「タグトリガーステップメッセージ」の作成方法




①メッセージ

②ステップメッセージ
➂追加

④タグ追加をトリガーとする
⑤管理名を入れる

⑥ステータスを「オン」
※すぐに使用しない場合は「オフ」にし、使用するタイミングで「オン」に変更してください

⑦トリガー(発動条件)となるタグを選択する
※複数選択した際はOR検索となり、複数の内いずれかのタグが付いた際に発動します

⑧ターゲット
 ┗絞り込みを選択すると「タグ」「フラグ」での配信対象者の絞り込み(セグメント)ができます

⑨高度な設定
 ┗同じトリガータグの配信があった際に先に送るかどうかの優先順位の指定ができます
⑩タグが付与されてからメッセージが送信される時間を設定
 ※「0日後の00:00後」に設定するとタグ付与後即時にメッセージ送信がされます

⑪テキスト、画像、動画、音声、その他(カルーセル、画像カルーセル、ボタン、選択ボタン、リッチメッセージ、クイックリプライ)の選択変更箇所です。

⑫絵文字、定型文の差し込みが可能です。

⑬同時刻に、「画像+メッセージ」を送りたい、「メッセージが長くなったので分けたい」など同時刻に一緒にメッセージを送りたい際はメッセージ追加を押してメッセージフィールドを追加してください。
※同時配信は最大5つまで可能です。

⑭ステップメッセージを追加したい際はシナリオ追加をおしてシナリオを追加してください。
※最大30シナリオまで追加可能です。

⑮「保存」をクリックして完成。


▼注意点

ステップメッセージを作成した後にトリガーとなっているタグが付与され、設定した配信時間の条件に達した場合にステップ配信がされる仕様となります。(下記ケースでも配信がされます)
※ステップメッセージ作成前にトリガータグが付与されているユーザーには配信されません

—例1—
【1】12/24 0:00 「タグトリガーステップメッセージ」を配信時間5分後で作成しステータスを「オフ」の状態にする

【2】12/24 0:01 「【1】」のトリガータグをユーザーに付与

【3】12/24 0:05 「【1】」のステップメッセージのステータスを「オン」にすると、タグが付いてから5分後のステップメッセージが「【2】」のユーザーに配信される

—例2—
ステップメッセージの絞り込み設定で「タグA」を持つユーザーは除外する設定になっている場合。
(1通目が0分後、2通目が5分後、3通目が10分後に配信される設定と仮定)

【1】12/24 0:00 ステップメッセージの1通目が配信。この時点では「タグA」を持っていない。

【2】12/24 0:04 「タグA」が付与

【3】12/24 0:05 2通目は配信されない。1通目のあとに「タグA」が付与されているため

【4】12/24 0:07 「タグA」を解除

【5】12/24 0:10 3通目は配信される。2通目のあとに「タグA」が解除されているため



▼注意点

LINE公式アカウントのステップ配信側で、意図しない配信がされるようであれば「停止」でご対応ください。
 https://gyazo.com/850a858e06918c8c9a1a4398875ba248

「友だち登録トリガーステップメッセージ」の作成方法

①メッセージ

②ステップメッセージ

➂追加

④タグ追加をトリガーとする

⑤管理名を入れる

⑥ステータスを「オン」
※すぐに使用しない場合は「オフ」にし、使用するタイミングで「オン」に変更してください

⑦トリガー(発動条件)は友だち登録日時となります。
 ※友だち登録日時はECAIにユーザーが反映された日時となります
 ※上記理由から既に友だち登録されているユーザーがECAIに反映された際にも発動します

⑧ターゲットで「全ての会員」か「絞り込み」を選択します

⑨高度な設定をする場合はチェックを入れる
⑩タグが付与されてからメッセージが送信される時間を設定
※0日後を選択の場合は〇時間後の設定になり、1日後以降を選んだ場合は配信する時間指定の設定に変わります。
※設定した配信時間の条件に満たしていても、既に登録しているユーザーには配信はされません。

⑪テキスト、画像、動画、音声、その他(カルーセル、画像カルーセル、ボタン、選択ボタン、リッチメッセージ、クイックリプライ)の選択変更箇所です。

⑫絵文字、定型文の差し込みが可能です。

⑬同時刻に、「画像+メッセージ」を送りたい、「メッセージが長くなったので分けたい」など同時刻に一緒にメッセージを送りたい際はメッセージ追加を押してメッセージフィールドを追加してください。
※同時配信は最大5つまで可能です。

