リッチメニューの更新方法

「デフォルト表示」以外のリッチメニューの中身を変更した際は、タグ追従設定によりリッチメニューの更新を行う必要がございます。
※「デフォルト表示」のリッチメニューは中身を変更したタイミングでユーザーに表示されているリッチメニューが更新されます
※「デフォルト表示」以外のリッチメニューも中身を変更したタイミングでユーザーに表示されているリッチメニューが更新されますが、LINE社の仕様によるもので変更されていない事象もあったため、念のためタグ追従設定によるリッチメニューの更新を推奨しています



▼手順
①リッチメニュー内容を変更(デフォルト表示でないもの)

②リッチメニュー更新用のタグ作成 ⇒タグ作成方法はこちら
 ┗タグ名例:1029リッチメニュー更新

➂タグ追従設定(リッチメニュー)で「①」と「②」を紐付ける。 ⇒タグ追従設定(リッチメニュー)設定方法はこちら

④一括タグ変更で「②」で作成したタグを追加する。 ⇒一括タグ変更方法はこちら

上記手順を行うことで、既にリッチメニュー表示されていたユーザーのリッチメニューが更新されます。

リッチメニューの新規作成
①コンテンツ>リッチメニュー
「作成」をクリック
➂-1 管理名を入力
 ※社内用の管理名になります

➂-2 メニューバーテキストを入力
 ※チャットルームの下部にあるメニューバーに表示されます。

➂-3 リッチメニューのデフォルト設定
 ※個別にリッチメニューをリンクされていないすべてのユーザーに表示するかしないかを選択します。
 ※「する」にした場合は、LINE追加直後に全てのユーザーにリッチメニューが表示されます

➂-4 LINE開封時
 ※LINEのトークを開いた際にリッチメニューを表示する(開いた状態)か表示しない(閉じた状態)にするか選択します。
※メニューバーテキストはこの部分になります。

「テンプレートを選択」をクリック
4-1 希望のテンプレートを選択

4-2 「選択する」をクリック
4-3 リッチメニューの画像をアップロード
 ※画像サイズ:2500×1686または2500×843のみ使用可能
 ※ファイル形式:JPG
 ※ファイルサイズ:1MB以下

4-4 指定領域のアクションを選択

4-5 「保存する」をクリックして完了

タグ追従設定(リッチメニュー)

①コンテンツ

②タグ追従設定


➂「追加する」をクリック


④追加条件フィールドにてタグを選択します。
⑤「追加されたとき」「解除されたとき」どちらをトリガーにするか選択します。
ここで選択したトリガールールにてリッチメニューが変更されます。
※最後に付与された、または最後に解除されたタグが最優先の条件になります。
⑥ターゲットを選択
※「絞り込み」を選択することでタグまたはフラグにて絞り込みが可能です。
⑦リッチメニューを選択 ※リッチメニューをセットしていない方はこちらでリッチメニューの設定をしてください。
⑧ステータスのオンオフを選択 ※稼働非稼働の事です。
⑨高度な設定「一定時間を過ぎたら指定のリッチメニューに変更」にチェック
※リッチメニュー切り替え後に一定時間過ぎ時に、さらに他のリッチメニューに変更したい場合のみチェックします。
※日時設定の1日は「24時間」計算になります。仮に30時間後にリッチメニューを変更したい場合は「1日後の06:00後」と設定します。

1:1トークでのリッチメニュー変更方法
①1:1トーク

②表示中リッチメニュー

➂編集

④リッチメニュー選択

⑤変更したいリッチメニューを選択

⑥「保存」して完了
【ECAI移設時】Webhookを切り替えた後、ECAIにユーザーが反映されてなくてもリッチメニューを変更する方法

下記手順を行うことで、ECAIに移設した際に全ユーザーのリッチメニューを切り替えることが可能です。

▼手順

①LINE Official Account Managerにセットされているリッチメニューを削除する
 ┗削除した後に表示されていたリッチメニューが表示されなくなっているかスマホのLINEアプリで確認
②Webhookをオンにする(ECAIで操作できるようにする)
➂全ユーザーに表示させたいリッチメニューメニューを、デフォルト表示を「表示する」にし作成する。
 ┗作成後にこのリッチメニューが表示されているかのLINEアプリで確認
お客様チェックシート┃「確認作業中」のリッチメニューが変わらない


