ecforceと連携するとできる事

▼連携トリガー
電話番号の一点一致


▼API連携とは
電話番号の一点一致でeforce内の情報とECAI内のLINE情報が紐づくことです。

※受注データが1つもない顧客データの場合は連携されません。




▼ECAI側で取得できるもの
┗定期商品コード
┗商品コード
┗購入日時
┗購入回数
┗購入金額
┗継続ステータス (指定しない、定期継続中、解約済み、休止)
┗カート顧客ID


▼連携するとできること

取得情報にて絞り込みができます。絞り込み情報に対して一斉タグ付与が可能ですので
 対象者だけに一斉配信、ステップ配信、リッチメニューの変更が可能になります。



※1:1:1トーク画面で購入情報を見ながら1:1対応が可能です。
※2:矢印の場所をクリックするとecforce側の個人の方のページにジャンプします。


ecforceとのAPI連携方法

① ecforce様にECAI(イーシーアイ)とAPI連携したい旨をご連絡いただき、API連携のお申し込みをしてください。

② 申し込み後にecforce様から「API用ドメイン」が渡されます。

③ ECAIにログインいただき、コンテンツ>外部連携>ecforc「連携する」をクリック


④ 外部連携より「カートドメイン」を入れてください
   http://★★★★★★/admin/
  ※★の部分を挿入


④-1 メールアドレス、ログインパスワードを入力してください。
   ※ecforceにログイン可能なメールアドレス、ログインパスワード



④-2  ②でecforcから付与された、API用ドメインを入力し「保存する」をクリック
 「api.●●●●.jp」のような羅列になります 

⑤ 連携完了です。


★重要★
・1ecfoceで1LINE公式アカウントとの連携になりますので、
API連携するアカウントは施策を考えて慎重にお選びください。
(途中でAPI連携をするLINE公式アカウントを変更することは可能です。)


・推奨は、公式アカウントとの連携になります。
(購入商品、購入回数などでクロスセル、アップセルの出し分けが可能になりよりCVRが上がることが予想されるためです。)


楽楽リピートと連携するとできる事

▼連携トリガー
電話番号の一点一致

▼API連携とは
電話番号の一点一致で楽々リピート内の情報とECAI内のLINE情報が紐づくことです。

▼ECAI側で取得できるもの
┗定期商品コード
┗商品コード
┗購入日時
┗購入回数
┗購入金額
┗継続ステータス (指定しない、定期継続中、解約済み、休止)
┗カート顧客ID



▼連携するとできること

取得情報にて絞り込みができます。絞り込み情報に対して一斉タグ付与が可能ですので
 対象者だけに一斉配信、ステップ配信、リッチメニューの変更が可能になります。




※1: 1:1トーク画面で購入情報を見ながら1:1対応が可能です。
※2: 矢印の場所をクリックするとecforce側の個人の方のページにジャンプします。

リピスト(プレックス)と連携するとできる事

▼連携トリガー
電話番号の一点一致


▼API連携とは
電話番号の一点一致でリピスト(プレックス)内の情報とECAI内のLINE情報が紐づくことです。


▼ECAI側で取得できるもの
┗定期商品コード
┗商品コード
┗購入日時
┗購入回数
┗購入金額
┗継続ステータス (指定しない、定期継続中、解約済み、休止)
┗カート顧客ID


▼連携するとできること (大きな機能として2つあります。)

購入情報をもとにLINEにてセグメント配信、ステップ配信などが可能になります。
お客様に沿ったLINEメッセージを配信することが可能になります、CVRアップ、LTVアップに貢献します。




1:1トーク画面で購入情報を見ながら1:1対応が可能です。
矢印の場所をクリックするとリピスト(プレックス)側の個人の方のページにジャンプします。


お客様情報を理解しながら接客ができるのでお客様満足度アップに貢献します!

機能改善#011┃各カート(ecforce、リピスト、プレックス、サブスクストア)のAPI連携詳細が確認できるようになりました!

ecforce、リピスト、プレックス、サブスクストアのAPI連携状況が確認できるようになりました。

コンテンツ > 外部連携

連携エラーとなっている際は、URLなど間違いがないか確認し間違いがないようであればサポートまでご連絡くださいませ。

全カートAPI連携の共通仕様
■カート連携で可能な事
・1BOT=1カート
 BOT_A ⇒ ECForce カートA
 BOT_B ⇒ ECForce カートB
 BOT_C ⇒ リピスト カートC
※基本的に上記運用方法のご案内を推奨致します。

※可能な事補足
・1BOT=複数別カート
 BOT_A ⇒ リピスト カートA
 BOT_A ⇒ ECForce カートB
 BOT_A ⇒ サブスク カートC
※カート連携済みの状態で、1会員が複数のカートで同じ電話番号で登録されていれば、購入履歴の紐づきが可能です。

▼1:1トークでの「1BOT=複数別カート」表示


■カート連携で出来ない事
・同一カートシステム内の複数カートを一つのBOTに紐付ける事
 BOT_A ⇒ ECForce カートA
 BOT_A ⇒ ECForce カートB


■カート連携での運用禁止事項
・同一カートを複数BOTに紐付ける事
 BOT_A ⇒ ECForce カートA
 BOT_B ⇒ ECForce カートA
※上記のような設定をしてしまった場合、EcForceのAPI仕様上同時に1接続しか出来ない為、
 バッティングする事によりBOT_A,BOT_Bどちらか、または両方が正しく連携出来ない状態が発生致します。
カートAPI連携時にメッセージを送信する

①オートタグの設定
 「購入回数0回より多い」にて指定したタグの「自動追加」を作成する。

②ステップメッセージの設定
 上記指定タグをタグ追加のトリガーとしてステップメッセージを作成して完了

※オートタグの実行は30分毎となりますので、タイムラグについてはご留意下さいませ。
※タグの2重付与はされません。(LIFF(オリジナルフォーム)からの付与の際のみ2重付与が適用されます)