⑭ステップメッセージを追加したい際はシナリオ追加をおしてシナリオを追加してください。
※最大30シナリオまで追加可能です。

⑮「保存」をクリックして完成。



・広告リストによる友だち追加でメッセージを送る場合は、「LINE認証」はチェックなしに設定してください。
設定してある「タグトリガーステップメッセージ」の編集方法

① メッセージ 

② ステップメッセージ


③ 編集したい、シナリオの「編集」ボタンをクリック

④ 編集画面で編集したい部分を編集
┗4-1: タグが付与されてからメッセージが送信される時間を変更できます。

┗4-2: テキスト、画像、動画、音声、その他(カルーセル、画像カルーセル、ボタン、選択ボタン、リッチメッセージ、クイックリプライ)の選択変更箇所です。

┗4-3: メッセージ編集フィールドです。

┗4-4: 絵文字、定型文の差し込みが可能です。

┗4-5: 同時刻に、「画像+メッセージ」を送りたい、「メッセージが長くなったので分けたい」など同時刻に一緒にメッセージを送りたい際はメッセージ追加を押してメッセージフィールドを追加してください。同時配信は最大5つまで可能です。

┗4-6: ステップメッセージを追加したい際はシナリオ追加をおしてシナリオを追加してください。最大100シナリオまで追加可能です。


⑤ 編集が終わったら「保存」ボタンを押して完了です。

ステップメッセージの仕様について

ステップメッセージには「友だち登録をトリガー」「タグ追加をトリガー」の2種類がございます。

▼友だち登録をトリガーとは
友だち登録した時間を起点として「〇分後」「〇日後〇時」のメッセージ配信が可能。

▼タグ追加をトリガーとは
タグ追加した時間を起点として「〇分後」「〇日後〇時」のメッセージ配信が可能。


【仕様】


①ステップメッセージ作成後にシナリオを追加した場合
 ┗友だち登録をトリガー:既に友だち登録していたユーザーには追加したシナリオは配信されません。
 ┗タグ追加をトリガー :既にタグ追加していたユーザーには追加したシナリオは配信されません。


②シナリオの時間を変更した場合
 ┗友だち登録をトリガー・タグ追加をトリガー共通:シナリオの時間変更をした場合、時間変更前のメッセージが送信されているユーザーにはメッセージ送信がされません。 メッセージ送信がまだされていないユーザーであっても、トリガー(友だち登録・タグ追加)が変更した配信時間から30分以上経過していた場合はメッセージ送信がされません。

—例—
トリガータグの付与が7/1に付いたユーザーがいたとして、7/26 18:00にステップメッセージの配信時間を「トリガー日時の25日後の17:00に送信する」に変更したとします。
25日後は7/26ですが変更した配信時間が18:00ということで17:00から30分以上経過しているためこのメッセージは送信がされないということになります。
※「トリガー日時の25日後の17:31に送信する」に変更した場合は送信されます


➂配信日時設定について
 ┗トリガー日時の「0日後」を選択した場合、後の時間設定は「経過時間」を表します。
 ┗トリガー日時の「1日後」以降を選択した場合、後の時間設定は「配信時間」を表します。



【重要】

・ECAIではステップメッセージの配信数の確認はできるが、開封数の確認はできません。(LINE社の仕様上)
・タグトリガーステップのトリガータグと絞り込み条件をしているタグが同時付与された際は配信されません。

 ※詳細についてはこちら>
・トリガータグが先に付与された状態で、トリガータグと同じ絞り込みタグが付与された際は配信されません。

 ※ただしオリジナルフォームなど、タグが上書きされる場合は配信されます。
・複数の配信者がいるステップメッセージでは、「ECAI ID」の番号が若い会員順に配信されます。
 ※詳細についてはこちら>

ステップメッセージのシナリオ上限数

1ステップメッセージで100シナリオまでセット可能です。

新機能#56┃【楽天RMS】発送日を起点にステップメッセージを送信できるようになりました!

楽天RMSとのカート連携で、発送日を起点にステップメッセージを送信できるようになりました!

