ECAIとカート連携をスムーズに行う設定方法
下記手順に沿って連携を進めていただきますと、連携の途中でメッセージやタグの付与が行えます。
登録したユーザーをスムーズに連携完了まで誘導していただけます。


(1)本人確認フォームの入力
本人確認フォームの作成方法はこちら>


↓↓↓


(2)登録ボタンクリック後、「本人情報の確認中」を次のページで表示
※表示内容につきましては自由に編集できます。
編集が必要な際は下記ガイドを参照ください。
フォームを閉じた後(送信後)のページを設定する方法


↓↓↓


(3)本人確認ページを閉じた直後にLINEでメッセージを送る方法
※こちらは必要な場合に設定してください。

(1)で付与されたタグに対して、タグをトリガーとしたステップメッセージを組みます。
「タグトリガーステップメッセージ」の作成方法

↓↓↓


(4)(連携済)タグを作成しカート連携できた人に付与

タグの作成方法はこちら>

カート連携時にタグを付与する方法はこちら>

※カートにより連携できるまでの時間に差があります。
カート連携頻度>

↓↓↓


(5)カート連携できた人にメッセージを送る
(4)で付与した「連携済タグ」に対して、タグをトリガーとしたステップメッセージを組みます。
「タグトリガーステップメッセージ」の作成方法
フォーム送信後の申請項目、回答項目の確認方法(解約・休止・サイクル変更・スキップ)オリジナルフォームを送信後にトーク画面に戻る方法
■目的
オリジナルフォーム送信後に完了ページを表示させずトーク画面に戻る方法です。

■セット所有時間
5分

下記フォームサンプルページを元に説明します。
サンプルページをブラウザ上でソースコードをご確認いただくか、ファイルをダウンロードして内容をご確認ください。
フォームサンプルページ>
フォームサンプルダウンロード>

※ソースコード確認方法
対象ページをChromeブラウザで開いて下記操作を行ってください。
windows:Ctrl + U
mac:option + command + U


■セットの流れ
サンプルページを例に説明をしていきます。
編集ファイル:complete.html

フォーム送信後に表示される完了ページ(complete.html)に、自動でLIFFを閉じる動作を入れます。
実際の閉じる動作はLINEのLIFF内でしか動作しないのでご注意ください。

(1)body閉じの上に下記2つのコードを追加
<!-- 削除禁止 -->
<script>
    liffclose();
</script>
<!-- 削除禁止 -->
※下記2つ目のコードは、フォーム内に既に記載がある場合は記載しなくてOKです
<!-- 削除禁止 -->
<script charset="utf-8" src="https://static.line-scdn.net/liff/edge/2/sdk.js"></script>
<script src="liff-starter.js"></script>
<script>
    window.onload = function (e) {
        liff.init({ liffId: "###liffid###" }).then(() => {
            liff.getProfile().then(function (profile) {
                document.getElementById('useridfield').value = profile.userId;
                //alert(profile.userId);
            }).catch(function (error) {
                //window.alert('Error getting profile: ' + error);
            });
        })
            .catch((err) => {
            });
    };
</script>
<script>
    function liffclose() {
        liff.closeWindow();
    }
</script>
<!-- 削除禁止 -->


(2)完了ページのコンテンツ部分は、コメントアウトか削除して非表示にする


ガイドの内容はあくまでもサンプルになります。
そのまま使用できない場合は対応するフォームにあわせての編集をお願いします。 
表示設定が正常にできない場合、ソースチェックの有償サポートも行っております。
ご希望の場合は設定代行バナー、もしくはお問い合わせLINE、チャットワークよりご依頼をお願いします。

オリジナルフォーム送信後、送信内容をメッセージでリマインド配信したい
■目的
オリジナルフォーム送信後、送信内容をメッセージでリマインド配信することができます。


■セット所要時間
1分


■セットの流れ
(1)コンテンツ > LIFF > 設定
対象のオリジナルフォームの設定をひらく
(2)「送信内容をメッセージで送る」にチェックを入れて保存
(3)送信テスト
LIFF-URLから送信テストを行い、メッセージで送信内容が送られてくれば設定完了です。
オリジナルフォームのテスト送信方法
回答内容がすべて配信されるため、設定する前に必ず配信される回答内容を確認してください。
質問で分岐がされている場合、ユーザーの操作によっては内容が重複して送信されることがあります。
そのような場合はオリジナルフォームを修正することで重複を防ぐことができます。
(4)メッセージも同時に送りたい場合
フォーム送信時にタグ付与を行い、タグトリガーステップメッセージを設定してください。

オリジナルフォームで、送信ボタンを押したらタグを付与する方法>

「タグトリガーステップメッセージ」の作成方法>

フォームを閉じた後(送信後)のページを設定する方法
対象フォームをダウンロードし、「complete.html」を編集します。
どのフォームでも同じやり方で編集ができます。


(1)対象フォームをダウンロードします。
フォームのダウンロード方法はこちら>


↓

(2)ファイルを解凍し、「complete.html」をテキストエディターで開き編集します。
ファイル内の詳細はこちら>


↓

(3)編集が終わりましたら、ファイルを圧縮し所定のLIFFへアップロードします。
アップロード方法はこちら>


↓

(4)送信テストを行い、表示に間違いがないか確認する。
テスト送信方法>