解約・休止・スキップなどの処理の際にリッチメニューを変更しておらず、その後ユーザーが再度申請ができないという事象が発生することがございます。
申請ができないという問い合わせがあった際は際に下記をご確認ください。

①1:1トークにて、申請できるリッチメニューになっているか確認
 ⇒リッチメニュー確認方法はこちら

②1:1トークにて過去に対応した履歴を遡り、その際にリッチメニュー変更がされていたか確認
 リッチメニュー変更は主にタグ付与によって行うため、タグを見ると確認できます。
 ※タグ付与されていない場合は、タグ付与もしくはリッチメニュー変更にてご対応ください
 ⇒リッチメニュー変更方法はこちら

➂過去に複数回「解約・休止・スキップ」などの申請がきていた際に、タグを付け忘れがないかどうか。
 ※「②」でタグ付与していても、2回目以降の申請の際に「タグ解除→保存→タグ追加→保存」ができていないことがございます


全ての事象をチェックいただいても解決できなかった際はサポートまでご連絡くださいませ。

1:1トークでのリッチメニュー確認方法

①1:1トーク

②表示中リッチメニュー
※現在ユーザーに表示されているリッチメニューが表示されます
機能改善#019┃カルーセルの選択ボタンが1→3個出せるようになりました!

LINE公式アカウントの仕様最大数である3つまでボタンが設定できるようになりました!

これによりより幅広い、訴求やオファーを作成することが可能なりました。

選択リッチメニューの並び順

選択リッチメニューの並び順は、昇順になっております。
(1:1トーク画面、ポストバック選択時)


※昇順の優先度「数字>英語>ひらがな>カタカナ>漢字」という形で表示され、漢字の場合は不規則な表示順になります。

並び順をどうしても変更したいという際は、オペレーションカバー案として頭に「1,2,3,4」のように数字を付けることを推奨しています。

注意点としては、メニューバーはお客様に見えてしまう部分ですので整合性が取れない際は数字を付けないようにした方が良いです。

リッチメニューとは

LINE公式アカウントの機能の一つである「リッチメニュー」は、
トーク画面の下部(キーボードエリア)に表示されるタイル状のメニューです。

分割された画像ごとに表示内容を設定することで、
Webページへの遷移やアンケートの起動、自動応答(ボット)の発言など様々な設定が可能です。


お客様チェックシート┃リッチメニューの変更内容が反映されない

リッチメニューの変更内容が反映されない。という事象の際に下記をご確認ください。

①LINEアカウントのwebhookがオンになっているか。
 ⇒webhookの設定状況確認方法はこちら

②BOTは正しいBOTが選択されているか。
※「ECAI設定用」BOTはが選択されていた場合はアカウント設定が空の状態のため、設定が出来ないBOTとなっております。

③リッチメニューの内容変更ができているか。

④デフォルト表示ではないリッチメニューの場合、タグ追従設定によってリッチメニュー更新ができているか。
 ┗デフォルト表示ではないリッチメニューの内容変更をしても即時反映されないため、「タグ追従設定」によってリッチメニューの更新をする必要がございます
 ⇒リッチメニューの更新方法はこちら

全ての事象をチェックいただいても解決できなかった際はサポートまでご連絡くださいませ。

機能改善#023┃リッチメニュー切り替え時に「デフォルト表示」が表示されないようになりました!

リッチメニュー>アクション「ポストバック」>タップした会員のリッチメニューを切り替える にてリッチメニュー切り替えを行った際に一瞬出るデフォルト表示のリッチメニューが表示されなくなりました!!

これによりお客様に見やすい切り替え表示ができるようになりました。
視認性アップでお客様満足度アップにつながります!