■目的
アップセルを促すメッセージ、発送完了メッセージを送り売上アップに繋げるため。

■セット所要時間
楽天RMSとの連携が終わっていない方(⓪〜⑭):30分
楽天RMSとの連携が終わっている方(①〜⑭):5分


▼使用例

【使用例①】
 単品購入のお客様に対し、発送完了日の○日後〇〇:〇〇に「定期コース」継続を促すメッセージを送信(ステップ配信可能)
 
【使用例②】
通常定期のお客様に対し、発送完了日の○日後〇〇:〇〇に「3個まとめ定期コース」へのアップセルを促すメッセージを送信(ステップ配信可能)

【使用例③】
発送回数別に、毎回発送完了メッセージをLINEで送信(ステップ配信可能)



▼仕様(6つ)

【1】楽天RMSとのAPI連携をしないと使用できません。
 ┗楽天RMSとのAPI連携方法はこちら>

【2】配信時間は0日後・1日後以降どちらであっても指定時間に配信する仕様となります。
 ※何時間何分後ではありません。

【3】発送日の取得にはタイムラグが発生しますので、配信時間の設定は「1日後の06:00」よりあとの日時をご設定ください。

【4】発送日は楽天RMS、受注管理>注文検索>編集から確認できる注文データ単位の「発送日」を参照しています。

【5】発送日をトリガーとしているため、カートへ発送日を登録した際に過去日であっても配信時間が経過していなければメッセージ配信されます。
 ┗例)当日を11/26だとして発送日が11/25、カートへ発送日を登録したのが11/26、配信時間が「2日後の18:00」だった場合は11/27の18:00にメッセージ配信がされます


■セット手順
⓪楽天RMSとのAPI連携
 ┗楽天RMSとのAPI連携方法はこちら>

①メッセージ

②引上フォローメッセージ


➂追加


④メッセージ管理名

⑤ステータス
 ※オンにしないとメッセージ配信されません

⑥トリガー商品
 ※楽天RMSで連携された商品が選択できます

⑥-1 定期回数を指定する
 ※単品商品の際はチェックを付けない
 ※定期回数ごとに毎回発送メールを送る際は1回目〜必要回数分まで全て作成ください

⑦ターゲット
 ※絞り込みを選択すると「タグ」「フラグ」で絞り込みが可能

⑧高度な設定
 ※同じトリガー商品の「引上フォローメッセージ」が2つ以上あった場合の配信順を設定できます


⑨発送完了日からメッセージを配信するまでの日時を設定
 ※発送完了日の取得にはタイムラグがあるため「1日後の06:00」よりあとの日時をご設定ください

⑩高度な設定
 ※タグの付与・削除、リッチメニュー変更、ポイント付与・削除が可能

⑪メッセージを設定

⑫メッセージ吹き出しを追加する場合にクリックする

⑬シナリオ(異なる配信時間のメッセージ)を追加する場合にクリックする

⑭「保存する」をクリックし完了


新機能#50┃【リピスト】発送日を起点にステップメッセージを送信できるようになりました!

リピストとのカート連携限定で、発送日を起点にステップメッセージを送信できるようになりました!

■目的
アップセルを促すメッセージ、発送完了メッセージを送り売上アップに繋げるため。

■セット所要時間
リピストとの連携が終わっていない方(⓪〜⑭):30分
リピストとの連携が終わっている方(①〜⑭):5分


▼使用例

【使用例①】
 単品購入のお客様に対し、発送完了日の○日後〇〇:〇〇に「定期コース」継続を促すメッセージを送信(ステップ配信可能)
 
【使用例②】
通常定期のお客様に対し、発送完了日の○日後〇〇:〇〇に「3個まとめ定期コース」へのアップセルを促すメッセージを送信(ステップ配信可能)

【使用例③】
発送回数別に、毎回発送完了メッセージをLINEで送信(ステップ配信可能)



▼仕様(6つ)

【1】リピストとのAPI連携をしないと使用できません。
 ┗リピストとのAPI連携方法はこちら>

【2】配信時間は0日後・1日後以降どちらであっても指定時間に配信する仕様となります。
 ※何時間何分後ではありません。

【3】発送日の取得にはタイムラグが発生しますので、配信時間の設定は「1日後の06:00」よりあとの日時をご設定ください。

【4】発送日はリピスト管理画面内、受注管理>編集から確認できる「発送日」を参照しています。

【5】発送日をトリガーとしているため、カートへ発送日を登録した際に過去日であっても配信時間が経過していなければメッセージ配信されます。
 ┗例)当日を11/26だとして発送日が11/25、カートへ発送日を登録したのが11/26、配信時間が「2日後の18:00」だった場合は11/27の18:00にメッセージ配信がされます


