「タグトリガーステップメッセージ」の作成方法




①メッセージ

②ステップメッセージ
➂追加

④タグ追加をトリガーとする
⑤管理名を入れる

⑥ステータスを「オン」
※すぐに使用しない場合は「オフ」にし、使用するタイミングで「オン」に変更してください

⑦トリガー(発動条件)となるタグを選択する
※複数選択した際はOR検索となり、複数の内いずれかのタグが付いた際に発動します
⑩タグが付与されてからメッセージが送信される時間を設定

⑪テキスト、画像、動画、音声、その他(カルーセル、画像カルーセル、ボタン、選択ボタン、リッチメッセージ、クイックリプライ)の選択変更箇所です。

⑫絵文字、定型文の差し込みが可能です。

⑬同時刻に、「画像+メッセージ」を送りたい、「メッセージが長くなったので分けたい」など同時刻に一緒にメッセージを送りたい際はメッセージ追加を押してメッセージフィールドを追加してください。
※同時配信は最大5つまで可能です。

⑭ステップメッセージを追加したい際はシナリオ追加をおしてシナリオを追加してください。
※最大30シナリオまで追加可能です。

⑮「保存」をクリックして完成。


▼注意点

ステップメッセージを作成した後にトリガーとなっているタグが付与されており、設定した配信時間の条件に満たしている場合ステップ配信がされる仕様となります。(下記ケースでも配信がされます)
※ステップメッセージ作成前にトリガータグが付与されているユーザーには配信されません

【1】12/24 0:00 「タグトリガーステップメッセージ」を配信時間1分後で作成しステータスを「オフ」の状態にする

【2】12/24 0:01 「【1】」のトリガータグをユーザーに付与

【3】12/24 0:02 「【1】」のステップメッセージのステータスを「オン」にすると、「【2】」のユーザーにメッセージ配信がされる


▼注意点

LINE公式アカウントのステップ配信側で、意図しない配信がされるようであれば「停止」でご対応ください。
 https://gyazo.com/850a858e06918c8c9a1a4398875ba248

オリジナルフォームで、選択式で選択ごとに付与するタグを分ける方法
選択ごとに付与するタグを分けるには、対象のオリジナルフォームのHTMLファイル内にjavascriptでタグをセットする必要があります。


 HTMLファイルのダウンロード方法につきましては下記をご参照ください。
 既存のオリジナルフォーム(LIFF)のダウンロード方法


 ダウンロードが終わりましたらファイルを解凍し、index.htmlをご使用のテキストエディターで開きます。
ファイル内で確認するところが3箇所あります。


(1)「id="add_tags"」の「value」にセットされているタグコードが送信時付与されます。
※変更がなければ初期値で記載されているタグが付与されます。
↓
(2)選択項目ごとに付与したいタグを「onclick="selectTag('タグコード')"」でそれぞれ記述する
今回の場合は「男性」「女性」というタグを付与しています。
※タグ付与された状態の会員表示
↓
(3) (2)で選択されたタグを(1)の「id="add_tags"」の「value」にセットするためのjavascriptをファイル下部の<script></script>内に記述する。
記述後ファイルの上書きを忘れずにしてください。
 ※今回のようにタグを動的にセットする場合は、Javascriptのコードにおいてロジック作成の上セットしてください。設置方法はサポート対象外となります。 

↓
(4)記述が終わりましたら、「オリジナルフォーム(LIFF)のアップロード方法」の手順に沿ってファイルをアップロードする。


付与したタグの動作確認方法は下記をご参照ください。
付与したタグの動作確認方法

下記フォームサンプルページのソースコードと併せて参照いただくとわかりやすいです。
フォームサンプルページ
https://help.ecai.jp/form/demo01/

※ソースコード確認方法
windows:Ctrl + U
mac  :option + command + U
【フォーム】付与したタグの動作確認方法
(1)コンテンツ > LIFF
↓
(2)対象フォームの「LIFF呼び出しURL」をコピーする
↓
(3)1:1トークより友達登録している自分のアカウントを選択
テキストメッセージに「LIFF呼び出しURL」をペーストして送信
↓
(4) ここからは実機での動作確認となります。
友達登録しているスマホより送られたメッセージ確認
 「LIFF呼び出しURL」を開く
↓
(5)表示されたオリジナルフォームに内容を入力しエントリー(送信)する
↓
(6)管理画面に戻り、会員 > 会員リスト を表示
↓
(7)対象会員 > 詳細
↓
(8)想定通りのタグが付与されているか確認


タグの編集方法につきましては下記を参照ください。
タグの編集方法
フォーム離脱時に、サンクスバナーを表示してタグを付与する方法
画面操作途中におけるタグ付与設定が必要になります。
オリジナルフォームのHTMLファイル編集が必要となりますので、対象ファイルをダウンロードします。

HTMLファイルのダウンロード方法につきましては下記をご参照ください。
> 既存のオリジナルフォーム(LIFF)のダウンロード方法


下記フォームサンプルページのソースコードと併せてご確認いただくとわかりやすいです。
> フォームサンプルページ
DL:フォームサンプルページ

※ソースコード確認方法
windows:Ctrl + U
mac  :option + command + U


ダウンロードが終わりましたらファイルを解凍し、index.htmlをご使用のテキストエディターで開きます。

設定方法としては、
 Javascriptのコードにおいて予め「AddTag」をcallしてタグをセットした上で、「AddTagProc」をcallしてください。
 例:AddTag("drGCNjCUEg0");
 例:AddTagProc();


【設定方法の詳細】

(1)付与されるタグは「id="addtag"」に格納します。
※サンプルフォームに関しては表示バナー部分のHTMLに記述しています。
↓
(2)バナー表示の際に、付与したいタグを記述した「AddTag("タグコード")」をcallする。
(バナー表示例)
↓
(3)サンクスバナー表示の際に「AddTagProc」をcallする。
※サンプルフォームに関しては「1000円割引」を押下するとサンクスバナーが表示されます。
(サンクスバナー表示例)
↓
(4)LIFFを閉じる場合、Javascriptのコードにおいて「liffclose」をcallしてください。
↓
(5)「AddTag()」「AddTagProc()」「liffclose()」関数についてはbody終了タグ上部にまとめて記述しておく
記述後ファイルの上書きを忘れずにしてください。
記述が終わりましたら、「オリジナルフォーム(LIFF)のアップロード方法」の手順に沿ってファイルをアップロードする。

付与したタグの動作確認方法は下記をご参照ください。
> 付与したタグの動作確認方法

タグの編集方法

① 会員

② タグリスト

③ 変更したいタグの【編集】をクリック

④ 編集画面が立ち上がりますので、編集したい部分を編集し、保存をボタンを押して完了です。

タグ作成

①ログイントップ

②左サイドメニュー>会員>タグリスト
「追加」をクリック
タグ名を入力
┗運用しやすいようにカラー変更可能
┗社内管理用の説明を入力可能(お客様には見えるものではありません。)

「保存」するをクリックして完了



タグの付与された日時を確認することはできますか

タグの付与された日時の測定はできません。