▼機能改善後

リッチメニューから、作成したその他のメッセージタイプを表示させる方法

応答メッセージの新規作成

①その他

②表示させたい作成済みの「その他のメッセージ」を選択

③保存する

リッチメニューの新規作成
④アクション

⑤ポストバック

⑥「☑応答メッセージを送信する」のチェックを入れる

⑦表示させたいメッセージを選択

⑧保存する

機能改善#016┃リッチメニューに社内用管理名を付けれるようになりました!

メニューバーテキストの名前が同じでも管理がしやすくなりました!


デフォルトのリッチメニューに切り替えをしない方法

デフォルトのリッチメニューを更新するが、
現在のデフォルトのリッチメニューを変更したくない会員がいる場合、以下の方法で設定が可能です。


①現在のデフォルトのリッチメニューにタグ追従設定をする。(今後も固定で表示をしたい)

タグの追従設定はこちら

②対象の会員に上記で設定したタグを付与する
一括タグ変更の方法はこちら

上記の設定を先に行うと、デフォルトのリッチメニューが切り替わっても影響がなく、固定のリッチメニューが表示されます。

リッチメッセージやリッチメニューの画像編集について

「リッチメッセージ」「リッチメニュー」で使用する画像は、アクションと連動しておりません。
画像の文言の変更を行いたい場合は、画像自体を新たに作成し変更していただく必要がございます。

▼リッチメッセージ
⇒リッチメッセージの作成方法はこちら

▼リッチメニュー
⇒リッチメニューの作成方法はこちら

ステップメッセージでリッチメニューを変更する方法

以下の設定を行うことで、ステップメッセージにてリッチメニューの変更をすることが可能です。

ステップメッセージの仕様についてはこちら

「タグトリガーステップメッセージの作成方法」はこちら
「友だち登録トリガーステップメッセージ」の作成方法はこちら



①高度な設定「配信後、会員のリッチメニューを変更」にチェックを入れ、リッチメニューを選択する

②テキストや画像などを入力。

③保存

機能改善#025┃リッチメニュー設定の表示がより見やすくなりました!

リッチメニューは2500×1686のサイズと2500×843の2つのサイズを設定できます。

今まで、2500×843のバナーをセットした際にデザインが

間延びしてしまっていましたがきれいに表示されるようになりました!

リッチメニューにて各リンクへのクリック率を測る方法

短縮URL機能を使用することで、リッチメニューに設置している各リンクへのクリック数を測ることが可能です。

計測したクリック数を使用することで、リッチメニューのクリック率を算出することができます。


▼手順
①リッチメニューに設置するURLを短縮URLに変換する
 短縮URLの作成方法はこちら


②分析

➂短縮URL計測


④期間指定

⑤クリック数を確認
 ┗リッチメニューに設置している各短縮URLのクリック数を合計することで分母を出すことができます。(リッチメニューのアクションが全て短縮URLだった場合)

各クリック数 ÷ クリック数合計 = 各クリック率 

新機能#036┃リッチメニューの表示、非表示を設定できるようになりました!

リッチメニューの表示、非表示を設定できるようになりました!

これにより、リッチメニューを閉じて表示することができ「長文・画像・リッチメッセージ」などトーク画面の表示面積を取るメッセージを送った際に、ユーザーにしっかり見てもらえるようにすることができます。
※リッチメニューを中心に見てもらいたいとき、メッセージを中心に見てもらいたいときなど状況に合わせて切り替えが可能です

▼設定箇所(リッチメニュー内)


▼LINE開封時「表示しない」のスマホ表示


▼LINE開封時「表示する」のスマホ表示

あいさつメッセージ・リッチメニューはLINE公式アカウントの管理画面とECAIどちらの設定を優先した方がいいか?