■セット手順
⓪リピストとのAPI連携
 ┗リピストとのAPI連携方法はこちら>

①メッセージ

②引上フォローメッセージ


➂追加


④メッセージ管理名

⑤ステータス
 ※オンにしないとメッセージ配信されません

⑥トリガー商品
 ※リピストで連携された商品が選択できます

⑥-1 定期回数を指定する
 ※単品商品の際はチェックを付けない
 ※定期回数ごとに毎回発送メールを送る際は1回目〜必要回数分まで全て作成ください

⑦ターゲット
 ※絞り込みを選択すると「タグ」「フラグ」で絞り込みが可能

⑧高度な設定
 ※同じトリガー商品の「引上フォローメッセージ」が2つ以上あった場合の配信順を設定できます


⑨発送完了日からメッセージを配信するまでの日時を設定
 ※発送完了日の取得にはタイムラグがあるため「1日後の06:00」よりあとの日時をご設定ください

⑩高度な設定
 ※タグの付与・削除、リッチメニュー変更、ポイント付与・削除が可能

⑪メッセージを設定

⑫メッセージ吹き出しを追加する場合にクリックする

⑬シナリオ(異なる配信時間のメッセージ)を追加する場合にクリックする

⑭「保存する」をクリックし完了


ステップメッセージのシナリオの未来日時の設定はいつまで可能か

登録日より、999日後まで設定可能な仕様になっております。

メッセージ配信時にリッチメニューを変更する方法

以下の設定を行うことで、応答メッセージ・一斉配信メッセージ・ステップメッセージにてリッチメニューの変更をすることが可能です。

ステップメッセージの仕様についてはこちら

「タグトリガーステップメッセージの作成方法」はこちら
「友だち登録トリガーステップメッセージ」の作成方法はこちら



①高度な設定「配信後、会員のリッチメニューを変更」にチェックを入れ、リッチメニューを選択する

②テキストや画像などを入力。

③保存

新機能#44┃【ecforce限定】発送完了日を起点にステップメッセージを送信できるようになりました!

ecforceとのカート連携限定で、発送日を起点にステップメッセージを送信できるようになりました!


▼使用例

【使用例①】
 単品購入のお客様に対し、発送完了日の○日後〇〇:〇〇に「定期コース」継続を促すメッセージを送信(ステップ配信可能)
 
【使用例②】
通常定期のお客様に対し、発送完了日の○日後〇〇:〇〇に「3個まとめ定期コース」へのアップセルを促すメッセージを送信(ステップ配信可能)

【使用例③】
発送回数別に、毎回発送完了メッセージをLINEで送信(ステップ配信可能)



▼仕様(6つ)

【1】ecforceとのAPI連携をしないと使用できません。
 ┗ecforceとのAPI連携方法はこちら>

【2】配信時間は0日・1日以降であっても指定時間に配信する仕様となります。
 ※何時間何分後ではありません。

【3】発送完了日の取得にはタイムラグが発生しますので、配信時間の設定は「1日後の06:00」よりあとの日時をご設定ください。

【4】発送完了日はecforce管理画面内、受注管理>詳細のタイムライン内「発送完了日」を参照しています。

【5】発送完了日をトリガーとしているため、カートへ発送完了日を登録した際に過去日であっても配信時間が経過していなければメッセージ配信されます。
 ┗例)当日を11/26だとして発送完了日が11/25、カートへ発送完了日を登録したのが11/26、配信時間が「2日後の18:00」だった場合は11/27の18:00にメッセージ配信がされます



