリジナルフォーム設置なしを用意するイメージ
 ※オリジナルフォーム設置なしのリッチメニューは「回答いただきありがとうございました」などのデザインにし、リッチメニューアクションは「何もしない」にする

➂タグ追従設定(リッチメニュー)で「①」でセットしたタグが付与された際に、「②」のオリジナルフォーム設置なしのリッチメニューになるように設定
⇒タグ追従設定(リッチメニュー)の作成方法はこちら

これにより、ユーザーがオリジナルフォームを回答すると自動でタグが付与されリッチメニューが変更されるため、その後オリジナルフォームが開かず実質1度しか回答できないようになります。

▼オリジナルフォームをリッチメニューにセットした際(参考)

オリジナルフォーム送信後、送信内容をメッセージでリマインド配信したい
■目的
オリジナルフォーム送信後、送信内容をメッセージでリマインド配信することができます。


■セット所要時間
1分


■セットの流れ
(1)コンテンツ > LIFF > 設定
対象のオリジナルフォームの設定をひらく
(2)「送信内容をメッセージで送る」にチェックを入れて保存
(3)送信テスト
LIFF-URLから送信テストを行い、メッセージで送信内容が送られてくれば設定完了です。
オリジナルフォームのテスト送信方法
回答内容がすべて配信されるため、設定する前に必ず配信される回答内容を確認してください。
質問で分岐がされている場合、ユーザーの操作によっては内容が重複して送信されることがあります。
そのような場合はオリジナルフォームを修正することで重複を防ぐことができます。
(4)メッセージも同時に送りたい場合
フォーム送信時にタグ付与を行い、タグトリガーステップメッセージを設定してください。

オリジナルフォームで、送信ボタンを押したらタグを付与する方法>

「タグトリガーステップメッセージ」の作成方法>

新機能#60┃オリジナルフォームに回答があったことをLINE・メールに通知させることが可能になりました!

—LINE通知—

—メール通知—


■目的
オリジナルフォームの回答をLINEまたはメールに通知させることで、オリジナルフォームの回答をしたことをいち早く知ることができるので、お客様対応の品質向上に繋げることが可能です。

■セット所要時間
5分

■セットの流れ
LINE通知を行う場合は事前にスマホ連携が必要です。
 ┗スマホ連携方法はこちら>

①オペレーター設定でメールアドレスを設定
 ┗設定したメールアドレスにメール送信をします
 ┗オペレーター設定方法はこちら>


②オペレーター設定で「オリジナルフォーム送信の通知」を有効にする


➂オリジナルフォームにチェックが入っていることを確認する。
 ※「オリジナルフォーム」を選択されている場合のみLINE・メール通知が利用可能

④「コンテンツ>LIFF>設定」で申込み通知「あり」を選択し、「LINE」「メール」にチェックを入れ保存。
 ※「LINE」「メール」どちらでも受け取りたい場合はどちらにもチェック


⑤通知設定したLIFFの呼び出しURLからオリジナルフォーム回答をして、設定したLINE・メールアドレスに通知が届くかテストしてからご使用ください。