あいさつメッセージ・リッチメニューの設定をLINE公式アカウント側とECAI側どちらを優先した方がいいかは、それぞれのメリット・デメリット、向いている運営を確認しどちらで設定をするかご判断ください。

■LINEオフィシャルアカウントであいさつメッセージを設定

▼メリット
・新規ユーザーのみ、友だち追加直後にメッセージ配信ができます。

▼デメリット
・LINE Official Account Managerでの設定になるので、ECAI側でメッセージ変更ができない。

▼このような運営に向いてます。
・LINE Official Account Managerでの運用もしくは別ツールからECAIに引っ越しした際、既に友だち登録しているユーザーにはあいさつメッセージを表示させたくない。


■ECAIであいさつメッセージを設定

▼メリット
・ECAIで設定できるので管理をECAIに統一できる。
・既に友だち登録されているユーザー含め全てのユーザーに対し、ECAIに反映した際にメッセージ配信ができます。

--ECAI反映のタイミング--
新規ユーザー:友だち登録直後
既存ユーザー:ECAI引っ越し後にアクション(発言)を行った後
       ┗アクション(発言)についてはこちら>

▼デメリット
・LINE Official Account Managerでの運用もしくは別ツールからECAIに引っ越しした際、既に友だち登録しているユーザーにもあいさつメッセージが送られてしまう。

▼このような運営に向いてます。
・LINE公式アカウントを初めて利用する場合。
・LINE Official Account Managerでの運用もしくは別ツールからECAIに引っ越しした際に、既存ユーザーにもECAIに反映されたタイミングであいさつメッセージを流したい。


■LINEオフィシャルアカウントでリッチメニューを設定

▼メリット
・LINE Official Account Managerで運用していた場合は、同じ設定のまま使用できる。

▼デメリット
・LINE Official Account Managerでの設定になるので、ECAI側でリッチメニュー変更ができない。
・ECAIのタグによってリッチメニューを出し分ける機能が使用できない。
 ┗タグ追従設定についてはこちら>

▼このような運営に向いてます。
・LINE Official Account ManagerからECAIに引っ越しした際に、今まで使用していたリッチメニューをそのまま使用する。
・全てのユーザーに対し共通のリッチメニューを使用する。


■ECAIでリッチメニューを設定

▼メリット
・ECAIで設定できるので管理をECAIに統一できる。
・ECAIのタグによってリッチメニューを出し分ける機能が使用できる。
 ┗タグ追従設定についてはこちら>

▼デメリット
・LINE Official Account ManagerからECAIに引っ越しした際に、今まで使用していたリッチメニューを再度ECAI側に設定する必要がある。

▼このような運営に向いてます。
・どこから友だち登録したかによって表示するリッチメニューを出し分ける。
・ステップメッセージ送信や、タグ付与時にリッチメニューを変えたい。
タグを付けることができるアクション一覧

▼タグを付けることができるアクション一覧

・会員リスト(※1)
・タグの自動設定(※2)
・一斉配信メッセージ(※3)
・応答メッセージ(※3)
・ステップメッセージ(※3)
・リマインドメッセージ(※3)
・ポストバック(※4)
 ┗カルーセル
 ┗画像カルーセル
 ┗ボタン
 ┗選択ボタン
 ┗クイックリプライ
 ┗リッチメニュー
・1:1トーク(※5)
・広告リスト(※6)
・LIFF(オリジナルフォーム)(※7)


各アクションのタグ操作箇所は下記画像をご確認ください。

▼会員リスト(※1)


▼タグの自動設定(※2)


▼一斉配信メッセージ・応答メッセージ・ステップメッセージ・リマインドメッセージ(※3)


▼ポストバック(カルーセル・画像カルーセル・ボタン・選択ボタン・クイックリプライ・リッチメニュー)(※4)


▼1:1トーク(※5)


▼広告リスト(※6)


▼LIFF(オリジナルフォーム)(※7)
オリジナルフォームで、送信ボタンを押したらタグを付与する方法はこちら>

複数のタグに同じメッセージの送信や同じリッチメニューを表示させる

「タグトリガーステップメッセージ」「タグ追従設定」などで下記の設定が可能です。

プルダウンでタグを1つ選択した後に、追加で他のタグを選択し複数のタグを1度に設定することが可能です。

①タグを選択

②別のタグを選択

フォーム情報取得時にリッチメニューを変更する方法
フォーム情報取得時に付与されるタグを設定します。
そのタグをトリガーとして、リッチメニューを変更します。
既に作成、設定済みの場合は、そちらのタグに対して設定を行うことができます。