▼設定手順
①メッセージ

②引上フォローメッセージ


➂追加


④メッセージ管理名

⑤ステータス
 ※オンにしないとメッセージ配信されません

⑥トリガー商品
 ※ecforce連携された商品のみが選択できます

⑥-1 定期回数を指定する
 ※単品商品の際はチェックを付けない
 ※定期回数ごとに毎回発送メールを送る際は1回目〜必要回数分まで全て作成ください

⑦ターゲット
 ※絞り込みを選択すると「タグ」「フラグ」で絞り込みが可能

⑧高度な設定
 ※同じトリガー商品の「引上フォローメッセージ」が2つ以上あった場合の配信順を設定できます


⑨発送完了日からメッセージを配信するまでの日時を設定
 ※発送完了日の取得にはタイムラグがあるため「1日後の06:00」よりあとの日時をご設定ください

⑩高度な設定
 ※タグの付与・削除、リッチメニュー変更、ポイント付与・削除が可能

⑪メッセージを設定

⑫メッセージ吹き出しを追加する場合にクリックする

⑬シナリオ(異なる配信時間のメッセージ)を追加する場合にクリックする

⑭「保存する」をクリックし完了


ステップメッセージの配信テスト方法はないですか?

指定したユーザーだけにステップメッセージを送り表示確認する方法

① タグで[テストユーザー]を作成

② テスト配信を送りたい人に[テストユーザー]タグを付与

③ ステップ配信の絞り込みで[テストユーザー]のみに配信をセット

これで指定ユーザーのみに配信することが可能です。



※配信時間を圧縮してセットすることで効率よく表示確認が可能です。

タグトリガーでのステップメッセージで複数タグが付いた場合はどのような仕様になっていますか

タグトリガーメッセージは、すべて足し算になり付与されたタグに命令されているすべてのステップメッセージが配信される仕様になっております。


例)
・Aタグが付いたら、ステップメッセージAが配信される、Bタグが付いたら。ステップメッセージBが配信される。
という状況の際に、Aタグが付いてステップメッセージAが配信されている人に、
Bタグが付与された場合は、A,B両方のステップメッセージが配信されていきます。

これは、C,Dと増えていっても同じ考え方になりすべてが足し算で増えていきます。


※重要
何かしらの設定で、Aタグが外れた場合はステップメッセージAは配信されなくなります。
ですので、ステップメッセージAが配信されている人にBの配信がスタートをしたらAを止めたい際は、

タグ設定にて、「Bタグが付いたらAタグが外れる」という設定すれば同時に配信をさせなくすることが可能です。

機能改善#057┃広告コード設定で「LINE認証」にチェックし、LINE認証時に追加されるタグをトリガーとしてステップメッセージを設定している際に、新規ユーザーに対して「0分後」のメッセージ送信が可能になりました!

—広告コード設定画面—


■目的
広告コード設定で「LINE認証」にチェックし、LINE認証時に追加されるタグをトリガーとしてステップメッセージを設定している際に、新規ユーザーに対して「0分後」のメッセージ送信が可能になりました!
これにより新規ユーザーに対しても「0分後」にステップメッセージ送信ができるため、メッセージの既読率や反応率アップに期待できます!
※上記新規機能を使用するにはLINEログインチャネルにて追加設定が必要なため「セットの流れ」をご確認ください

—今までの仕様—
「LINE認証」にチェックを入れることで、新規ユーザー以外(既に友だち登録しているユーザー)にも友だち追加URLをタップした際にタグを付けることができましたが、新規ユーザーに対し「0分後」のステップメッセージを送ることができず最短「1分後」のステップメッセージしか送ることができませんでした(2023年4月6日まで)

■セット所要時間
5分

■セットの流れ
①LINE Developers>LINEログイン
 ┗LINE Developers:https://developers.line.biz/ja/

②コンソール


➂プロバイダー選択

④対象のLINEログインチャネルを選択


⑤チャネル基本設定


⑥リンクされたボットの「編集」をクリック


⑦プルダウンからボット(BOT)を選択。
 ┗BOTとはLINE公式アカウントを指します。作成したLINEログインチャネルを使用するBOTを1つ選択してください。

⑧「更新」


⑨ECAI側のタグトリガーステップメッセージの配信時間を「0日後の00:00後に送信する」に変更し、0分後に送信する設定が完了です。


「ECAI側で会員削除>スマホ側でLINEブロックと削除」をし、再度広告コード付き友だち追加URLがLINE登録を行い0分後に送信できているか確認してからご使用ください。
 ┗ECAI側で会員削除>スマホ側でLINEブロックと削除の方法はこちら>

新機能#016┃ステップメッセージでシナリオ(配信時間)ごとに高度な設定ができるようになりました!

ステップメッセージでシナリオ(配信時間)ごとに高度な設定ができるようになりました!
これによりステップの配信時間単位でタグ付与やリッチメニュー切り替えができ、お客様に詳細な情報を届けられることでCVRやLTVのアップに繋がります!

予約配信の配信途中で配信数の上限に達してしまった場合
予約配信の配信途中で配信数の上限に達してしまった場合、残りの通数は0となり、配信処理が進まずエラーの状態になります。
その場合はLINE公式アカウントのプラン変更を行い、配信数の上限を増やすことで解消されます。

プラン変更後、エラーになった配信は自動的に再開されませんので、再度同じメッセージを作成後、配信をお願いします。

またエラーになった配信処理から、配信できたユーザーのみを抽出することはできません。

LINE公式アカウントのプラン変更を方法は「こちら」をご確認ください。

ステップメッセージで友だち登録をトリガーにした場合既存のお友だちが移行してきた時も配信対象になりますか?

こちら配信対象になります。

友だち登録時トリガーはECAIに友だち登録された日時を元に発動するものとなりますので、
LineAccount側からECAIに入ってきた際も発動します。



既存のお友だちにステップを発信したくない際は、下記2つの方法を推奨します。

① LINEオフィシャルアカウントマネージャー側にてステップメッセージの作成

② ECAIの広告にて流入元計測可能URLを作成し対象URLから登録されたらタグ付与を指定、そのURLを新規登録用として使用する。(タグトリガーステップを使うことになりますが、配信の挙動は友だち登録時ステップと同じになります。)

機能改善#031┃ステップメッセージの一覧にて初回配信時刻が表示されるようになりました!

ステップメッセージの一覧にて初回配信時刻が表示されるようになりました!

これにより設定ミスがないか、自分が編集したいステップはどれかが一目でわかるようになりました!

ステップメッセージのトリガーとなっているタグを解除したが、再度ステップメッセージが送信される

解除後に「タグを手動で付与した」または「自動付与設定で付与された」ことが原因と考えられます。

タグに自動付与設定がされている場合は、解除をしても条件が一致している会員にはまた自動で付与されます。

「タグの自動設定でタグの追加または解除の設定方法」はこちら

複数の配信者がいるステップメッセージで配信される順番について
「ECAI ID」の番号が若い会員順に配信されます。
ただし、ステップメッセージに限った配信となります。
他のメッセージにつきましては、処理によって違う場合があるのでご注意ください。
ステップメッセージ>高度な設定の「優先順位」を指定する。の仕様を教えてください。
同時に配信するステップメッセージが存在する場合に、優先順位の若い数字から配信する機能となります。

▼補足
・片方は優先順位を設定し、もう片方は優先順位を設定しない場合「優先順位を設定したステップメッセージ」が優先して配信されます。
オリジナルフォームで取得した顧客名をメッセージに使用できるか?

オリジナルフォームで取得した顧客名・電話番号・メールアドレスなどをメッセージに使用することはできません。
※1:1トーク、ステップメッセージ、一斉配信メッセージ、応答メッセージなど全メッセージで使用できません

LINE名のみ一部メッセージで使用可能です。
LINE名の差し込みができるメッセージはこちら>

メッセージ送信に遅延があることがあります。

各種メッセージ(一斉配信、タグトリガーステップ、1:1トークなど)に関して、お客様の通信環境やLINE社のサーバー状況により遅延があることがあります。


ECAI側では可能な限りメッセージ送信を早くできるよう調整していますが、お客様の通信環境やLINE社のサーバー状況は直接的に改善ができません。


▼遅延が起こりやすいケース

・朝晩の定時(AM7時、PM19時など)
・タグトリガーステップ(タグ付与→メッセージ送信という2つの命令が起きているため)
・10万件以上の一斉配信
・お客様の通信環境がWiFi
解約専用LINEタグトリガーステップメッセージ

▼本人確認入力後
メッセージ管理名:本人確認入力後
ステータス:オン
トリガー:本人確認入力済み
ターゲット:すべての会員
高度な設定:設定不要
配信時間:トリガー日時の0日後の00:00後に送信する
テキスト:下記をコピーしてご使用ください

下記の手順で、解約・休止エントリーフォームをお受け取りください##LE100004####LE1000B0##
 LE10003D##①画面一番下の【解約・休止エントリー】をタップ
 LE10003D##②【ご解約または休止のエントリーをする】をタップ 