(1)タグの作成
タグの作成方法はこちら>

↓

(2)対象フォームにタグを設置
タグの設置方法はこちら>

↓

(3)タグ追従設定により、変更するリッチメニューを設定します。
タグ追従の設定方法はこちら>


リッチメニューのデフォルト表示「表示する」「表示しない」について
リッチメニューのデフォルト表示を「表示する」にすることで、友だち登録後に最初からリッチメニューを表示することができます。
「デフォルト表示」にできるリッチメニューは1枚のみとなりますため、その他のリッチメニューはデフォルト表示を「表示しない」に設定ください。
※タグ追従によって表示する場合のリッチメニューは「表示しない」で作成します

これからECAIに引っ越しを検討している方で、「LINEオフィシャルアカウントマネージャー」や「その他ツール」でリッチメニューをセットしている場合、Webhook切り替え前でもリッチメニューのデフォルト表示を「表示する」にすることで既存表示のリッチメニューが切り替わってしまいます。
引っ越しの方はWebhook切り替え後にリッチメニューのデフォルト表示を「表示する」にご変更ください。
BOTを切り替えた後にリッチメニューを引き継ぐ方法

ECAIに連携しているBOTを「A⇒B」のように別BOTに切り替えた後に、下記手順を行うことでリッチメニューを引き継ぐことが可能です。

BOT切り替え後も同じリッチメニューを使用する場合、別BOTに切り替えた後に下記手順を行わないと使用できません。

▼手順

①コンテンツ

②リッチメニュー
➂編集
④保存する
※これを該当BOTの全リッチメニュー行う
リッチメニューを設定しても自由入力をしてもらいやすくする方法

リッチメニューをセットすると自由入力する際に左下のキーボードマークをタップしてもらわないと入力フィールド出てこない。。。という事で困ったことありませんか?



この問題は簡単に解決できます。

リッチメニュー内に「質問」「相談」などのボタンを大きく設置して

リッチメニューの設定>アクション>リンク先に移動>で指定のURLを挿入です。



▼指定URL

https://line.me/R/oaMessage/@●●●●●/?

※@マーク部分にあなたのLINEアカウントURLを挿入です。

自分のアカウントが分からない際はLINEオフィシャルアカウントマネージャーにログインすると左上にあります。
↓↓↓





設置イメージ
↓↓↓

▼挙動イメージ
左下「オペレーターに質問」をタップしています。

新機能#41┃リッチメニューを希望の時間だけ表示して違うリッチメニューに変更できるようになりました!

▼この機能のおすすめの使い方

・短縮URLの期限設定
・リッチメニューの期間表示

 を利用して指定のリンクや任意のボタンを 押した人に一定期間だけキャンペーンを出せるようになりました!

 ぜひ期間限定のキャンペーンにてご使用ください!


▼設定箇所
コンテンツ>タグ追従設定

タグ追従設定の設定方法はこちら>

※日時設定の1日は「24時間」計算になります。仮に30時間後にリッチメニューを変更したい場合は「1日後の06:00後」と設定します。



▼補足
・タグ付与後に該当タグを外したとしても、「タグ追従設定」の一定時間経過後に別のリッチメニューに変更されます。

新機能#033┃タグ追従リッチメニューに絞り込み機能が付きました!

付与されたタグを起点にリッチメニューを自動で変更する「タグ追従リッチメニュー」に絞り込み機能が付きました!



これによりタグ起点でリッチメニューを変更したいのだが、特定のこの人だけは変えちゃダメだ!という設定ができるようになります。

↓↓↓

使用例)

リッチメニューを変えたくないオファーをしているユーザーがいた際に、除外設定でその方のリッチメニューのみ変更しないという設定が可能になります!

特定のタグが付いているユーザーを会員リストで絞り込みしてリッチメニュー変更する方法

①タグ追従設定(リッチメニュー)の設定
 タグ追従設定の設定方法はこちら>

②特定のタグが何かを確認する
 例:本人確認フォーム入力後に付与されるタグ、解約休止申請フォーム送信時に付与されるタグ

➂会員リストから「②」のタグで絞り込みをし一括タグ変更によりリッチメニュー変更する。
 一括タグ変更方法はこちら>