▼確認作業中
メッセージ管理名:確認作業中
ステータス:オン
トリガー:申請中┃〇〇〇
ターゲット:すべての会員
高度な設定:設定不要
配信時間:トリガー日時の0日後の00:00後に送信する
テキスト:下記をコピーしてご使用ください

LE1000B8##解約・休止のエントリー完了##LE1000B8

 解約・休止のエントリーを正式に受け付けました##LE10000C####LE100040##

 順番に解約・休止可能な状況なのかを確認し、ご連絡いたします##LE100041####LE100004####LE1000B0##

 混雑時の回答には【48時間】ほどかかる場合もございますので予めご了承くださいませ##LE10000A####LE100061####LE10002D##

 LE1000B8##重要①
 確認作業は平日の10:00~18:00に行っております##LE1000A9##
 土日祝日や時間外に解約・休止の申請を行った方は休み明け最短営業日が申請受付日になりますので予めご了承ください##LE1000A8##
 
LE1000B8##重要②
 最短受付日から48時間以内の回答になります##LE10003D####LE100004####LE100040##

 LE1000B8##重要③
この時点ではまだ正式に解約・休止処理が完了しておりませんのでお間違えの無いようにお願いいたします##LE100007####LE100039



▼解約完了
メッセージ管理名:解約完了
ステータス:オン
トリガー:★〇〇〇┃解約完了
ターゲット:すべての会員
高度な設定:設定不要
配信時間:トリガー日時の0日後の00:00後に送信する
画像:解約完了画像を参考に画像作成し設置ください
   ┗ファイル形式/JPG、JPEG、PNG
   ┗ファイルサイズ/1MB以下
   ┗画像サイズ/縦横1040以下(推奨)

画像ではなく、テキストで解約完了が分かるメッセージをセットするでもOKです。
画像かテキストにするかは設定者様自身でご判断ください。


—解約完了画像(参考)—

機能改善#048┃ステップメッセージの複製が可能になりました!

ステップメッセージの複製が可能になりました!

これにより同じ構成のステップメッセージをボタン1つで複製できるので、作業効率がアップされます!

▼複製手順
ステップメッセージで「複製」をクリック。
メッセージ管理名、ステータストリガー、ターゲット、高度な設定、シナリオ含め全てコピーされて複製されるため、必要に応じて情報を編集して「保存」してご使用ください。

「タグトリガーステップメッセージ」の作成方法はこちら>
「友だち登録トリガーステップメッセージ」の作成方法はこちら>

LIFFオリジナルフォームの回答したユーザーをステップメッセージから除外する方法

▼手順
①オリジナルフォームで、送信ボタンを押したらタグを付与する。
 ┗設定方法はこちら>

②ステップメッセージの絞り込みで「①」のタグを除外タグとして設定。
 ┗ステップメッセージの作成方法はこちら>

機能改善#059┃一斉配信メッセージまたはステップメッセージの分析時に絞り込み条件を引き継ぐことが可能になりました!

■目的
今まで一斉配信メッセージまたはステップメッセージの分析時に「管理名・期間絞り込み>詳細」の挙動をすると、デフォルトの「直近7日間表示」に変更されてしまっていました。
この機能改善によって絞り込み条件を引き継いだ状態で前ページに戻ることができるので、再度絞り込み設定することによる作業コストを削減することができます!

■セット所要時間
無し

■「管理名・期間絞り込み>詳細」の挙動

①分析>一斉配信メッセージまたはステップメッセージ
※一斉配信メッセージまたはステップメッセージのみ条件引き続きが可能です


②管理名・期間を指定する



➂期間絞り込みが引き継がれています。 ※2023年4月11日までは期間引き継ぎがされずデフォルトの「直近7日間表示」に変更されてしまっていた

④「リストに戻る」をクリック


⑤管理名・期間絞り込みが引き継がれている

何かしらのアクションがあったユーザーに対してステップメッセージを送信させない方法
■目的
ステップメッセージの途中で何かしらのアクションがあったユーザーに対してはそのステップメッセージを送信させたくない時に使用します。

■セット所要時間
5分

■セットの流れ
仮にアクションが応答メッセージだった場合は以下の方法となります。

(1)
ユーザーから発言があった際に応答メッセージにて自動返信をする
この際にタグを付与するようにします。
(2)
ステップメッセージの設定で(1)のタグが付与されたユーザーを除くようにする